ワーホリでネイティブの友達が1人もいない人がいる理由

カナダで人気のスポーツ、カヤック

カナダ人に人気のスポーツ、カヤック

ワーホリをしていた時「日本人や韓国人の友達はできてもネイティブの友達が1人もいない」となげく日本人に何度も出会った。

語学学校は日本人や韓国人のクラスメートばかりだし、職場はジャパレスなどの日本人が多い場所。だからネイティブの友達ができない、と。

私も始めはネイティブの友達が1人もいなかったが、現地であることを学んでから友達が楽に作れるようになった。

ワーホリしてもネイティブの友達ができない人

カナダでワーホリ中、日本人の友達とカナダ人の友達との数人で、バンクーバーの郊外にあるスポーツ施設に遊びに行った帰り道でのこと。

私と日本人の友達(Yuta;仮名)は、スカイトレイン(バンクーバーの電車/地下鉄)の駅の方向が一緒だったので、一緒に帰っていた。

Yutaはバンクーバーに1年以上住んでいるにも関わらず

日本人か韓国人の友達しかいない。1人ぐらいはカナダ人(ネイティブ)の友達が欲しい!

と常々言っていた。

補足
現地の語学学校(ESL)に通うワーホリメーカーや留学生は、わりと皆同じようなことを言っていた。
日本にいるとあまりイメージが持てないかもしれないが、日本人がワーホリで行くような海外の都市の語学学校で勉強しているのはほとんどが日本人か、韓国人である。中にはヨーロッパや南米からの留学生もいるが、大体は外見や文化(考え方や価値観)の似ている日本人と韓国人同士が仲良くなりやすい。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

だから私が「じゃあ今度こういうイベントがあって、カナダ人もたくさん来るからYutaも来たら? 皆いい人たちだよ〜」とそこへ誘っていたのだった。

なので帰り道、その日の感想を聞いていたら

Cana
どうだった?今日、楽しかった?

まあ・・。久しぶりに体動かしたから良い気分転換になったかな

Cana
誰か仲よくなれそうな人いなかった? JimmyとかAaronとかとおしゃべりしてたよね?

う~ん・・まあしゃべったっちゃあしゃべったけど・・

と何だか歯切れが悪い。

Cana
・・けど? 
・・またみんなで遊びに行こうって言ってるのが聞こえたよ?

ああ、言ってたけど、どうしようかなあ。
あいつらめっちゃ喋るからぶっちゃけ引いたんだよね!
カナダ人て自己中じゃね? こっちは聞いてもないのにベラベラ自分のことばっか話しすぎだろっていう。

Cana
・・・・・・

Yutaがいつも一緒にいるのは

圧倒的に日本人、ときどき韓国人
だと言う。

私にはそのとき彼が「カナダに住んで1年以上経つのにカナダ人の友達が1人もいない理由」がよくわかる気がした。

日本人と英語ネイティブ、双方がもつ違和感の原因

日本人のYutaからすると、自分のことをペラペラ話し、他人の話もしょっちゅうさえぎるカナダ人は「ただの自己中」に映る。

一方で、カナダ人からすると、相手の話をただ聞いているだけの日本人は「自分で周囲との壁を作っているつまらない人」に映る。

なぜならそこには文化の違いがあるから。

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15
文化(culture/カルチャー)とは
ある特定の集団における人々の考え方や価値観、行動の仕方、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと

①相手の話が優先:日本の文化

バンクーバーで英語をマンツーマンレッスンで習い、そこで日本とカナダの文化の違いについて学ぶまでの私は、ネイティブイングリッシュスピーカーとの会話となるとただひたすら聞き役になっていることがよくあった。

それは、私が相手の英語についていくのに必死で「リスニング」に集中する必要があったということももちろんあるが、相手が何を言っているのかよくわからなくても、とにかく相手の話を最後まで黙って聞くべきだと思っていたということもある。

なぜなら、当時の私は

【日本的な思考】
  • (とくに初対面では)謙虚であることが重要なので、自分の話をするより相手の話を聞く
  • 相手の話はさえぎらずに最後まで聞くこと
  • それが日本の文化では「相手を尊重している」という意味になる
という日本の文化の中だけで物事を考えていたから。

身体はカナダにあっても、頭の中は日本を離れていなかったとも言える。

だからほとんどの場合、私の「英会話」は「Conversation(会話)」というよりは、もはやネイティブの「Monolog(一人語り)」になっていた。

②自分について積極的に話す:英語の文化

Yutaからすると、相手の話を最後までだまって聞き、自分のことをほとんど話さない自分の態度は、「謙虚で礼儀正しい(polite)」と思っていることだろう。

一方で、自分のことをベラベラたくさん話すカナダ人は「失礼(rude)」になっていた。

しかし実は、日本語よりもずっとフレンドリー(friendly)であることが重要な英語の/カナダの文化では、「自分のことをたくさん話すこと=礼儀正しさ」になるのだった。

【カナダ人の思考】
  • (とくに初対面では)相手に自分のことを知ってもらうことで仲良くなりたいから、自分の話をたくさんする
  • 相手の話をさえぎって質問するのは「相手の話に興味がある」というサイン
  • それがカナダの文化では「相手を尊重している」という意味になる
補足
ワーホリから帰国後のことになるが、ニュージーランドで旅行した時も、このような文化の違いを感じる出来事があった。

ニュージーランド人の国民性・性格を旅行中に感じた

2018.08.21

つまりカナダ人からすると、自分のことをたくさん話したのに、それに対するコメントがなかったり、相手が同じように自分の話をしてくれないと、

僕/私はこんなに自分について教えたのに彼/彼女は何も自分について教えてくれない・・
    ↓
そうか!僕/私には興味がない、友達にもなりたくないということか。

という解釈になる。

だからYutaにとっては自分のことをよくしゃべるカナダ人は「失礼な人」だったかもしれないが、
そのカナダ人からすると、自分のことを他人とシェアしないYutaの方がよっぽど「失礼な人」なのだった。

実際、後日JimmyとAaronと会う機会があり、次の週末は前話していた所へ行こうという話題になったので

Cana
そういえばYutaは来れないかもしれないって言っていた・・

と言うと

Yuta? ああ、こないだ来ていた彼か。彼つまんなそうにしてたし、来れないなら来れないで別にいいんじゃない?

という反応しかなかった。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

ワーホリ中にネイティブの友達を作る秘訣

ネイティブと友達になりたいと思っていながら、「相手の話はだまって最後まで聞いているのが正しい」という日本的な思考と習慣(文化)に凝り固まっているがために、ネイティブと友達になる機会を逃している日本人は、結構いるように思った。

たとえネイティブの方も、始めはその日本人と友達になりたいと思っていたとしても、目の前にいる日本人が自分の話をただ黙って聞いてるだけだとその「意味」がわからないので、日本人との距離を感じ、結果、友達になれないという状況を度々目にした。

ワーホリ中に韓国人と日本人の友達しかいなかった理由

2018.11.07

自分もそうだったのでわかるが、ワーホリというとほとんどの人が語学学校に通って英語を勉強することを考えると思う。

しかし語学学校(ESL)で英語を勉強しても、そこでは日本と同じように英語の単語や文法を学ぶばかりで、英語の文化については学ぶことはできない。

私はカナダでワーホリを始めて最初は語学学校(ESL)に3ヶ月通っていたが、そこではカナダの(英語の)文化について学んだことはなかった。

というか、
クラスメートの90%は日本人か韓国人だったから、知らぬ間に英語ではなくて「韓国の文化」を学んでいたくらいだった。

補足
私がカナダのバンクーバーで生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これはなにも私が通っていた学校だけではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
当然の流れとして、学校に通っていた間は日本人や韓国人の友達はできたが、カナダ人の友達は1人もできなかった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が思ったほど話せないと悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

語学学校に3ヶ月通って朝から夕方まで英語を勉強したものの、英語が上達したという気がせず悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そこで英語の文化から習うようになったら、同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたり、ネイティブの友達が自然にできたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

カナダ人の友達を作る方法。「フレンドリー」が大切!

2018.11.27

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

「バンクーバーに1年以上住んでいるにも関わらずカナダ人(ネイティブ)の友達が1人もいない」という友達の例からもわかる通り、日本と自分がワーホリで住んでいる国の「文化の違い」を理解しようという意識と態度がない限り、たとえ海外に長く住んでもネイティブの友達が全然いないという状況は十分に起こり得る、と思った。

先生
日本とカナダ、どちらの文化が良いとか悪いとか、優れているとか劣っているとかいう話ではなくて、その文化の違いを学び、理解することが重要なのです。

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15
 

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリで英語力を伸ばすには?まず目標レベルを決めよう!

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng