ワーホリ女子が海外で危険な目にあわないよう知ってほしいこと

カナダのバンクーバーからウイスラーにドライブ中にクマを見た

カナダのバンクーバーからウイスラーにドライブ中にはクマを見た

ワーホリ女子が海外で遭遇するかもしれない危険はガイドブックやSNSのキラキラした写真からは絶対にわからない。

カナダは比較的治安が良い国ではあるが、実際にワーホリをして、特に女性が注意すべき日本との考え方や価値観の違い(文化の違い)に気づいた。

ワーホリ女子に海外に行く前に知ってほしいこと

日本で生活していると「それが当たり前」すぎて普段は意識しないが、海外に行くたび私は「日本はなんて安全な国なんだ・・」と実感する。

例えば日本のカフェや図書館では、貴重品を入れたバッグを席に置いたまま席を離れる人を普通に見かけるが、大概の国ではまずこんなことはできない。

この間ランチをした都内のレストランでは、支払いの後クレジットカードを受け取るのをなぜか忘れ、夜に気づいて慌てて店に電話したところ、翌日何事もなく無事に戻ってきた。

また日本に住むアメリカ人の友達は、

電車に乗った時に財布を落としたんだけど、駅に戻ったら取っていてくれた!
Thank God, this is Japan…!(よかった、これぞ日本だ・・!)

感激していた。

・・こういった面では、日本はとても恵まれた国だと私は思っている。

もちろんカナダも、世界的に見て安全な国の一つであることは間違いない。

一般的に言って、人々はフレンドリーだし、のんびりゆったりしている人が多い。

カナダ人の国民性・特徴は?〜ドタキャンの多さに驚いた

2018.10.19
注意
とはいえ日本でも治安が悪い地域があるように、カナダのバンクーバーでも麻薬常習者がたむろしているような治安が悪い地域がある。

バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018.08.25

ただ、私がとくにワーホリする日本人女性に気をつけてほしいのは、現地の男性から受けるセクハラの危険性である。

というのもまず自分自身が実際に、カナダでワーホリ中にセクハラを受けた。

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

そしてこれは何も私だけの話ではなく、カナダに滞在中、日本人女性が現地の男性からセクハラを受けたという話をしょっちゅう聞いた。

にも関わらず、私がカナダでワーホリに行く前に、海外でそういう危険があると教えてくれる人は誰もいなかった。

だから私のように海外で嫌な思いをする人を一人でも減らすため、事前に知っておいてほしいことをシェアしたいと思う。

日本人の友達がカナダで受けたセクハラの例

カナダのバンクーバーでワーホリ中に、日本人の女友達(名前をMとする。ワーホリメーカー)から聞いた話。

ある日Mは日本人の男女複数(全員が留学生やワーホリメーカー)と、カナダ人の男友だち(Lとする)と、フランス人の女友だちの、合計10人くらいでLの家に遊びに行った。

最初はみんなでワイワイおしゃべりして楽しく過ごしていたのだが、問題は、日本人男性の一人が「最近親しくなった」という別のカナダ人男性(Aとする)を呼んでからだった。

お酒が入るにつれ、Aが20歳そこそこの日本人の女の子達の身体をやたら触ろうとし始めた。

顔や肩や腰に手を伸ばしてくるので、女の子達は一応「Don’t touch(さらないで)!」とか「pervert(変態)!!」などとは言っていたそうだが、Mによると

でもその顔は笑っていた

とのこと。

補足
私は彼女達は、私もそうだったように、自分がセクハラを受けているという認識がなかったのではないかと思う。
また本気で怒るとAが逆上したり、その場の雰囲気が悪くなってしまうことを恐れてあまり強く言えなかったのではないか?と推測する。

留学する日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

Aは彼女たちの言葉を聞いても気にもとめない様子で、行動はエスカレートしていく一方だったという。

その家に住んでいて、私も友達の、別のカナダ人男性Lもそんな彼らの様子を見ていたものの、

彼女達が笑顔なので、本当に嫌がっているのか実はふざけているだけなのか判断がつかないので何もしなかった。
いやがっているのがはっきりわかれば助けたのだけど・・

と言っていた。(後から聞いた。)

そうこうするうち、Aの攻撃は一人の女の子に集中し始め、Aがその子の携帯に

I want to kiss you.

というメッセージを送ってき、それをその子がみんなに見せたときに、初めて一同、事態の深刻さに気がついたということだった。

実際にセクハラに遭遇した時、どうしたら良いかわからない

フランス人の女の子とMは、なるべくAから離れたところにいたため、被害は何もなかったそう。

Mは他の子たちと比べても年上だし英語も上手なので

Cana
それでどうしたの?Aに何か言ったり、止めたりしたの?
と聞くと

何もしなかった。何て言ったらいいのかわからなかった。

ということだった。

結局、その場にいて楽しい思いをしたのはAだけで、A以外は全員、居心地の悪い思いをした夜だったようだ。

「日本的な対応」は事態を悪くする

海外にいる日本人女性で、こういう経験をしたことのある人は少なくないと思う。

  • 「あれ?なんかやたらスキンシップが多いな?」と思っても「でもこれもここでは普通なのかな?」と思ったり
  • そもそも自分が不快であるということを相手にどうやって伝えればよいのかわからないから何も言わず我慢したり
  • 「止めてほしい」と口では言いつつも笑顔を作っている(そのため相手も、本気で嫌がっているとは思わなかったという言い訳ができる)

日本人女性が海外でセクハラを受けた時にこういった対応をしてしまいがちなのは、日本では女性が男性相手に強く出られないことが現実に多々あり、それが問題だという意識も低いからだと思う。

たとえば女性に対する痴漢や暴行があっても、「挑発するような格好をしていた女の方が悪い」とか「自意識過剰なんじゃないのか」とか、コメンテーターとかの肩書のついた男性が被害者を責める発言をテレビでしているのを、2018年の今でさえ耳にすることがある。

日本では電車で痴漢があってもありふれ過ぎていてニュースにならないが、カナダでもしあったら、ニュースになる。

カナダで生活して、私は

カナダでは女性の権利は日本よりもずっと尊重されているなあ

と感じた。

補足
世界経済フォーラム(WEF)が、世界各国の男女平等の度合いを調査した「ジェンダー・ギャップ指数」(2017年版)でも、日本は114位。カナダは16位である。

・日本経済新聞(2017/11/2)
日本114位、過去最低 世界の男女平等ランキング

・World Economic Forum
The Global Gender Gap Report 2017
(全ランクはPDFでダウンロードできる)

現にカナダで生まれ育った女性は、日本で生まれ育った女性に比べて、自己主張や意思表示をためらわない。

そのため、そんなカナダで上記のような「日本的な対応」をしていると、現地の男性が勘違いしてしまうことも実際にあるし、日本(女性があまり自己主張しない)とカナダ(女性でも自己主張することが日本より一般的だし奨励もされる)の文化(考え方や価値観)の違いを知っている人がその違いを逆手にとって悪用したりもする。
(つまりAのように、カナダ人女性にはまずしないことを日本人女性には平気でしてくるなど。)

海外で日本人女性はモテる?住んでわかった本当の理由

2018.07.31

「カナダ的な対応」でセクハラを止めるには

カナダでセクハラにあった時、最初それがセクハラであると気づくこともできなかった私だったが、現地のマンツーマンの英語レッスンで英語の文化を学び、こういうときどう言えばいいのかもはっきりと分かるようになった。

不快に思った時点で言うべし!
Excuse me! You are crossing the line!
(ちょっと、あなたが今してることは度を越してますよ!)

最初に不快に思った時点でこれを言えば、大半の相手はそこでその不快な言動をやめるはずである。

注意
もちろんこれを言う隙さえない緊迫した状態、不快どころか命の危険を感じるような場合は、真っ先に逃げること!

自分が生活する国の文化(その土地のルール)を学ぶことは、自分の身を守ることにもなるのだと、カナダでワーホリする中で学んだ。

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15

カナダと日本の文化の違いを知ることが身を守る

2018.07.15

ワーホリで遭遇しがちなトラブルとその対処法

2018.06.30

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng