なぜ英語を勉強してるのに話せないのかが分かるMekara Uroko(目からウロコ)の無料Skypeセッション!カナダ在住の先生からSkypeで個別アドバイスがもらえます!詳細はここをクリック

留学で言語を習得した方法!まずは文化から学ぶこと

カナダ・バンクーバー
カナダ・バンクーバー

留学で言語を習得するということはその国の言語・文化を理解しそれに合った言動ができるようになるということ。(文化とは人々の考え方・行動・人と人との関係性のことなど)

それは言語ごとに別の性格(キャラクター)を持つこととも言える。

culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強!は事前準備がキモ

留学で言語を習得するには?

私がどれだけ英語が話せたとしても、根底にあるのは自分の母国語である日本語の文化の中で、20年以上かけて培われた「日本人としての私」であり、それはこれから先、たとえ何十年か「日本ではない国」で生活したとしても、日本の文化を完全に忘れることはない、というかできないだろうと思う。

だから言語を習得するということは、言語がもつ「文化」に合わせて自分を微調整するというか、その言語に合わせて少しずつ違うキャラクター(性格)を持つこと、とも言える。

カナダ・バンクーバーでワーホリ留学をしていた時、はじめ語学学校(ESL)に通っていたのだが3ヶ月過ぎようというのに英語が上達しているという実感がなく、悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

そこで、カナダの・英語の「文化」を学ぶことができた。

カフェ・イメージ

カナダ留学でバイトするとどんな感じ?サーバーの仕事も

語学学校に通っていた頃は、たしかに学校の「中」であれば
留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。
バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できなかった!は留学あるある

 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。
カナダ・バンクーバーの桟橋

日本人は英語苦手で嫌い?下手と言われる理由をカナダで知った


続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

学校に3ヶ月通った後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ
語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても英語ができない人の特徴

カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

日本語の文化は礼儀正しさ、英語の文化はフレンドリーさが重要

そのマンツーマンレッスンでは、

先生
英語を話す時には、日本語のときとは違う「もう1つのキャラクター」を持つことを意識することです
と学んだ。

始めは「言語によって違うキャラクターを持つ」ということがよくわからなかったのだが、今はわかる。

複数のキャラクターをもつとはどういうことかというと、たとえば日本語を話している時には大人しくて礼儀正しい(少なくともそのつもり)性格でも、(英語の文化ではフレンドリーであることの方が重要なので)英語で話すときには日本語で話す時よりもっとオープンでフレンドリーな自分を感じる、ということ。

4girls-green

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

バンクーバー留学の準備!事前に知りたい文化の違い

バンクーバー留学準備!事前に知りたい文化の違い

実際に私はカナダ人の友達から

Canaはフレンドリーだよね。小さい頃からずっとそうだったの?

と聞かれたことが何度かあり、

Cana
いやいや。私は小さい頃から内気で小学校の通知表の連絡欄に「大人しすぎて心配です」って書かれていた(実話)くらいなんだよ
と言うと、びっくりされた。
・・というか、私はカナダに行くまで人からそんな風に言われたことなかった気がする。
カナダ・バンクーバーのDeep Coveでカヤック

バンクーバー留学体験談!英語の上達と帰国後の変化


また日本から友達がバンクーバーに遊びに来た時には、

Canaは何だか英語で話しているときの方がイキイキしていて、口数が多いし、オープンだね

と言われた。

英語を話す時と日本語を話す時のキャラの違い

カナダにいようが日本人と英語で話すのは気持ち悪い、恥ずかしい

と言う日本人がいる一方で、

相手が日本人でも、自分は英語が話せるようになりたくてカナダに来たのだから英語でしか話したくない

と言う人もおり、私の友達の1人が後者だったので、いつも英語で話していた。

カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

のだが、その友達と知り合ってだいぶ経ってから初めて日本語で話したとき、日本語を話すときと英語を話すときでは

なんか感じ違う!

と思った。

声の調子(英語だと少し低くなる?)も違えば、英語では話したことがないようなこと(出身大学とか)を話した、というのもあるかもしれないが、
その子の違う一面を見た、という気がした。

そしてその友達からも

Canaは何か英語で話すときと感じが違うね。英語の方がとっつきやすいっていうか、英語の方がしゃべるね!

と言われた。(まあ私はもともと多弁な方ではないので、それも時と場合、気分にもよるが。)

留学しながら文化を学ぶということ

日本語を話すときには、日本語の「文化」の中で考えたり行動し、英語を話すときには、英語の「文化」の中で考えたり行動すること。

カナダが中心の世界地図

英語が話せるようになって変わったこと!は視点と価値観の変化

私にとっては英語を話すときには日本語のときより「フレンドリーなキャラ」になるのは、そう難しくはなかった。
カナダが中心の世界地図

英語が話せるようになって変わったこと!は視点と価値観の変化

だけど全てが全て、カナダの・英語の「文化」を理解し、それに合った行動がすぐにできるようになったわけでは決してない。

中でも難しかったことの1つは、カナダで生活していながら、日本の「Men first(男性優位)文化」の中で考えたり行動することを止めることだった

カナダ・バンクーバーのスタンレーパーク

カナダで受けたカルチャーショックの例!日本は◯◯の国だった

ここに何度か書いたことがあるが、バンクーバーでマンツーマンレッスンを受けていた時、年配のカナダ人男性からセクハラを受けたことがある。

カナダ・バンクーバーの公園

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

だけど私は自分ではそれがセクハラだったのだと気づきもせず、レッスンの時に先生に何気なくその話をしたところ指摘をされて初めて気がついた。

そして先生がセクハラにどう対応すべきか、してくれたアドバイスの中で、

先生
Canaさんがその男性と知り合うきっかけになった講演会の主催者に知らせるべきです
と言われた。

私はその主催者は男性だというのを知っていたので、

Cana
え・・主催者に知らせるべきなんですか?
でもその人男の人だから、あんまり真剣には受け取ってくれないかもしれないし、講演会の外で起こったことを連絡されても迷惑かもしれないし、食事に行ったのは私が決めて行ったことなんだから私が悪いって言われそう・・。
それに変な目で見られたり、変なうわさ立てられても困りますし・・(←これが本音)
と言った。

私は当時それが男性の、セクハラの訴えに対する一般的な反応だと思っていたから。

カナダではあちこちで野生のリスを見る

カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

すると先生は

先生
NO!
それは、日本でセクハラを受けた時のことを考えているのではないですか?
Canaさん、ここはカナダです。
その主催者が男性だとかは全く関係ありません。この事態はその主催者に報告すべきことです。
Canaさんが思うようなことには絶対ならないので安心してください。
と言うのである。

私は、それを聞いてハッとした。

私はカナダでは日本よりずっと女性の権利が重視されることを知っていたとは言え、いざ問題が起こってみると、日本の「文化」の中での人々の考え方と対応の仕方しか思いつかなかった。

先生に言われて、私はその主催者にメールを書くことにしたのだが、そのメールの文面も先生から随分アドバイスをもらった。

家に帰って自分でも文章を練り直し、その日のうちに主催者にメールを送ることができた。

すると次の日の朝には返事が来ていて、

Canaへ。
知らせてくれてありがとう。
それは重大な問題だし、そんなことがあったなんて本当に残念に思います。
少し対応を考えさせてください。
今仕事に行く前なのだけれど、メールを見て取り急ぎ返信しました。
とにかく連絡してくれてありがとう。
またメールします。

と書いてあった。

・・先生が言っていた通り、主催者は男性だけれども、私の味方なんだ・・。

とすごくほっとしたのを覚えている。

その日もレッスンがあったので、そのことをすぐ先生に報告すると、

先生
よかったですね、思ったとおりの返事です
とのことで、セクハラを受けた件は今でも思い返すとムカムカするが、期せずして日本とカナダの文化の違いを身をもって経験する機会になった。
カナダで旅行中、野生の鹿に遭遇

ワーホリ・留学する女性へ危険を避けるため知ってほしいこと

またそれによって自分が長年慣れ親しんできた(それ故、Men firstだと気づくことすらなかった)自分の「女性の権利」に対する考え方がガラッと変わった。
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため

  • 英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

  • ワーキングホリデーや留学の「サポート」

が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での「現地レッスン」、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

フィリピン・セブ島の夕日

セブ島留学は1ヶ月で効果が出せる!3ヶ月は長すぎる理由


また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子
いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ
バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

まとめ

英語の「文化」を経験すれば経験するほど、自分の行動の仕方や考え方が変わる。

行動の仕方や考え方が変わるから、キャラクターも変わる。

いくら教科書を読んでも、参考書を読んでも、英語の文化を学ぶことはできない。

例えば「着物」で写真を撮るときには、両手を前で重ね、両足の先を少し内向きにするけれど、
「ドレス」で写真を撮るときには、片手を腰にあて、片足を少し曲げて肩から腰の部分にかけての曲線を出すように。

服装によってポーズが変わるように、言語によってキャラクターも違ってくる。

それが今の私にとっては「自然」である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です