なぜ英語を勉強しても話せないのか?が分かるMekara Uroko(目からウロコ)の無料Skypeセッション!カナダ在住の先生からSkypeで個別アドバイスがもらえます!詳細はここをクリック

留学で英語話せないし勉強つらい!そんな時どうする?

カナダ・バンクーバーの朝
カナダ・バンクーバーの朝

留学したものの英語が話せないからつらい。勉強しても上達を感じられず尚つらい。

そんな時「英語を早く伸ばすにはComfort zone(快適空間)を抜け出すこと」というアドバイスを受けた。

留学して最初は英語が出来ないことで焦っていたがそこから変えていくことができた。

留学しても英語が話せない→つらい。

Comfort zone(コンフォート・ゾーン)を抜け出す
とはどういうことかというと、
今の心地よい環境、「慣れた環境」を抜け出して

  • 今までと違う考え方をしてみる
  • 今までと違う行動をしてみる
  • 今までと違う言葉を使ってみる
ということ。

留学中語学学校で勉強しても英語が話せず「つらい」

まだカナダでワーホリ留学をする前、日本にいた頃は、

カナダに行ったら英語は当然話せるようになって、多くのカナダ人の友達を作り、日本ではできないようなこと、カナダの人々がどんな風に暮らし、何を考え生きているのかなどを自分の目で見て感じて、できるだけ吸収したい
と思っていた。

そして

英語圏の国であるカナダで暮らせば英語は話せるようになるはず
という期待と、
でも、もしカナダで生活しても英語が話せなかったらどうしよう・・
という不安もありつつスタートしたカナダでのワーホリ。

バンクーバー空港(YVR)に着いた時、空港で職員から何を言われているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港から出るところだった私は、

とにかくまずは英語を勉強しないとヤバイ・・!
と思い、現地の語学学校(ESL)に通って、3ヶ月間英語を勉強することになった。

とにかく早く英語が話せるようになりたかったので、そこからは毎日朝から夕方まで学校を勉強し、放課後や週末までも図書館やカフェに行ったりして、英語を勉強していた。

だけど3ヶ月が経とうという頃になっても「自分が英語を話せているという実感」が、ない。

たしかに学校の「中」であれば、決まりきったフレーズを使って、自分と同じような英語のミスをする日本人や韓国人クラスメートと会話することはできた。

だけど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブの話は聞き取れない。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

聞き取れないどころか、見下されたような態度を取られたり、
カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

カフェでコーヒーを一杯注文するのすら緊張の連続だった。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

学校に3ヶ月通ったら、その後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

というのも
教科書の英語
と、
現地のネイティブが話す英語
には違いがあるのだが、そういったことも当時はわからなかった。
カナダの冬の山

カナダの語学学校 (ESL)とは?通った感想

カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

最初の「辛い」を抜け出せた理由

「こんなに勉強しても話せないなら一体何をどうすれば良いのか?」と悩んでいたとき、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、体験レッスンを受けた。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

そこで「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を学ぶ、と聞き、半信半疑ではあったが、毎日英語を勉強してきて、これ以上何をどうしたら良いかもわからなかったため、その先生のレッスンを受けるようになった。

そこで、英語の文化(考え方や価値観など)をはじめ、

culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強!は事前準備がキモ


発音」に、

カナダ留学で英語の発音矯正すべきか悩む→流暢と言われた方法

カナダ留学で英語の発音矯正すべきか悩む→流暢と言われた方法

ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば
話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。
留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

なども学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で、今度は現地の人の英語も聞き取れるようになり、楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができるようになっていた。

4girls-green

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

また

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

バンクーバーの夕暮れ

カナダワーホリ体験談!ネイティブに英語を褒められた理由

イエローナイフはオーロラの名所

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われた!勉強法

カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

それに「暗記」した知識はすぐに忘れてしまうけれど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。
東京の風景

日本語と英語の文化の違いを東京で感じた話

だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

カナダ・バンクーバーの朝

ワーホリは帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

今思うと、そのマンツーマンレッスンで習うことをレッスンの「外」でも使うことで、カナダ人の友達ができ始め、それによってそれまでの「快適空間」から抜け出す環境が整えられていったのではないかと思う。

なぜなら語学学校に通っていた間は、授業の「宿題」や「プレゼン」があったりというような「ツライ」ことはあるけれど、学校で困ったことがあれば学校のカウンセラーさんが何とかしてくれるし、自分は決められたことをしてさえすればよかった。

カナダ・バンクーバーのStanley park

留学でスピーキングが伸びないのはナゼ?理由がわかった

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

だけど学校の「外」に一歩出てみれば、イヤなことにも全然普通に遭遇する。

そして自分でそれを何とかしていかなくてはならないから。

バンクーバーのダウンタウン

カナダ・バンクーバーで留学生はナンパされる!こう返事しよう

カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

最初は慣れないことなので戸惑った

もちろん最初は、いくら先生から

先生
カナダではこれがフツウです
と言われても、すでに慣れている「日本の文化」ではなく「カナダの文化」は、自分にとっては「新しいもの」だったので、
こんなことを日本人である自分が言っても/してもよいのか?
と思って、なかなかできないこともあった。
バンクーバーの高層ビル群

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力ってどれくらい?

失敗もたくさんした。
バンクーバーの橋

カナダ・バンクーバーでの出会いに感謝したこと

だけど先生から
先生
英語を習得したいなら、BOX(箱:自分が既に知っていて慣れている環境や、考え方、それから常識)の外に出ることですよ
先生
「箱の中」は「Comfort zone(コンフォート・ゾーン:快適空間)」かもしれませんが、英語の上達には

  • 今までと違う考え方をしてみる
  • 今までと違う行動をしてみる
  • 今までと違う言葉を使ってみる

ことが欠かせません。

と言われたので、最初は恐る恐るだったが、とにかくレッスンの「中」で習ったことをレッスンの「外」でもできるだけ使うようにしていった。
カナダ・バンクーバーのビーチ

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

カナダ・バンクーバーのLions Gate Bridge

カナダワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?通ってみて

まとめ

新しいことに挑戦するのは、いつも不安だし、緊張する。

けれども最初の一歩を踏み出せばあとは案外何とかなるもの。

留学中は英語が話せず「つらい」と思うこともあったが、やっぱりカナダではそれ以上に、楽しいことの方が比較にならないくらいたくさんあった。

「快適空間」を抜け出せたことで、カナダで「日本の文化を引きずった行動」をしていたら教えてくれる友達にも出会えたし、

バンクーバーの橋

カナダ・バンクーバーでの出会いに感謝したこと

日本ではほぼしたことがなかった「アウトドアスポーツ」が好きになったのも、カナダで友達が連れて行ってくれたり、教えてくれたからこそ。
カナダと日本のライフスタイルの違い

カナダ人の生活・ライフスタイルをバンクーバーで見た

カナダ・バンクーバーのStanley park

留学でスピーキングが伸びないのはナゼ?理由がわかった

これらは全部自分の中で宝物になっている。
ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリ3ヶ月で英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

カナダの山々

1年間のワーホリ留学で英語力ペラペラになれる?

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です