カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

カナダではあちこちで野生のリスを見る

カナダではあちこちで野生のリスを見る

カナダでは日本人(留学生)の女性が一番セクハラに遭ってると思う。

他のアジア人留学生と比べても日本人がワースト(最も被害を受けている)ではないか?

カナダ留学中に現地育ちの友達と話していたらそう言われた。

実際に白人女性や欧米育ちの女性には絶対しないようなことをアジア人女性にはする人が中にはいる。

カナダに限らず留学で日本人女性がセクハラを受けやすい理由

なぜその友達(男性)がそんなことを言い始めたかというと、つい最近、日本人留学生がたくさんいるPartyに行ったらしい。(この友達は日本が好きで日本語も話せて、日本人の友達もいる。)

補足
カナダではパーティがたくさんある。
日本で「パーティ」というとド派手なイメージかもしれないが、カナダでは普段着で行ける「パーティ」が多数あった。

カナダでパーティーに呼ばれて感じた文化の違い

2018.08.05

そしたら場違い(他の参加者に比べて雰囲気が明らかにおかしかったらしい)な白人の男が、初めて会っただろう日本人の女の子にしきりに 「この後うちに来なよ」としつこく誘っててさ。

女の子が迷惑そうにしていたので助けようとしたけど、その男を無視して他の人たちと話し始めたから、まあ大丈夫かと思って何もしなかったけどね。

と言うので、

Cana
そういう、白人女性や欧米育ちの女性には絶対しないようなことをアジア人の女性にはする人がいるんだよね。

そういうの聞くと、ほんと腹立つ・・。

身体的なセクハラ、日本人の女の子が、手や足や腰をさわられたり抱きつかれたりとかいう話もよく聞くよ。

私もそうだったからわかるけど、日本人て他人から不快なことをされてもはっきりそう言わない、言えない、もしくは何と言ったらわからなくて、それをヤツ
らはわかってしてるよね!

と、言いながら私は、自分も経験があるだけにどんどん怒りがわいてきた。

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27
文化(culture/カルチャー)とは
ある特定の集団における人々の考え方や価値観、習慣、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

留学する人に知ってほしいセクハラの定義

日本人の場合、相手に何かをされてそれを自分が不快だと思っても、何と言ったらいいのかわからなかったり(それも英語で)、

あれ? 何かこの人やけに身体的接触が多いな?

と思ったとしても、

まぁカナダではハグとか握手とかボディタッチが多いからこれも大した意味はないのだろう

と考え、それがセクハラだと気づかないことすらある。

自分がそうだったし、他の日本人女性の話を聞いていても、そう思うことがしばしばあった。

いったいなぜ、日本人はセクハラに対する意識が薄いのだろうか?

私が思うに、まず日本とカナダ(海外)ではセクハラに対する考え方に大きなズレがある。

①日本語と英語のセクハラの定義の違い

そもそもセクハラとは何なのか?

日本語でセクハラの定義について調べると、

セクハラとは性的嫌がらせのことであり、相手の意に反する「性的言動」によって不利益を受けたり、労働環境などが害されるハラスメントである
引用元:Wikipedia 
と出てくる。

これを読む限り、日本ではどうも「セクハラとは主に職場で起こる問題」であるような印象を受ける。

さらに「不利益」という言葉からは、減給や降格や左遷やストレスによる欠勤などの「何らかの目に見える形での不利益」が生じなければセクハラとは認めない、と言っているようにすら思える。

一方、英語でセクハラの定義を読むと、職場だけでなくどこでも起こりえる問題だと書いてあり、まず大前提として本人が不快と感じたらそれはセクハラなのである。

私はそれを知らなかったため、カナダで職場とは全く異なる、完全にプライベートな場所でカナダ人の男性から自分が不快と感じる言動を受けた時、最初それをセクハラとは認識できなかったのだと思う。

やっと翌日になって、現地で受けていたマンツーマンの英語レッスン中にそのことについて話していた時、先生から「それはセクハラである」と指摘され、そこで初めて気づくことができたくらいだった。

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

②「NO」と言わない(言えない)日本語の文化

日本には、自分の気持ちや考えを正直に言うよりも、周りの人達に合わせたり(=「空気を読む」・「和」の文化)、
とくに目上の人(年齢や役職・立場が上の人)の言うことには逆らわないことを良しとする「文化」がある。

ワーホリで語学学校には何ヶ月行けばいい?通った感想

2018.09.25

また誘いや頼みごとを断る時も

NO

とはっきり言うことは失礼になるため、できるだけ曖昧に答え、相手にも察してもらうことを期待する。

つまり「日本の文化」では、自分が不快と思う言動をする相手に対して「NO!」と強く出にくい。

そのため日本とは違う「文化」の国で、日本と同じように考え、行動していると、そこでは

NOとはっきり言わない=YESということ

と解釈され、場合によっては悪用されてしまうということが実際に起きている。

つまり海外の男性にとって、日本人女性は「NO」という意思表示をしないから声をかけやすいし、その後の行動もエスカレートしやすい。

注意
私はカナダで、食事をしながらやたら私の手や身体に触ろうとしてきたじーさんに「Sorry」という謝罪の言葉を言ってしまったのが今でも悔しい。
(「Sorry」は自分に非がある時に使う言葉。非がない時は「Excuse me」を使う)

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

また友達から聞いた別の日本人留学生が受けたセクハラでは、相手に「触らないで!」と言いつつ顔は笑っていたということだった。

日本人女性はこういう時でもなお、「相手を傷つけないように・・」という意識が働きがちではないだろうか?

ワーホリ・留学する女性へ危険を避けるため知ってほしいこと

2018.07.02

日本人の「セクハラ意識」の薄さにカナダ人は驚愕

過去、日本の関西にある大学への留学で3ヶ月ほど滞在していたというその友達とは、それまでにも日本とカナダの「文化」の違いについて話したことがあった。

Cana
それに日本は男尊女卑がまだまだあるからね・・。

カナダで感じたカルチャーショック!日本は・・の国だった

2018.10.11

たとえばセクハラに対する処罰の重さも日本とカナダでは全然違ったりとか、女性の権利に対する意識がそもそも違うんだよね・・

だって痴漢が起きた時に「露出の多い服装をしていたからだ!」とか、日本だと被害者の方を責める人がいまだにいるんだよ?


えええ? そうなの?! 信じられない・・それはひどいね・・

と、カナダ人の友達は言葉をなくしていた。

残念なことではあるが、日本とカナダのセクハラに対する意識の違い、これも一つの文化の違いだった・・。

補足
日本で女性の著名人が、渋谷ハロウインで痴漢にあったのは自分の服装も良くなかったという旨の発言をし、物議を醸していたが、被害者の側がそういう発言をしてしまうのがいかにも日本的・・と私は感じた。

海外で自分の身を守るための「知識」

これもカナダで生活して初めて知ったことなのだが、世界中で広く視聴されている日本の成人動画の影響もあって

日本人女性は従順・おとなしい・子どもっぽい → だからセクハラしやすい 
という短絡的なイメージをもっている外国人男性も、実際に多くいる。

日本人女性は海外留学でモテる?現地で知った本当の理由

2018.07.31

AKB48を見たアメリカ人と韓国人の反応比較

2018.08.09

だけど私の友人のように、それを心配したり嘆いている外国人男性も、また多くいるのである。

カナダで自分がセクハラを受けていたことにすら気づけなかった私であるが、現地でマンツーマンの英語レッスンを受ける中で徐々に変わり始めた。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27
「日本の文化」だけでなく、

「英語の文化の中」ではこれはどうなのか?

と、別の視点からも考えることができるようになった。

カナダ留学する女性に注意!女子が遭遇するこんなチカン

2019.07.28

カナダで日本人女性はよくナンパされる!?こう返事しよう

2018.07.15

まとめ

さらにカナダで時間が経つにつれて、カナダ(海外)で生活をする以上、「日本の文化」を利用して失礼なことをしてくる人には、こちらも「カナダ(英語)の文化」を使って応戦すべきだと思うようになった。

*具体的な応戦の仕方は下の記事を参照(特に女性には必ず読んでほしい)↓

ワーホリ・留学する女性へ危険を避けるため知ってほしいこと

2018.07.02

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。