カナダにいる日本人は「ガイジン」であることに気づいた時

バンクーバーのダウンタウン

バンクーバーのダウンタウン

カナダでワーキングホリデーをしていた頃。

バンクーバーのダウンタウンにあるバス停で、日本人の友達とバスを待っていた時の出来事。

隣に立っていたカナダ人と見られる男性から、「Your cap is so cool! I love it!! (君のキャップいいね!)」と、私がかぶっていたカナックスの帽子を見ながら話しかけられた。

カナックスとは
カナダのバンクーバーを拠点とするアイスホッケーチームのこと。

カナダでは知らない人同士でもフレンドリーに話す文化がある

私はカナックスの大ファンというわけではなく、その日はカナックスの試合の日というわけでもなく、
ただ単に、ファッションの一部としてカナックスの帽子をかぶっていただけだったのだけれど、
ほめられてもちろん悪い気はしない。

日本ではあまりないかもしれないが、カナダでこのように道ばたで知らない人から話しかけられるのは、フツ~によくあること。

中には日本人の女の子のナンパ目的で話しかけてくる人もいる(というかかなり多い!)けれど、この場合は、相手がカナダのフレンドリーな文化の中で話しかけてきているだけだとすぐに分かった。

カナダで日本人女性はよくナンパされる!こう返事しよう

2018.07.15

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

彼はおそらく、単純にカナックスが好きなだけであろう。

だから私は

Cana
ありがとう、あなたのTシャツもよく似合っていて、ステキですよ!
と彼の着ていたアーティスティックなTシャツをほめ返した。

すると彼は

Thanks!

とにっこり笑って、ちょうどやって来たバスに乗り込んで、去っていった。

カナダで「ガイジン」なのは日本人の私たちの方

私たちが待っていたのは違う目的地のバスだったのでそのバスには乗らず、彼を乗せたバスが走り出すとすぐに、

友達から

友達
ねえ。
何であのガイジンと親しげにしゃべってたの?
と聞かれた。

Cana
えっ?
えっと・・カナダでは私たちの方が“ガイジン”なんだけど・・・。
と私は答えたが、この友達の言葉で、私もちょっと前まではこういう風に思っていたなぁ・・と気づかされた。

カナダに来た頃の私は、身体はカナダにあるのに、頭の中は日本の文化を抜け出せておらず、見ること聞くことすべてを、日本的な考え方や価値観だけで判断していた

注意
ちなみに私は「ガイジン」という言葉には差別的な意味合いが含まれていると聞いてからは、必要がない限り使わないようにしている。

バンクーバーでワーホリ中、マンツーマンレッスンで英語を習うようになってからは、そこでカナダの文化についても学ぶようになり、それによって今までとは少し違う視点から物事を見ることができるようになったのだということを実感した。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng