留学が「楽しい」人と「辛い」人の違いをカナダで見た

カナダ・バンクーバーにある滝

カナダ・バンクーバーにある滝

留学が「楽しい」と言う人と「辛い」と言う人の違いは何だろうか?

「カナダに1年以上いるのに英語が話せない」という人と話して違いがわかった。

海外でも日本と同じような生活をすることはできるしそれが「ラク」でもある。

けどそれが「楽しい」わけではないのだった。

留学は楽しい?辛い?

カナダで出会った友達の友達(日本人)と話をしていたとき。

その人はバンクーバーで1年以上某カレッジの英語コースに通っているのだが、学校以外で英語を使うことはほとんどなく、放課後や休日も1人で「英語を勉強」している、ということだった。

僕は1年以上カナダに住んでいるのに、カナダに住んでいるという気がしない。

楽しくない。

Canaは何だかカナダ生活をエンジョイしてそうだから、今度Canaが遊びに行くときに自分も一緒に連れて行ってほしい。

と言われた。

なのでその週末、ちょうどカナダ人や日本人、その他の国籍の友達とも集まる機会があったので、その人も誘ってみた。

のだが、そこでその人の言動を見ていて納得した。

というのも、そこにはカナダ人を始め色々な国の人がいて、日本語を話せる人よりも英語を話せる人の方がよほどたくさんいたのだが、その人は日本人にばかり、日本語で話しかけていた。

英語が話せるようになりたい

とは言いながら、実際に英語を話すことはしていない。

そのため私は

それで英語が話せるようになることがあるとしたら「奇跡」なのでは・・

と思った。

なんでも、その人が毎日している「英語の勉強」とは、

学校で英語の授業を受け、
出される宿題をこなし、
単語や文法の参考書を解き、
動画で英語の聞き取りをすること
だった。

考え方と過ごし方次第で変わる生活

私が思うに、学校や部屋や図書館の「外」には、教科書や参考書や動画などからでは決して得られない、

ナマの活きた英語を使う環境
が果てしなく広がっているはず・・。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09
だけどその人にとっては

自分の部屋にこもって動画を観ていた方が「楽しい」し、目の前にいる生きた人間と会話をするよりも図書館にこもって単語や文法の暗記をしていた方が「自分は勉強しているのだ」と感じられる

ということだった。
そして

プライドが高い自分には、知らない人と英語でしゃべって恥をかくなんて許せない
ため

今後も英語の学び方を変えるつもりは全くない

ということだった。

カナダで暮らしてはいても、

家と学校と図書館だけが生活の範囲
であり、
日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記や聞き取り
をくり返す。

それが彼にとっては「快適」なのであり、その勉強によって英語が話せるようになっているという実感がないにも関わらず、それを続けたいということだったので、もはや私には何も言うことが出来なかった。

留学しても英語話せないのでつらい!そんな時どうする?

2019.06.30

留学が辛かった頃の自分を思い返すと

私はカナダでのワーホリ留学を始めた当初、語学学校に通っていた。

当時はホームスティもしていて、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末も、ステイ先の自分の部屋だったり、図書館やカフェに行ったりして、英語を勉強していた。

ある日ホストマザーから

あなたはいつも部屋にこもって勉強ばかりしているようだけれど、リビングルームに来て私たちとおしゃべりしたら?

と言われたことがある。

補足
まだホストファミリーと関係が良かった頃の話だけど・・。

カナダワーホリ・ホームステイを経験した感想とトラブルの話

2018.07.25
自分もバンクーバーで語学学校に通っていた時にずっとしていたことだからわかるが、「聞き取り」も「暗記」も
孤独な作業
である分、「退屈」だけど、たしかに同時に「ラク」な作業とも感じていた。

なぜなら、聞き取りも暗記もどちらも、他人と関わる必要が一切ないから。

生身の人間を相手にするのとは違って、ドラマや映画の登場人物のセリフがうまく聞き取れなくても、気まずい思いをすることがない。

前に学校で「暗記したはず」の単語や文法を今思い出せないことだって、誰にも悟られずに済む。

ミスをしたって間違えたって、誰にも指摘されずに済む。

英語を話すのが怖い!が克服できた方法

2018.10.25
それに
カナダでこんなに頑張って勉強している自分はエライ
という自己満足に浸ってもいられた。

だからホストマザーにそう言われても

英語が話せない今は英語を覚えること(=インプット)に集中する時期なのだ
と私は自分で自分に言い聞かせて、やっぱり部屋にこもって1人で英語を
勉強=暗記=インプット
し続けていた。

結果は、3ヶ月経っても、自分が「英語を話せている」とは、思えなかった。

学校の「中」であれば

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
となら話せるし、友達にもなれた。

けど学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリや留学で心が折れること!カフェで英語使うも冷たい対応

2018.06.17
無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダワーホリでボランティアしたら即クビになった!話

2018.10.04
たまに語学学校の「外」でネイティブの人と話す機会があったとしても、
会話を続けること自体が難しい・・
と感じていた。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

カナダ留学が辛い→楽しいに変わったきっかけ

悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そこで英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

まとめ

「バンクーバーは日本人が多いから英語を伸ばすのは難しい」と言う人がいるが、私はまったくそうは思わない。

いくら日本人が多いといったって、カナダは「英語圏の国:であり、バンクーバーで主に使われているのは(一部の地域を除き)何といっても「英語」であり、バンクーバーに日本人が多いこと自体は、自分の英語の上達に何の関係もないはず。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

ただ人間は、

自分がすでに慣れていること
に快適さを感じる生き物でもある。

自分にとっては

新しい環境(カナダ)
の中で、自分と同じ「言語」・同じ文化を共有する日本人とは、
自分が既に知っている知識の範囲内
で話せるため「ラク」と感じるのが自然でもある。

留学しても英語話せないのでつらい!そんな時どうする?

2019.06.30

けどその「ラクな状態」に留まっているうちは、それが英語であれ何語であれ、外国語を習得するのは、誰がどう頑張っても難しいから、結果的にそこでの生活は

楽しくない、ツライもの
になってしまう。

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018.06.20
反対に、その
ラクな状態(自分が既に知っている知識の範囲内)
を抜け出すことができさえすれば、カナダでの留学生活は一気に「楽しい」ものになった。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02
補足①
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、現在は「英語学習」と「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立されています。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさんや複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

先生のレッスンでは現在、ワーホリや留学に行く「前」・海外に行く「前」から時間をかけて日本で英語を「準備」し、現地で英語に悩んだりする時間を大幅に節約できるようになっています。

補足②
現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

2019年5月に来日された先生の写真:郡山駅

2019年5月に来日された先生の写真:郡山駅

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、海外に行く「前」に「最大3回」、日本でこの対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

日本にいる間に、日本とカナダの文化の違いや、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学び、スムーズに海外生活をスタートするための準備をすることができます。

カナダワーホリ・カフェでバイトするなら!こんな文化の違い

2019.02.17

カナダ人の生活・ライフスタイルとは?日本との違い

2019.03.09
そうして「ワーホリ留学を経て確実にバイリンガルになる」ことが先生のレッスンの目標になっています。

これを先生のレッスンでは、日本語のことわざにちなみ、

TWS=Tataite Wataru Study=石橋を3回たたいて渡る勉強

と呼んでいます。

次回の来日予定など、詳しくは下の記事をご覧ください。

lesson-in-japan画像なおご希望される方は、ご両親も体験レッスンや日本でのレッスンに参加できるそうです。

ご興味がある方は、下の「コメント欄」、または「LINE」からご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_eng
で検索頂き、

①ローマ字でお名前
②メールアドレス
③ワーホリや留学の予定時期と渡航先
をご明記ください。
(先生のレッスンは、ワーホリや語学留学の予定がある方が対象となっています)

(*私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンのスケジュールや費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーさんへ直接お願いします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng