どうすれば英語が話せるようになるのか?が分かる目からウロコのSkypeセッション!カナダ在住の先生からSkypeで個別に受けられます!詳細はここをクリック

海外で短期ワーホリするってどう?カナダで学んだこと

カナダ・バンクーバー
カナダ・バンクーバー

海外で短期ワーホリをする意味、経験して感じたのは短期であれ長期であれ現地でどう過ごすか次第ということ。

英語の上達が目標の場合、1年どころかそれ以上現地で勉強しても話せないと言う人にたくさん出会った一方、1ヶ月で変化した人にも出会った。

短期ワーホリで海外へ行く意味とは

「ワーホリするなら絶対に成功させたい」。

そう思う一方で、「何も変わらず失敗した」と嘆く留学生にカナダでワーホリ中に何人も出会った。

ほとんどの人は「英語の上達」を目標の一つとしてワーホリをする。

だけど現地で見聞きした感覚としては思ったほど話せないまま帰国する人が圧倒的に多いように思った。

そしてそうなる理由は、海外でも日本と同じような英語の勉強(暗記=日本式の英語学習)を続けてしまうから

だから海外で「日本式の英語学習」をしない限り、短期か長期かはそれほど重要ではないのではないか?、と思うようになった。

ワーホリで長期・短期はそこまで重要じゃない

カナダ・バンクーバーでワーホリ留学を始めた当初、私は語学学校(ESL)に通っていた。

語学学校の授業は、大学と同じように自分が取りたい・時間が合う授業を選んで受ける「選択制」なので、私は「文法」「発音」といった授業の他に「スピーキングの授業」も取っていた。

そしてその「スピーキングの授業」では、教科書に載っている「シチュエーション別の会話」を暗記して発表ということが毎週のようにあった。

そのシチュエーションとは、例えば

  • レストランでのオーダー
  • 英語での電話の受け答え
  • スポーツの試合観戦
といったもの。
教科書に載っている会話を、2人1組になって丸暗記して、みんなの前で発表。

それが時にはスピーキングのテストとされていた。

余談だが・・
この「スピーキングテスト」が毎回私は苦手だった。
自分の「カタカナ英語」をクラスメート全員に聞かれるなんて、憂鬱だった。
まあ実際は、他人の発表なんて皆ほとんど聞いてないので、それほど気にする必要はなかったのだけど・・。

「暗記」した知識は忘れる

今思い返してみると、「自分がそのテストでどんなシチュエーションを与えられたか」は思い出すことができる。

でも、
・テキストに何と書いてあったか
・自分が何を暗記して
・皆の前で何を言ったのか
は、全然思い出せない・・。

一度でも「経験」したことは忘れない

でも今の自分には学校の「外」での「経験」があるから、英語で電話をかけるときも、相手が企業の場合と、友達の場合、状況によって色々な言い方が思いつく。

スポーツの試合の観戦なんて、教科書には応援の「フレーズ」が何個も載っていたような気がするけど、バンクーバーに住んでいて知っていた方がいいフレーズは、

Go! Canucks Go!!

これひとつで十分だと思った。

補足
Canucksというのはバンクーバーのアイスホッケーチームのこと。
でももちろん学校の教科書に、そんなローカルなフレーズは載ってないのだった。

英語を「暗記」していた頃の悩み

バンクーバーで語学学校(ESL)に3ヶ月通っていた頃は、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強していた。

学校には遅刻も欠席もせずマジメに通った(日本でそんなことはしたことなかった)し、学校が終わればカフェや図書館に行って「勉強」し、家に帰っても「勉強」し、1つでも多く単語をおぼえて、1つでも多く文法のルールを理解しようとした。

だけど学校を卒業する頃になっても自分が英語を話せているとは思えなかった。

たしかに語学学校の「中」留学生の英語に慣れているネイティブの先生自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生となら話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生と仲良くなるのは難しい。

学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。


続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

「学校に3ヶ月通った後は英語を使う仕事がしたい」と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ
語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

英語を「暗記する勉強」から「経験する勉強」へ


悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると知り合いから聞き、体験レッスンを受けた。

そこで「今までとは違う方法で英語の勉強をします」と言われ、半信半疑ではあったが、それまでの勉強を続けても話せるようになるとは思えず、藁にもすがる気持ちでその先生のレッスンを受けるようになった。

実際、そのマンツーマンレッスンでは、語学学校の勉強とは違い、英語の「単語」や「文法」だけでなく
英語の「文化」をはじめ、
文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
発音」に、
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば
話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

そのレッスンでは英語を「暗記」するのではなく「経験」する方法で英語を学んだ。

「暗記」した知識はすぐに忘れてしまうけれど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/イマージョン・プログラム)を応用して、「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

例えば、カナダやアメリカ、南米などを先生も同行して旅行(言語冒険旅行)するコースなどもあった。

そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子
いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

さらに当時は先生が1人だけで教えていたが、今は複数の先生方がいて、「先生1人・生徒1人のマンツーマンレッスン」どころか、「先生3人・生徒1人のレッスン(何人もの生徒に対して先生は1人の「グループレッスン」とは真逆!)」が受けられるようになっている。

まとめ

海外で「短期ワーホリ」をするのかどうかは、それほど重要ではない。

カナダでワーホリ中、「1年間バンクーバーで語学学校に通い、近々日本に帰国する」という友達が

せっかく英語を勉強したけど、日本に帰ったら英語忘れるかもしれない、それが怖い。

と言っていた。

私は

忘れないよ。それが経験したことである限りは

と答えた。

「暗記」と違って一度「経験」したことは、時間がたっても忘れないから。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA