海外留学で語学学校に行けば英語は伸びる!は本当?通った感想

カナダの湖

カナダの湖

海外留学で語学学校に行けば英語は伸びるのだろうか?

実際行って感じたのは、授業が全て英語で進むという違いはあれど日本と同じような文法や単語の暗記をする時間が大半だということ。

語学学校には3ヶ月通ったものの、英語力の伸びを感じられず卒業するのが「怖い」と思った。

海外留学で英語を伸ばすなら語学学校?

カナダ・バンクーバーでワーホリ留学を始めた時の自分の英語レベルはどんな感じだったかというと、
バンクーバー空港(YVR)に到着した時点で、空港で職員から何を言われているのかわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに空港から出るところだったレベル、だった。

そこで

なんで日本にいる間にもっと英語を勉強しなかったんだろう・・

と後悔したが、もう遅い。

こんなにネイティブの英語が早いなんて知らなかった・・
一刻も早く話せるようになりたい!

とあせった私は、現地で色々な学校を見学したものの、今度は何を決め手に学校を選べば良いのか、わからなくなった。

というのも、教室の中で前に先生が立っていて、10人くらいの生徒が一緒に授業を聞くスタイルで、授業の内容もどこもあまり違いがないように思えたから。

だけど学校で英語を勉強する以外、他にどうしたら良いのかもわからないので、何となく雰囲気が良さそうだったそのうちの一校に通うことにし、学校のカウンセラーさんと話をして、3ヶ月通うことに決めた。

高いお金をかけて学校に通うことにしたので、それからの3ヶ月間は

とにかく英語に集中しよう

と思い、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないので友達できない!アジア人英語はわかった

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリや留学で心が折れること!カフェで英語使うも冷たい対応

2018.06.17

学校に3ヶ月通ったら、その後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダワーホリでボランティアしたら即クビになった!話

2018.10.04

語学学校卒業目前。「外に出るのが怖い」と感じた

カナダで3ヶ月も英語を勉強すれば英語が話せるようになるはず、という期待を持っていた私だったが、実際3ヶ月経って思ったことは、

こんな英語が話せない状態で、学校の「外」の「リアルな世界」に出ていく自信がない・・

ということだった。

ほとんどのクラスメートも、「ジャパレス」や「韓国レストラン」で働いていて、英語をバリバリ使うような仕事をしている人はいなかったし、

ワーホリ中ジャパレスで働く人が多いのはなぜ?海外で見た現実

2019.03.31

英語に自信がついていないから

ということで、語学学校を延長する人もいたし、

今度は別の街(国)で英語を勉強する!

と言って引っ越していく人もいた。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03
補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
パンフレットの写真では、世界各国からの留学生が一緒に勉強しているような印象を受けたが、実際に行ってみたら全然違った。 これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16
注意

海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

そのワーホリプラン・流れで大丈夫?現実がこれ

2018.08.02

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

カナダでこんなに英語を勉強しても話せないのなら、一体どうすればよいのか・・

と悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そこで英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」することでスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05

語学学校で学んだこととは?

ワーホリビザでカナダに滞在できる貴重な1年のうち、

4/1の期間(3ヶ月)
を語学学校で過ごして思ったこと。

それは語学学校で英語を勉強するということは、「日本の学校の英語の授業」と同じで、

英語の「言語」(単語や文法やイディオム)だけ
を勉強するということだった。

これはもちろん「語学学校」だけでなく、「塾」も「英会話教室」も「カンバセーションクラブも」、同じ。

その「言語」自体を学ぶことはできても、その背後にある

文化(Culture)
を学ぶことはできない。
文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

語学学校で学べないことの例

例えば、日本人留学生によくあるパターン(私もそうだった)として、

「Must」が言えない
ということがある。

だって「Must」って何かキツク聞こえる。だからネイティブでもない私には言いにくい。

同様に、カナダでネイティブがよく使っている

What’s up?

カジュアルすぎて言えない

し、

英語全く話せない&できない初心者でワーホリはキケン!

2018.07.28
You guys

目上の人に使うのは失礼だから言えない。

ワーホリと英語力!カナダで仕事する時TOEICは聞かれない

2018.08.01

でも実は、これらをそう思ってしまうのは、英語を

日本語の文化(Culture)の中で
考えているからなのだった。

だけど学校の「中」にいた頃はそんなことはわからなかったので、

周りの韓国人や日本人のクラスメートが話している英語
、つまり
ネイティブは言わないような不自然な英語
を話していた。

語学学校とは何?1週間〜1ヶ月通うとわかる「ESL英語」

2019.03.14

だからこそ、学校の「中」では「クラスメート」や「留学生の英語に慣れたネイティブの先生」と話ができても、
一歩学校の
「外」にでると、途端にネイティブの英語が聞き取れず、会話も続かなかったということが、今ならわかる。

いくら海外に住んでも英語話せない人がいる理由

自分がそこでどんな勉強をするのか
を考えることなく「語学学校(ESL)」や「塾」や「英会話教室」や「カンバセーションクラブの英語のレッスン」に申し込むのは、そこで買う食べ物が自分の身体に後々どんな影響を与えるかを考えずにファーストフードの店でランチをオーダーするのと同じことだと思う。

「語学学校」や「塾」や「英会話教室」や「カンバセーションクラブ」では、たしかに英語の

言語(単語や文法やイディオム)
を学ぶことはできる。

だけどその「言語」の背後にある「文化」を学ぶことができないため、たとえカナダ・アメリカ・オーストラリア・イギリスで1年を過ごした後でも、

英語が上達した気がしない・・・

という人が、たくさんいる。

ワーホリ・留学の悩みトップ「英語が話せない」!

2018.10.31
1年(またはそれ以上)も海外にいるのに英語が話せない
ということが周囲に露呈するのが恥ずかしくて、英語を話す機会自体を避けようとする人も、カナダでたくさん見た。

留学・ワーホリで英語が伸びない失敗!5つの理由&解決策は?

2018.07.28
しかも、せっかく海外で時間もお金も使って英語を勉強したにも関わらず、そこで覚えた(「暗記」した)ことも日本に帰ったらすっかり忘れてしまう。

使ったお金は返ってこない。

時間ももちろん巻き戻せない。

その上、海外まで行って勉強したこともすっかり忘れてしまう、となったら・・。

「暗記しない勉強」の方が効果があった理由

「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまう。

だけど「経験」して学んだことは、時間が経っても忘れない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリは帰国後の就職・就活に有利?不利?体験談

2018.12.30

まとめ

ワーホリで3ヶ月もすれば英語ペラペラで外国人の友達もいて英語を使う仕事もしていて・・。

海外でも

日本式の英語の勉強
を続ける限り、3ヶ月どころか1年たってもそんな状態になるのは難しいと、カナダで実際に経験して思った。

反対に

日本式の英語の勉強
をくり返さなければ、海外でその状態になるのに長い時間をかけずに済むのだった

ワーホリ・カフェで即アルバイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng