バンクーバーの英語学校教師から「英語が自然」と言われた理由

バンクーバーでボランティアをした公園

バンクーバーでボランティアをした公園

バンクーバー(Vancouver)で英語のために学校に通うべき?

カナダで留学中、英語を勉強するため語学学校に通ったものの3ヶ月たっても自分が英語を話せているという気がせず悩んでいた。

でもその後勉強法を変えたところ、ネイティブから英語をほめられたり現地の友達ができるようになり帰国後TOEICでも970点が取れた。

バンクーバーで英語学校に通っていた頃

バンクーバーでワーホリ留学を始めた当初、私は現地にある語学学校(ESL)に3ヶ月通っていた。

けれど卒業する頃になっても、

自分が英語を話せている

という気がしない。

3ヶ月間、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

その後マンツーマンの英語レッスンを受けた

悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そこで英語の「文化」をはじめ、

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20

また帰国して受けたTOEICでもほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

2018.12.30
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05

英語を「経験」して学ぶということ

そのレッスンでは英語を「暗記」するのではなく「経験」する方法で英語を学んだ。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
先生からも
先生
ここで習うことはレッスンの「外」でも積極的に使ってくださいね
とよく言われていた。

けどレッスンを受け始めたばかりの私には、ネイティブイングリッシュスピーカーの友達が1人もいない。

習ったことをレッスンの「外」でも使うため、英語を使う現地のボランティア活動に応募したりしていた。

バンクーバーの英語学校で教えている先生と話した

そして参加したスポーツイベントにて、休憩時間が一緒になった人と話していたところ、バンクーバーで英語を教えて25年以上のカナダ人の英語の先生だということがわかった。

その人は、日本には一度旅行で行ったことがあるということで、

日本では何をしていたのか? どうしてバンクーバーに来たの?

など、カナダでよく聞かれる質問をされた。

ワーホリに必要な英語力はどのくらい?現地で実感したこと

2018.11.10

そしてそこから、私がカナダで始めの頃していたホームスティの話になった。

私はそのホームスティ先のファミリーから、(最初はそんなことなかったのだが)なぜか途中から


・「女だから」という理由で男性のルームメイトとは違うお弁当をもたされたり

(例えば私だけフルーツがついていなかったり、おかずが少なかったり)

・食卓で私だけ予備の小さい椅子に座るように言われたり

するなど理不尽な扱いを受けていたのだが、ホームスティしていた頃の自分の英語力ではそれを解決することができなかった。

カナダワーホリでホームステイを経験!感想とトラブルの話

2018.07.25
なのでその時の憤りを話したところ、その人は

僕の学校でも生徒からホームスティの不満はよく聞くよ・・

と、同情してくれていた。

カナダ・バンクーバーでホームステイ!の失敗談

2018.09.14

ネイティブの人に「ネイティブのような英語の話し方」をしてみる

それはともかく、私は前日にマンツーマンレッスンで習ったばかりの、ネイティブのような自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」の1つ(「話しことば」は全部で13種類あり、さらに1種類の中に言い方が複数ある)を、ドキドキしながら初めて言ってみた。

海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13

すると私がそれを言った途端、

Beautiful!!  

Where did you pick up the word?  I’ve never heard it from any students before!!

Great!  Excellent!!

(すばらしい!! 

どこでそんな言葉おぼえたの? 

今まで生徒(留学生)からそんな言葉聞いたことがないよ!

すばらしい!)

と、感心したようにほめられた。

私は嬉しくなり、

Cana
私はとにかく英語が話せるようになりたいので、全力で頑張ってるんです!
というと、その人は感心した様子で

君はよっぽどDetermined person(意思が固い人)なんだね。

きっとネイティブの友達もたくさんいるんだろうね。


そうじゃないとあんな言葉、出てこないよ。

と、さらに褒められた。

ネイティブみたいな話し方を自分がして良いのだろうか?という迷い

それまでネイティブが使う話し言葉を、自分が実生活の中で使うときには、結構ドキドキしていた。

だって、日本人の自分がネイティブみたいな英語を話すなんて、

日本人なのに英語のネイティブ気取りなの?

と笑われたり、バカにされたりしたらどうしよう・・と思っていた。

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力とはどれくらい?

2018.08.01

しかし実際は、ネイティブまたは「ネイティブ並みに英語が上手な人」には、とくに何の反応もされないことが多かった。

補足①
それはつまり「自然に聞こえる英語を話しているからこそ、とりたてて反応する必要がない」ということ。
補足②
「ネイティブではないがネイティブ並みに英語が上手な人」のことを「イングリッシュスピーカー(ES)」と言う。

ワーホリ留学の目標英語レベル!まずは今の英語レベルを知ろう

2018.08.09

でもこの時、語学学校の先生のような、ネイティブでも「留学生が話す不自然な英語」に慣れている人には、思った以上にインパクトを与えるものなのだということがよくわかった。

語学学校に1ヶ月行って効果はある?通った感想

2019.03.14

留学で語学学校に3ヶ月通って卒業→効果は?

2018.11.04

わかる人にはわかる「ネイティブみたいな自然な話し方」

この

25年以上語学学校で英語を教えているネイティブ・スピーカー
に英語を褒められてから、私はより自信をもって、マンツーマンレッスンで習ったことを躊躇なくレッスンの「外」でも使っていけるようになった。

英語を使う機会など自分次第でいくらでも作れる
ということがわかったし、英語を「使う」からこそ、ほめられることも増えていった。

留学で言語を習得する!カナダ人から英語が自然と言われた理由

2018.08.03

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

まとめ

カナダのバンクーバーではじめ語学学校(ESL)に通って英語を勉強したが、3ヶ月たっても「英語が話せている」という気がせず、悩んだ。

でもその後マンツーマンレッスンで英語を習うようになってから、気づけば現地の人からも英語をほめられたりするようになっていた。

そのレッスンでは英語を「暗記」するのではなく「経験」する方法で英語を学んだ。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30

「暗記」した知識はすぐに忘れてしまうけれど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国後TOEICを受けたらほぼ満点が取れた。

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23
言い古されている言葉だが、英語はツール(道具)なのだから、「暗記」するよりもとにかくどんどん「使う」ことが上達の近道なのだということをカナダでのワーホリを通して学んだ。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。