バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーの図書館に入ったところ

バンクーバー・ダウンタウンにある図書館の内部

カナダのバンクーバーでワーホリした時、語学学校に3ヶ月通ったものの英語が伸びたとは思えず、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

きっかけは、その先生の体験レッスンを受けたこと。

場所はダウンタウンにある図書館で、そこで6ヶ国語を話すマルチリンガルの先生から聞かれた質問は今でも忘れられない。

それは

What’s your first culture?(あなたの1つ目の文化は何ですか?)

というものだった。

英語で自分のことを説明できない

まず始めに、私がカナダに来た理由や、英語をどれくらいの期間勉強しているのかそしてどうやって勉強しているのかといったことを聞かれた。

そこで初めて自分が中学高校の6年、大学も入れると10年も英語を勉強していたということに衝撃を受けたことは以前書いた通り。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

次に英語を使って達成したいことなどを英語で聞かれたのだが、途中で言いたいことが分からなくなってしまい、言葉が続かず、最後まで言うことができなかった。

その頃すでにバンクーバーに来て3ヶ月以上が経っており、その3ヶ月間は毎日学校に通って英語を勉強していたのにも関わらず・・である。

ワーホリに必要な英語力はTOEICでは測れない

2018.11.10
注意
海外で語学学校に通っても、勉強の内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。

10~15人いるクラスメートと一緒に、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進む、ということくらいだった。

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

なので

Cana
ワーホリの期限は1年しかないのに、言いたいことがまだこんなに言えない・・。
こんな自分にとてもがっかりしています。

と言ったところ、

先生
Oh, don’t worry about it. You have plenty of time.
(大丈夫です、時間は時間はまだたっぷりあります)
落ち着いて話してもらえれば良いですよ
と言われた。

それを聞いてほっとしたのもつかの間、次に

先生
What’s your first culture?
(あなたの1つ目の文化は何ですか?)
と聞かれた。

私は

Cana
・・First culture?
(・・1つ目の文化?)

と聞き返してはみたものの、それ以上は何も言えなかった。

「英語の文化」とは何か?初めて考えた

そもそも「Culture」とは何なのか?

それまで深く考えたことがなかったし、もちろん聞かれたこともなかった。


日本語では「文化」だが、私の「1つ目の文化」とは何だろうか?

改めて聞かれると、まるでわからなかった。

「6つの文化」を持つ先生

さらに

先生
What’s your second culture?
(あなたの2つ目の文化は何ですか?)
とも聞かれたのだが、もうすっかりお手上げだった。

だまり込んだ私を見かねて先生が

先生
I have 6 cultures.
(私は6つの文化を持っています)

I speak 6 languages.
(私は6ヶ国語を話すことができます)
と話し始めた。

Cana
6!? わぁ・・
先生
1つ目がEnglish Culture(英語の文化)です。

Englishは私の母国語です。

それからJapanese(日本語)、Chinese(中国語)、Spanish(スペイン語)、Russian(ロシア語)、Polish(ポーランド語)。
全部で6つの文化です。

もし外国語を学んでいるのなら、必ずその言語の文化も持っているはずなんですよ

と言う。

日本人なら「日本の文化」を持っている

Cana
じゃあ・・私の1つ目の文化はJapanese です。
・・・maybe. (たぶん)

と、自信がないので最後にmaybeとつけた。すると

先生
Ok cool. (いいですね)
では、2つ目の文化は何ですか?
とさらに聞かれた。

話の流れからして、「私の2つ目の文化はEnglishです」 という答えを先生が期待していることはわかったが、でも私にはその時、それはどうしても言えなかった。

「もし外国語を学んでいるのなら、その言語の文化も持っているはず」と言われても、そのときは自分が英語の文化を持っているとは思えなかったから。

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

「英語の文化」を持っているとは言えなかった

その後、先生が

先生
文化とは、人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関係性のことです。
と説明してくれたのだが、そう聞いても、それでもやっぱり自分がEnglish Culture(英語の文化)を持っているとは、思えなかった。

英語初心者でもワーホリで英語を習得できた!まず学ぶべき基本

2018.06.15

このように、私は始めの頃、先生に聞かれる質問のほとんどに答えることができなかった。

まだまだリスニングも苦手で、先生が英語で話すことのすべてを聞き取れていたわけでもない。

だから途中で何度も「Sorry?(何て言いましたか?)と言って聞き返したり日本語で説明もしてもらいながら、体験レッスンは進んだ。

英語できないままワーホリ留学しても何とかなる、は甘い!

2018.07.03

「これまでと違う英語の勉強」を試してみようと思った理由

その体験レッスンで聞いたことは、私にとって初めて聞くようなことばかりだった。

それは例えば、

レッスンでは英語の「単語」や「文法」だけでなく、

英語の「文化や、

英語初心者でもワーホリで英語を習得できた!まず学ぶべき基本

2018.06.15

発音」に、

英語の発音わからない→流暢へ!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28

ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

を学ぶ

とか、

英語を暗記しない。教科書も使わない。宿題もなければ、レッスン中ノートも取らない。

といったことだった。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

話を聞きながら、「英語を暗記しないって・・どういうこと?」と思ったし、「本当にそんなことできるのか?」とも思った。

けど現実として、中学高校の6年(大学も入れれば10年)かけて英語を勉強しても英語が話せるようにならなかったし、カナダでも学校に通って3ヶ月間毎日英語を勉強したのに、英語が話せるようになっていなかった。

だからこのまま同じ方法で英語を勉強し続けても、英語が話せるようになるとは思えない・・。

なのでその時は、正直本当にそんなことができるのかどうかはわからなかったが、この先生の言う「今までと違う、新しい英語の勉強の仕方」を試してみたい、とは思った。

今、当時のことを振り返ってみると。

・・・もし自分があそこで考え込んでしまって、何も行動に移さずにいたら・・・。

「石橋を叩いても渡らない性格」の人が何も準備せずワーホリを始める矛盾

日本で私は「石橋を叩いても渡らない性格だね」とよく言われていた。

何事も事前に入念に調べて、色々な人の意見を聞いて、それでやっと決断を下す。

だから自分が「おもしろそうだな。やってみたいな」と思ったとしても、他の人がどう思っているのかを聞かなければ不安で、最終的には自分よりも周りの人の意見を優先して、その間にチャンスを逃して後悔・・ということがよくあった。

大学生の時に「海外の大学との交換留学に応募してみようかな」と思ったことがあったのだが、その時も周囲の声

英語とCanaの専攻なんて全然関係ないのにそんなことする必要あるの?

とか

今行ったらシューカツの時期と重なって後々大変だよ

とか

留学したって英語が話せるようになるとは限らないよ。お金もったいなくない?

とかに惑わされて、結局応募しなかった。

でも「あの時やっぱり応募してみればよかった」という思いはずっと消えず、「してする後悔」よりも「しないでする後悔」の方がずっと大きい、ということを知ったのだった。

そういう自分を変えたいというのも、私がカナダでワーホリすることに決めた理由の一つだった。

余談だが・・
しかしその後、英語がまったく話せないのに「何とかなるだろう」で何も準備をしないままカナダに行ったのでは、「石橋を叩いても渡らない性格」とは到底言えないと思うようになった。

何事も事前に入念に準備するタイプの人でも、なぜか「英語が話せないままワーホリを始めても大丈夫」と思ってしまったのはなぜだろうか?

それは今となってはみんながそうしているから自分もそれでOK」と思ったとしか言えない・・。

バンクーバーワーホリで英語を習得

今までしてきたような英語の勉強(単語や文法やイディオムを暗記)をこのまま続けても英語が話せるようになるとは思えなかった私は、「レッスンを受けてみよう」と思い、そこから3ヶ月のマンツーマンレッスンを受けるようになった。

すると現地で「あなたの英語は自然」と言われたり、「日本人っぽい英語じゃないから日本人だとは思わなかった」、「ネイティブかと思った」と言われることなどが増えていき、

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

ワーホリが終わる頃にはとっくに

Cana
My second culture is English.
(私の2つ目の文化はEnglishです)
と、自信を持って言えるようになっていた。

ワーホリでネイティブに近い英語力がついた!英語レベルの解説も

2018.08.09

1年間のワーホリ留学で英語力はどのくらい伸びる?

2018.08.02

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng