留学で英語を学ぶならマンツーマンがベストな理由

カナダ・バンクーバー

カナダ・バンクーバー

留学して英語を学ぶならマンツーマンが一番効果的ではないだろうか。

10〜15人もクラスメートがいる学校の集団授業と違い生徒が自分1人だから、私は何十倍も早く英語を伸ばすことができたと思っている。

3ヶ月でスピーキングに自信が持てるようになり、帰国後TOEICも970点が取れた。

留学で英語を学ぶならマンツーマンが効果的な理由

カナダのバンクーバーでワーホリ留学を始めてから初めて知ったことなのだが、現地には「先生と生徒が1対1」、または「生徒の方が3〜4人という少人数のグループ授業」で英語を習う

tutor(チューター)
というものがあった。

現地の新聞やネットの広告、または図書館の掲示板やバス停などに

 Tutorで英語を教えます! 電話してね!

と電話番号を書いた貼り紙などをよく見かけた。

私は

自分は「ネイティブだから」英語を教えられます

という広告を見ながら常々、はたしてそのうちの何人が「言語の教え方」を知っているのだろうか、と不思議に思っていた。

だって

英語のネイティブなら誰でも英語を教えることができる
という論理が成立するのであれば、
日本語のネイティブなら誰でも日本語を教えることができる
ということになる。

でも私は、自分が日本語のネイティブだからといって、他人に日本語を教えられるとは、思えなかった。

だから広告を見かけることがあっても、「tutorに英語を習おう」とは思ったことがなかった。

語学学校の英語の勉強では足りないと感じた

けどバンクーバーで3ヶ月間語学学校(ESL)に通い、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強しているに関わらず英語が伸びている実感が、ない。

学校の中で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれる。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないので友達できない!アジア人英語はわかった

2019.04.21
 
「学校の先生」以外のネイティブとも話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17

語学学校を卒業
する頃になっても英語が話せているという感覚がなく、悩んでいたので、「チューター」で英語を習うというのはどんな感じなのだろうかと、その時初めて興味を持った。

ちょうどその頃、語学学校(ESL)で知り合ったクラスメートが何人か、学校に通いながらチューターを受けたり、1年カナダで過ごしたけれども

英語の伸びが足りないから

と言って、帰国直前にtutorを受けているという話を聞いた。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28
なので友達に感想を聞いてみたところ、

1対1だから大人数の学校の授業よりは自分が話す時間もあるし、質問もすぐに聞けるところはいい。

英語が上達しているかと言うと・・まぁ、何もしないよりはいいのかなと思う。

と言う。

そのワーホリプラン・流れで大丈夫?現実がこれ

2018.08.02

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03
なので私は、tutorで英語を習うことはやっぱりせず、他に何か方法はないものかと思っていたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

「ティーチャー」と「チューター」の違い

そのマンツーマンレッスンで英語を習うようになって、

あ、これはチューターではないのだな

とすぐに分かった。

なぜならそのレッスンで英語を習い始めて1週間後には、あれほど悩んでいた私のカタカナ英語が

発音が良くなった

と元クラスメートに言われたから。

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→7日後流暢と言われた!

2018.07.28
カナダで3ヶ月毎日英語を勉強しても感じられたなかった、「自分の英語が上達している」「自分の英語が変わってきている」という感覚が、その時初めて持てた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
その後知ったことだが、「tutor(チューター)」というのは言語を教えるための勉強や、資格や、経験がなくても、誰でも始めることができ、また政府への登録なども要らないので、レッスン料の中から税金などを収める必要もない。
なので現地の大学生などが「お小遣い稼ぎ」でしている人も多い。

私がマンツーマンレッスンで英語を習ったのは、英語を教えるための「専門知識」「資格」「経験」も持っているteacher(ティーチャー)であり、tutor(チューター)ではない。 

日本語ネイティブ=日本語を教えられる、じゃない

「英語のネイティブであれば誰でも英語を教えられる」のであれば、「日本語ネイティブの私だって日本語を教えられる」、ということになる。

でも「単にその言語のネイティブであること」がイコール、その言語を教えられるということにはならないと、その後よく思うようになった。

日本語ネイティブでも日本語の「文化」を説明できない

例えばバンクーバーでマンツーマンレッスンで英語を習っていた先生から、レッスンの時に「カナダの文化」と比較した「日本の文化」について説明を聞いたとき、

Cana
えっ、あれはそういう意味だったのか・・
ネイティブ イングリッシュスピーカーの先生
から
ネイティブ ジャパニーズスピーカーの私
の方が「日本語の文化」を教えられることが多々あった。
文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

カナダの「クリスマスと正月」の過ごし方は日本と真逆。

2018.12.16

日本語ネイティブでも日本語の「文法」がわからない

また「日本語能力試験」1級に合格したというカナダ人の友達に

Cana
日本語能力試験」って英語だと「TOEIC」みたいなもんだよね?

どんな問題が出るの?

と何気なく聞いたこともあるのだが、

「うさぎ」の数え方って知ってる?

Cana
知ってるよ!
「羽(わ)」でしょ?
と、ここまでは自信を持って答えられた。
しかし

じゃあ、「本棚」は?

Cana
本棚? う~ん・・
補足
正解は「本」。

「刀」は??

Cana
一本二本・・? じゃないんだろうね〜ハハハ・・・(ごまかし笑い)
補足
正解は「振り」。

こんな感じで、カナダ人の友達の方が、日本人の私よりも「日本語の文法」に詳しいこともある。

私は日本人の両親の元に、日本で生まれて育った「日本人」だが、自分の「ネイティブ言語」である日本語を、わかりやすく体系立てて外国人に教えることができるかと言うと・・まるで自信がない。

実際、バンクーバーで語学学校(ESL)を卒業した後、マンツーマンレッスンで英語を習うようになってから知り合った「日本語を勉強しているネイティブイングリッシュスピーカーの友達」から

Canaは「カナダに来る前には全然英語が話せなかった」と言いながら今はこんなに話せている。

きっと語学の才能があるに違いない!

お金を払うからチューターとして日本語を教えてくれない?

と聞かれたことがあるのだが、私は自分に語学の才能があるなんて一度も思ったことがない。

日本語を外国人に教えるための「知識」も「技術」も「経験」もないのに、お金をもらって教えるなんて荷が重すぎる・・

と思い、丁重に断った。

補足
今も外国人の友達から日本語の質問を受けても、答えられないので
Cana
Google先生に聞いてみよう!
と言うことがよくある。

例えば、

「タタミ」と「ザシキ」はどう違うの?

とか、

日本語で

1から10まで数える時に
「いち、に、さん、、ご、ろく、シチ、はち・・」と言うのに、

どうして10から数える時には
「じゅう、きゅう、はち、ナナ、ろく、ご、ヨン、さん・・」なの?

なぜ「4」と「7」の言い方を変えるの?

と聞かれたことがあるのだが、答えられなかった。

英語ネイティブ=英語を教えられる、わけじゃない

これは逆のことも言えて、「英語のネイティブであれば誰でも英語を教えることができる」、わけでもない。

英語ネイティブでも英単語がわからない

例えば、バンクーバーの美容系の専門学校(英語を勉強するための学校ではない)に通う日本人の友達は

カナダ人のクラスメイトからしょっちゅう英単語のスペルを聞かれるのでびっくりする

と言っていた。

それも日本では中学校で習うような「簡単な英単語」のスペルを聞かれる、ということだった。

また、ネイティブイングリッシュスピーカーであれば、誰でも同じように英語の文法を説明できるのかと言えば、やっぱりそうではない。

英語ネイティブでも文法が説明できない

私はバンクーバーのマンツーマンレッスンで「文法」を暗記しない方法で習い、それまでほぼ同じ意味だと思っていた

Must

Have to
の違いが、初めて理解できるようになった。

留学しても英語の文法わからない、が一瞬でわかった!学び方

2018.06.12

私は(たしか中学校で)
Must

Have to
もどちらも
~しなければならない
という意味だと習った気がする。

そしてその違いはというと、

「Must」のほうが「Have to」よりも強い(?)
だと思っていた。

補足
英語の宿題やテストでは「次の2つの英文の意味が同じになるように空欄を埋めなさい」という問題で「Must」と「Have to」が出てきていたような記憶もある。

だからマンツーマンレッスンで習うまでは、この2つの助動詞の意味はほぼ同じで、どちらを使っても大した違いはないはずと思っていた。

でもレッスンで「Must」と「Have to」について習ったとき、そこには明確な違い、使い分けのルールがあると知り、以降はどちらを使うべきか迷うことはなくなった。


なのでそれを習った時に感動して、語学学校に通っていた時には1人もいなかったカナダ人の友達もできるようになっていたので、

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27
Cana
ねぇねぇ。
「Must」と「Have to」の違いって説明できる?
と友達の一人になんとなく聞いてみた。

すると

・・Same.(同じよ。)

「Need to」を使ってもいいよ。

という答えが返ってきて、驚いたことがある。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
そのレッスンでは、教科書も宿題も筆記用具も使わず、英語を暗記せずに勉強した。

「暗記した知識」は使わなければ忘れてしまうが、「経験」から学んだ英語は、時間がたっても忘れない。

カナダでワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
だから私はワーホリから帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでもTOEICを受けたら、ほぼ満点の970点が取れた。
TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970点に!

2018.11.23

まとめ

カナダでワーホリ留学中に、はじめ語学学校で英語を勉強し、その後マンツーマンレッスンで英語を勉強した。

そして生徒が自分の他に10人以上もいる学校の授業よりも、「生徒が自分1人だけのマンツーマンレッスン」の方が、英語が伸びるようになるのは「何十倍も早い」と、私は感じた。

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んだ結果

2018.11.05

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27
補足①
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)やフィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

また現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、海外に行く「前」に「最大3回」、日本でこの対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

2019年2月日本でレッスンを開催中の先生

2019年2月日本でレッスンを開催中の先生

日本にいる間に、日本とカナダの文化の違いや、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことばを学び、スムーズに海外生活をスタートするための準備をすることができます。

ワーホリで働くなら?事前に知りたい文化の違い

2019.02.17

カナダ人の生活・ライフスタイルとは?仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09
そうして「ワーホリ留学を経て確実にバイリンガルになる」ことが先生のレッスンの目標になっています。

これを先生のレッスンでは、日本語のことわざにちなみ、

TWS=Tataite Wataru Study=石橋を3回たたいて渡る勉強

と呼んでいます。

次回の来日日程など、詳しくは下の記事をご覧ください。

ワーホリ前の英語準備

なおご希望される方は、ご両親も体験レッスンや日本でのレッスンに参加できるそうです。

補足②
レッスンでは、先生も同行して1日中英語を喋りっぱなしになる「言語冒険旅行」にも参加することができます。

2019年4月末〜5月にかけて開催された「アメリカ言語冒険旅行」に参加された生徒さんたちと先生の写真をいただいたのでご紹介します。

アメリカ言語冒険旅行2019年

生徒さんたち

先生の後ろ姿

先生の後ろ姿




座っている男性が先生です

座っている男性が先生です

私が参加した「アメリカ・グランドキャニオン」での言語冒険旅行の写真のほか、

カナダでワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30

写真はこちらからも見ることができます。

旅行の写真集

補足③
季節限定!の特別コースの受付がスタートされたそうです。
→好評のため受付を延長されたそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
【SPECIAL WARIBIKI】

ワーキングホリデーや留学を予定されている方向け、
①日本にいるうちに6ヶ月(120時間)かけて英語や海外生活の準備ができるレッスン

②カナダ渡航後の現地での1ヶ月のレッスン
→合計7ヶ月のレッスンが格安で受けられる
『特別コース』。

先生やカウンセラーさんが無料カウンセリングや「ワーホリ留学の相談会」でお一人おひとりと時間をかけてお話をされた結果、とくに海外で英語を使う仕事をしたいけれど、現在英語に自信がなく、海外生活にも不安がある方に最適な内容とされたそうです。

◆レッスンの内容概要◆

①まず日本での準備レッスンでは
6ヶ月(120時間)のSkypeレッスンを2人の先生から受け、英語を「暗記」するのではなく、海外生活で必要な「スピーキング」を伸ばすための勉強をします。

留学中に英語のスピーキングが上達!した勉強方法

2018.06.13

またSkypeレッスンが12時間終了する度に、カナダにおられる先生(日本語もペラペラです)とのSkypeレッスンを受け、そこで英語の上達度合いを確認することができます。
→つまり日本にいる間に「英語の面接」を合計で10回受けることができます。
②カナダでのレッスンでは
1ヶ月間のマンツーマンレッスンを無料で受け、現地で英語を使う仕事をするための準備をします!

ワーホリと英語力!カナダで仕事する時聞かれるのはTOEICじゃない

2018.08.01

◆レッスンの目的と費用◆

日本での準備レッスン6ヶ月

  • 英語の暗記(インプット)ではなく、英語で話す(アウトプット)ためのトレーニングをマンツーマンで受けられる。
  • 英語が話せるようになっている自分をイメージできるようになる。
  • 海外で生活するとはどういうことなのか、実際に住んでいる人やワーホリや留学経験者から話を聞きイメージを固められる。
  • ワーホリや留学で英語を習得できる、現地で英語を使う仕事ができるという「自信」を海外に行く「前」から持てる。

—————————
費用…56万円

カナダでのレッスン1ヶ月

  • 英語の暗記(インプット)ではなく、英語で話す(アウトプット)ためのトレーニングをマンツーマンで受けられる。
  • 現地で集中的に英語を学び、英語の「文化」なども実践的に学ぶ。
  • 現地で英語を使う仕事に応募し、面接にパスするための準備をする。

—————————
費用…無料

合計7ヶ月で56万円で受けられるようになっているそうです。

(日本で受講するレッスンの期間は、渡航までの残り期間に合わせて調整することもできるそうです)

レッスンを修了された生徒さんが働いておられた企業の例:
ANA, JAL, Qatar Airways, Guardia Indonesia, ZARA, H&M, La Costa, BANANAREPUBLIC, NETFLIXなど
となっているそうです。

カナダ・バンクーバーワーホリで日本人がする仕事!アパレルやホテルも

2018.08.18
補足④
現在バンクーバーでレッスンを受講中の生徒さんからアドバイスや経験談を直接聞くこともできます。

こんなに短い期間の勉強で本当に英語が伸ばせるの? 

日本ではどんな勉強をしたの?

カナダでの毎日の生活はどんな感じ?

・・などなど、気になることを直接聞くことができます。

ワーホリで働くなら?事前に知りたい文化の違い

2019.02.17

Akaneさん
日本にいる間から「Skypeレッスン」と「先生との対面でのレッスンを3回」受けられ、2019年3月にバンクーバーに到着。
現地でのレッスンをスタートと同時にカナダで英語を使う仕事に応募を始められたそうです!

カナダ・バンクーバーワーホリで日本人がする仕事!アパレルやホテルも

2018.08.18
Akaneさんはレッスンの受講を考えている方ともSkypeで何度かお話をされたそうです。

お話をされてみての感想をいただきました。

海外の語学学校ですでに英語を勉強している方の場合、よく聞くのは

1つはやっている事は実質日本と変わらない(説明が英語なだけ)なので面白くない

2つ目は周りが日本人だらけなので英語を話す機会も聞く機会もカナダにいるのに少ない

ということです。

もし今海外で英語を勉強していて、このようなもどかしさを感じている方がおられれば、勉強の方法を思い切って変える決断を応援したいし、私がその決断の最後の一押しになれるならとても嬉しいなと思いました。

Akaneさんからお話を聞いてみたい方は、Akaneさんのメールアドレスに直接ご連絡できます。

Akaneさんのメール:

akane.li.vc[あっと]gmail.com
(送信時に[あっと]の部分は@に変えてください)

ご興味がある方は、下の「コメント欄」か、「コンタクト」ページ、または「LINE」からご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_eng
で検索頂き、

①ローマ字でお名前
②メールアドレス
③ワーホリや留学の予定時期と渡航先
をご明記ください。
(先生のレッスンは、ワーホリや語学留学の予定がある方が対象となっています)

(*私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンのスケジュールや費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーさんへ直接お願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng