1年間のワーホリ留学で英語力はどのくらい伸びる?

バンクーバー・ダウンタウンにある図書館

バンクーバー・ダウンタウンにある図書館。イタリアのコロッセオのような外観。

ワーホリ留学に行く前、私は「1年間で英語力は本当に伸びるのか?」と思っていた。

現地で始めは英語が伸びず苦労したが、結果的にはビジネスレベルの英語力を習得でき、帰国後TOEICも970点取れた。

でも出発する前は「留学すれば英語は話せるようになるはず!」と楽観的に思う一方で「1年たっても話せなかったらどうしよう…」という不安もある、何とも矛盾した状態だった。

ワーホリ留学前の英語力

まず私がカナダに行く前の英語レベルはどんなものだったかというと、大学の友達とヨーロッパに1週間旅行した時、土産物屋で店員に

Cana
イズ ディス これ?!
(コレはこれですか?!)
と言って、同行していた友達を爆笑させたレベルだった。

だからカナダでワーホリ留学をする前には「少しでも英語を勉強しておこう!」と思い、私は以下のような勉強をしていた。

日本でワーホリ前にしていた勉強
  1. 単語を覚える
  2. TOEIC問題集で文法の問題を解く
  3. 英語のドラマや映画を見たり聞いたり(聞き流したり)してリスニング

でもそれで自分の英語が伸びていってるとは、思えない。

思えないから勉強が楽しくなかった。

かと言って他にどうしたらよいのかもわからないから、

こんなんじゃいけない! カナダでは気合いを入れてもっとしっかり勉強しなければ・・!

と思っていた。

日本の学校で習う「英語の勉強」をずっとしていた

当時私はすでに大学を卒業して働いていたのだが、中学から始まる学校の英語の授業で教わったことをひたすら続けていた。

日本の学校の英語の授業で習う英語とはつまり

日本の学校教育が重視する英語の勉強
  1. 単語
  2. 文法
  3. 申し訳程度のリスニング

である。

この英語の勉強を中学高校の6年と、大学も入れれば10年(大学は英語は一切関係ない専攻だったが教養科目としては授業があったので)もしてきていた私は、

いつのまにか習慣になっていた英語の勉強の仕方
  1. 単語を暗記し、
  2. 文法の問題を解き、
  3. リスニング

という英語の勉強の仕方が、すっかり習慣になってしまっていた。

そして、これ以外の英語の勉強の仕方は一切したことがなかったので、この

既にさんざんやってきてダメだった(=話せるようにならなかった)勉強
以外の方法は想像もできず、

海外に行ったら日本にいた時よりもマジメに朝から晩まで英語を勉強すれば、きっと話せるようになるはず・・

とすら思ったりしていた。

カナダ生活スタート、「日本式の英語の勉強」を3ヶ月続けた

そして実際にカナダに着いたら、まず空港で職員が何を言っているのかわからず、ワーホリのビザをもらわないまま外に出るところだった。

(当たり前ではあるが)日本から飛行機に乗ってカナダに着いたら、自動的に英語ペラペラになっている・・なんてことは起きない。

私は「英語圏の国で暮らすのに、英語が話せない」とはどういうことかを、そこで初めて実感し、

ヤバイ! 一刻も早く英語が話せるようになりたい・・!

と思った。

それから現地で何校もトライアルレッスンを受け、「なんとなく雰囲気が良さそうだから」という理由で決めたその中の1校に3ヶ月通うことを決めた。

つまり「日本でしてきたような英語の勉強」を、カナダでまたくり返すことを決めた。

カナダの語学学校でした英語の勉強
  1. 語学学校の授業で出てくる単語を覚え
  2. 教科書やワークブックの文法の問題を解き、
  3. 授業の大半の時間は他の人(主に先生、そしてクラスメイトたち)の話をリスニング
補足
語学学校の授業では1クラスに10〜15人の生徒がいるため、60分のスピーキングの授業時間があったって、クラスメイトの人数で割れば1人当たりの持ち時間は、どうしたって数分になる。そもそも、大半の時間は先生がしゃべっている。

だから授業を受けながら、「スピーキングの授業というよりはリスニングの授業だな・・」とよく思っていた。

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

放課後の語学学校

放課後の教室

そうやって3ヶ月が過ぎた。

日本からカナダへ移動して場所は変わったが、自分がしていることは別に変わらないため、結果は日本にいたときと同じだった。

学校に通って英語を「勉強」しても、放課後や休日も使って、朝から晩まで「勉強」しても、自分の英語が伸びていってるとは、思えない。

英語では自分の言いたいことが思うように言えないし、学校の(留学生の英語に慣れている)先生や(自分と同じアジア人留学生の)クラスメイトとなら話すことができても、「留学生の英語に慣れていない、一般の現地人の英語」は、聞き取れない。

カナダで朝から晩まで3ヶ月英語を勉強したけど、学校の外に一歩出ると、英語で会話が続かない。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

カナダのカフェでコーヒーを買う度冷たくあしらわれていた理由

2018.06.17

そこでまた
こんなはずじゃなかった・・・

と思ったけれど、しかしそうなってもまだ私には、英語が話せるようになるためにはどうしたらいいのか?ということはわからなかった。

そんな時、知り合いから英語をマンツーマンレッスンで教えている先生がいると聞き、その先生に連絡を取り、バンクーバーのダウンタウンにある図書館で体験レッスンを受けた。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

バンクーバーの図書館で受けた英語体験レッスン

そこで先生から

先生
「単語」や「文法」以外にも、英語の「文化や「発音」、そして「大人っぽくて自然な話し方をするための英語の話しことば」を学ぶことが英語に短期間で自信をつける方法なんです
との説明を受けた。

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15

英語の発音わからない→流暢へ!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

さらに

先生
文法」や「単語」も、これまでしてきたようにひたすら「暗記」をするのではなく、別の方法で効率よく学ぶ方法があります

英語の文法わからない..が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

英単語を効率よく覚えるテクニック!学校で習えない方法

2018.06.11

とのことだった。

初めて聞いたときは、そんなこと初めて聞くし、本当なのだろうか・・と思ったのだが、でもなんとなく面白そうだな、とも思った。

それに、10年英語を勉強してきて英語が話せるようになっていないのは事実
であり、また今までやってきたような勉強の仕方を続けて英語が話せるようになるとも、思えなかった。

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

1年間の留学でも英語力は十分伸びた

TOEICスコア
その後、平日は毎日マンツーマンの英語のレッスンを受けるようになってから、変化は自分が思っていたよりも早くやってきた。

1週間後に語学学校の元クラスメイト(韓国人)から「発音が良くなった」と言われたのをはじめ、次第に初めて会う現地の人たちからも英語を褒められることが増えるようになっていった。

「日本人です」と言うと「日本人の発音ぽくないから日本人だと思わなかった」と言われたり、

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

カナダ人から英語が「あなたの英語は自然」だと言われるようにもなっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

帰国後は特に英語を勉強しなくても、仕事や海外旅行や、外国人の友達と話すくらいで、英語力をキープできている。仕事が忙しくて勉強せずに受けたTOEICでも970点が取れた。

まとめ

日本で中学高校の6年かけてしてきた「日本式の英語の勉強」を、場所だけ変えて海外でまたくり返せば英語が話せるようになるのだとしたら、海外では一体どれくらいの時間をかければ良いのだろうか?

3ヶ月では明らかに足りなかった。
では、半年?
・・1年?

現実には、「日本式の英語の勉強」を続ける限り、1年どころかそれ以上留学しても英語力は伸びない。

逆に言うと、「日本式の英語の勉強」をしなければ、英語を習得するのに1年もかからない。

私はカナダでマンツーマンレッスンを受けるようになり、「日本式の英語の勉強」とは違う方法で英語を学ぶようになってからは、3ヶ月で上のような変化があったし、同じレッスンを受けたワーホリメーカーの生徒さん(Yuriさん)は、カナダでワーホリを始めて3ヶ月目には現地のZARAで働けるぐらい英語が話せるようになっていた。

Skypeトーク

他にも、カナダでワーホリを始める前にフィリピンで英語を1ヶ月学び、カナダに着いた直後から英語を使って働き始めた生徒さん(Kさん)もいる。

フィリピン留学してスムーズにワーホリスタート!Kさんの例

2018.07.14

私がカナダでワーホリ中に受けていたマンツーマンレッスンでは、日本の学校や海外の語学学校でするような「日本式の英語の勉強」ではない方法で英語を学んだ。

「日本式の英語の勉強」ではない方法で学んだからこそ、短期間で英語が話せるようになっていた。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ワーホリでネイティブに近い英語力がついた!英語レベルの解説も

2018.08.09
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng