英語の発音初めてほめられた!カタカナ英語が1週間で改善

英語を話すために学ぶべきこと2.発音
わたしは英語の発音というものがめちゃくちゃ苦手で、カナダのバンクーバーでワーホリを始めてもまだ日本式の英語の勉強(教科書や問題集を使って単語や文法をひたすら暗記・・)をしていたころには

「Canaの発音・・何を言ってるのかわからない」

「あなたは英語を話してるの?日本語を話してるの?」

といった具合に、クラスメイト(主に日本人と韓国人)からしょっちゅうからかわれたり、笑われていた。

学校では一応3ヶ月間「発音コース」の授業を受けていたし、家では発音を一人で練習したりもしていたのだが、自分ではどの発音が正しいのか正しくないのかもわからなかったし、いくら練習しても上達している気もせず、途方に暮れていた。

でもそんなわたしの発音が、学び方を変えたらネイティブからさえ褒められるようになっていった。

英語を話しているつもりなのに通じない

今だからわかるけれど、カナダでも日本式の英語の勉強を続けていた頃のわたしは、自分では英語を話しているつもりでも、実際はカタカナ英語(ジャパングリッシュ)で話していた。

ある日学校のスピーキングの授業で、2人1組になって特定のシチュエーションでの会話を考えて暗記し、みんなの前でその会話を発表する、というテストがあった。

わたしはその授業で習っていた「会話でよく使われるイディオム」というのを自分の担当部分にいくつか入れて発表した。

とくに先生からイディオムを使うようにとは言われていなかったから、それについてほめられるのではないかと、ちょっと期待していた。

さて発表の後、もらった先生からのコメント用紙には

コメント
イディオムを使っていたのはよかった。
でもあなたはもっと発音に力を入れなきゃね。
もっとクリアに聞こえるように。

とあった。

・・・あの~、私3ヶ月間この学校で発音のクラス取ってるんですけど・・・と思った。

なので思い切ってその直後の発音のクラスで、発音の先生に

Cana
私はこの授業に毎回出て、家でも発音の練習をしたり努力しているけれども、未だに正しい発音というものがわからない。どうしたらよいのでしょうか?
と聞いてみた。

するとその先生は、

3ヶ月あなたを見ていてわかったのだけれど、あなたは吃音障害があるから、他の人のようには発音できない。
自分が発する正しい音がわからないから聞き取りも難しいのよね。
でもあともう少し練習をがんばれば、よくなるわよ

と言われた。

その日は家に帰ってから、吃音障害についてネットで調べた。

すると吃音障害とは先天的な口の構造の問題であることなどが段々わかってきた。

・・すごくショックだった

私はネイティブみたいに英語が話せるようになりたくてわざわざカナダまで来たのに。

その日の夜、ホームスティ先の自分の部屋でうとうとしながら先生から言われたことを思い返し、「もうあきらめて日本に帰ろうかなぁ・・・」と思ったくらいであった。

しかし私は、とにかく英語が話せるようになりたくてお金も時間もかけてカナダまで来たのである。

たとえネイティブの人だって、人間なのだから、吃音障害がある人はいるはず。

そして吃音障害があろうが、彼らは自分の母国語である英語を使って日常生活を送っているはず

だったら何か方法があるはずだ!と思い、英語の発音に関する日本語の本を読んだり(バンクーバーには日本語の古本を売っている店があった)、さらにネットでも調べた。

そして色々書いてあることを試してみたりはしたけれど、どうすれば発音が良くなるのか、やっぱり全然わからなかった。

悩みの発音が、一週間で「よくなった」と言われた

体験レッスンでの衝撃の一言

最終的に私の発音の悩みを解消してくれたのは、カナダで3ヶ月日本式の英語の勉強を続けた後に、知り合いから聞いて受けるようになったマンツーマンの英語レッスンの先生だった。

その先生の体験レッスンを受けるためにダウンタウンの図書館で初めて会ったときに

先生
なぜカナダに来たんですか?
と聞かれたので、

Cana
ネイティブみたいに英語が話せるようになりたいからです。まず私は発音をよくしたいが、自分は発音の障害があるらしく、難しいようです。
でもやっぱりネイティブみたいに話せるようになりたいんです!
それはあなたのレッスンを受けることで可能ですか?
と聞いてみた。

すると信じられないことに、

先生
そんなの簡単ですよ

と言われた。

私は

Cana
・・・簡単?
でも英語のネイティブスピーカーでも吃音障害の人はいて、病院に行って矯正をしたりするらしい(と本に書いてあった)んですが。
本当に私の発音は簡単に、特別な治療をしたり訓練をしなくても治るんでしょうか・・?
とさらに聞いた。

すると

先生
病院になんて行ったらダメです!そんなことしたら余計自分には難しいと思って、意識して正しい発音ができなくなります。
治療も訓練も、何もいらないです!
とのことであった。

先生のレッスンでは、pronunciation(発音)や、accent(アクセント)、 intonation(イントネーション;抑揚)、rhythm(リズム)など、音に関わるすべてのことを 「Language music(言語音楽)」として教えており、発音の特別な訓練や治療は一切しない、ということだった。

半信半疑ではあったが、3ヶ月間カナダで発音を練習してきて、今成果を感じていないのは事実だったので、私はとりあえずこの先生の言うことを信じてやってみようと思った。

補足
私がカナダでワーホリ中、マンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位(Applied Linguistic Science. Methodology of Teaching Foreigner Languagesと Psycho-Linguistics)を取得した英語学習の専門家で、大学で学んだことを基に「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。

先生自身は、英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自分が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

それからはとにかくネイティブの人がしゃべっている通りに、文字面ではなくリズムやイントネーションを意識して聴いてみるようにした。

たとえばカナダでよく使われるあいさつの一つ、

How’s it going?

であれば、一つひとつ発音すれば 

ハウ イズ イット ゴーイング

であるが、
実際そんな風に発音するネイティブはいなくて

はうずごーいん

と言っている。(ように聞こえる)

人生で初めて英語の発音をほめられた!

マンツーマンレッスンをスタートし、1週間が経った日のこと。

カナダで通っていた学校の元クラスメイト(韓国人)から電話がかかってきたので久しぶりに話していたら、

何だか前より発音がきれいになったけど、どうしたの? 何かあったの? 前より自然というか、クリアーよ!

と言われた。

私は、その時はまだ自分では発音が良くなっているとかはわからなかったのだが、「先生が言っていたのはこういうことだったのか!」と思った。

早速、次の日のレッスンで

Cana
きのう友達と電話で話してたら発音がよくなったと言われたんです!
人生で初めて英語の発音をほめられました!!
ありがとうございます!!

と先生に報告したところ

先生
See? I told you!! (ほらね? 言ったでしょう!!)

とハイタッチで喜んでくれた。

それから少しずつ、私が英語で話しても、相手に一回で聞き取ってもらえる(!)ようになっていった。

わたしは元々あまり耳がよくないし、発音が得意だとは今でも思わないが、それでも数ヶ月後、「あなたは日本人の発音ぽくないから、日本人だとは思わなかった」と初めて会う人から言われるようにすらなっていたのだった。

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた理由

2018.08.04

 

英語の本当の基礎はこれ!日本語と違う英語の「文化」

2018.06.15

英語のスピーキング上達を実感!目からウロコの話しことば

2018.06.13

英語の文法わからない、が一瞬でクリアになった!学び方

2018.06.12

英語の単語を覚えるのが楽に!学校で習えない方法

2018.06.11

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng