英語に努力は必要?私は勉強が楽しくてたまらなかった

カナダのバンクーバー・サイエンスワールド

カナダのバンクーバー・サイエンスワールド

英語が話せるようになるには「地道にコツコツ、一生懸命に勉強(努力)するしか道はない」とよく言われるが、本当だろうか。

私はカナダでワーホリ留学中に、現地の人と時間を過ごす中で英語を上達させることができた。

それはひたすら「楽しいこと」だったから、努力したという気がしない。

そもそも、「地道にコツコツ、勉強するしか道はない」のだとしたら、日本では学校の授業で6年も英語を勉強するのに、それだけでは誰も英語が話せるようになっていないという事実をどう説明したらよいのだろうか?

努力が苦手だった自分

私は昔から努力というものがおよそできない子どもで、努力をして何かを成し遂げたという経験がなかったため、
自分に何ができるのかわからないし、どうせ何をしてもだめなんだろうと高校くらいまでは思っていた。

まずは何にでも挑戦して、自分が好きなこと、興味があることを見つけるべきだったと今になっては思うけれど、
人一倍他人の目を気にしていた当時の私には、どうしてもできなかった。

他人は自分のことなんてそこまで気にしていないし、
たとえ失敗したって、恥をかいたって、笑われたって、死にはしない。

また次のことに挑戦すればよいだけではないかとそんな風に少しずつ考え方が変わっていったのは
大学も卒業間近となったころに読んだ一冊の本のおかげで、
それから私は自分が何に興味があるのか、真剣に考えるようになった。

交換留学してみたいなと思ったのに、自分よりも周囲の声を優先して後悔した経験から学び、
まだ「海外に行ってみたい」という気持ちだけで、どこの国に行きたいかもまだわからないくらいであったが、
準備だけはしておこうと、就職すると同時に海外渡航のための貯金を始めた。

今度は、直前まで誰にも言わずにおこうと決めた。

カナダワーホリでは自分なりに「努力」したが・・

そこそこ貯金もでき、カナダでワーホリをすると決め、バンクーバーに到着した。

今思うと大きなミスだが、「何とかなるだろう」で英語が話せないままワーホリを始めた。

そしてダウンタウンにある語学学校(ESL)に通うようになった。

「英語が本気で話せるようになりたい。日本では努力しなかった分、ここでは頑張ろう(そのために大金も払ったことだし・・・)」
と思い、遅刻も無断欠席もせず、授業中寝ることもなく(!)、テストでも良い点を取り続けた。

(といっても現地の高校や大学などへの正規留学とは違い、語学学校はお金を払いさえすれば誰でも入学できるため、採点はめちゃくちゃ甘い。)

そして3ヶ月後。

自分が英語が話せているという感じがまるでしない。

普通の英語の勉強を止めたら、英語が話せるようになった

語学学校を卒業したら英語を使う仕事を現地でしたいと思っていたのだが、とてもそんなことができるとは思えない。

そんな時、知り合いから英語をマンツーマンレッスンで教えている先生がいると聞き、今度はそのレッスンを受けるようになった。

驚いたことにそのレッスンでは教科書もないし、ノートを取ることもなければ、宿題もなかった。

なぜなら英語が話せるようになるのに一番必要なのは「暗記」ではなく、「経験」だから。

補足

私がカナダでワーホリ中、マンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位(Applied Linguistic Science. Methodology of Teaching Foreigner Languagesと Psycho-Linguistics)を取得した英語学習の専門家で、大学で学んだことを基に「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

詳細は下記リンクを参照してほしい。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

「経験」には教科書もノートも、鉛筆さえもいらない。

そうやって英語を学ぶようになってから、私はそれまで1人もいなかったカナダ人の友達ができるようになり、
平日の毎日、学校とホームスティ先の往復だった私の行動範囲や生活は、大きく変わっていった。

「楽しい」からこそ英語は上達する

思えば、私はカナダで最初の3ヶ月間、教室にこもって英語を勉強していたが、自分が「英語を話せている」とは思えなかった。

でもその後、マンツーマンレッスンで暗記も教材も筆記用具も宿題もなしで英語を学び、レッスンはたしかに「ラク」ではなかったが、「つまらない」とか「退屈」と思ったことは一度もなく、毎回新しいことを学べるのが楽しみであった。

補足
レッスンは、毎回今までに習ったことがないことを学び、その場ですぐに使ってみるという内容であったため、今までに使ったことがない脳の部分を使う感じというか、レッスンが終わると「糖分がほしい・・」とよく思ったものだった。

そしてレッスンの中で習ったことをレッスンの外でも、カナダ人の友達やその紹介で知り合う人などと会話する中で使いまくった。

すると今度は3ヶ月が経つ頃には、現地の人とも楽しくおしゃべりしたり、初めて会う人から「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

私にとって、「教室の中で英語を勉強すること」は「しなければいけないこと(義務)」でしかなかった
「カナダ人の友達と一緒に時間を過ごすこと」は、義務でも何でもなく、自分が「楽しいからしていたこと」。

義務で英語を勉強するのは苦痛でしかなかったが、
自分の意思で英語を学び、ネイティブと会話しながら英語を伸ばしていくのはとても楽しいことなのだった。

どうせするなら「楽しい努力」の方がいい

「努力」というと、私はずっと辛くて苦しくて退屈なものだと思っていた。

英語が話せるようになるには、「地道にコツコツ、一生懸命勉強(暗記)するしか方法はない」。

もし本当に、それしか方法はないのであれば、それはたしかに、辛くて苦しくて退屈なことだろうと思う。

カナダに来てまで、日本でずっとしてきたことと同じこと(教室の中で英単語を覚えたり、文法書を読んだり)をするのではなく、
外に出てカナダ人の友達と時間を過ごして、自分とは違うバックグランドをもつ人たちの考え方や価値観を知ったり、振舞い方を身近で見て学ぶこと。(=文化)

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15

私にとってそれは、つらいことでも苦しいことでも退屈なことでもなく、
ただただ、「楽しいこと」であった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng