英語の勉強つまらない・辛い!が一気に楽しくなった勉強法

カナダのバンクーバー・サイエンスワールド

カナダのバンクーバー・サイエンスワールド

英語の勉強がつまらない、辛いと感じる人は多いと思う。

カナダで留学中、始めはそう感じていたがその後現地の人と時間を過ごす中で自然に英語を上達させることができた。

それはひたすら「楽しいこと」だったから努力したという感じもしない。

英語学習には地道な努力が必要と言われるが、では日本では学校で最低でも6年かけて英語を勉強するのに話せるようになってないという事実をどう説明したらよいのだろうか?

英語の勉強が辛い・つまらない理由

私は昔から「努力」というものがおよそできない子どもで、「何かを成し遂げた」と思ったことがなかった。

だから自分に何ができるのかわからないし、どうせ何をしてもだめなんだろうと、高校くらいまでは思っていた。

まずは何にでも挑戦して、自分が好きなこと、興味があることを見つけるべきだったと今になっては思うけれど、人一倍他人の目を気にしていた当時の私には、どうしてもできなかった。

他人は自分のことなんてそこまで気にしていないし、たとえ失敗したって、恥をかいたって、笑われたって、死にはしない。

また次のことに挑戦すればよいだけではないかとそんな風に少しずつ考え方が変わっていったのは大学も卒業間近となったころに読んだ一冊の本のおかげで、それから私は自分が何に興味があるのか、真剣に考えるようになった。

大学在学中には交換留学に行ってみたいなと思ったのに、自分よりも周囲の声を優先して後悔した経験から学び、まだ「海外に行ってみたい」という気持ちだけで、どこの国に行きたいかもまだわからないくらいであったが、準備だけはしておこうと、就職すると同時に海外渡航のための貯金を始めた。

今度は、直前まで誰にも言わずにおこうと決めた。

バンクーバーから船でBowen Islandへ

仕事を辞めてワーホリして知ったカナダ人の仕事に対する考え方

2019年3月28日
その時点で英語を勉強するにも、何をどうしたら良いのかわからず、日本の中学や高校でしてきたような、単語・文法・イディオムの暗記をくり返した。
カナダの青空

留学に持っていくべき英語の教材・参考書とは何か?

2018年8月14日
だけどそれではいくら勉強しても上達しているとは思えないためつまらない。でもやっぱり他にどうしたら良いかがわからなかった。
カナダの公園にあるトーテムポール

留学前に英語の単語力を上げる勉強とは?

2018年8月6日

カナダ留学では自分なりに「努力」したが・・

そこそこ貯金もでき、カナダでワーホリ留学をすると決め、バンクーバーに到着した。

今思うと大きなミスだが、「何とかなるだろう」で英語が話せないままワーホリ留学を始めた私は、すぐに後悔した。

バンクーバーでハイキング中に

英語全く話せない・できないまま語学留学するとどうなる?

2018年7月3日
当時どのくらい英語ができなかったかというと、空港で職員が何を言っているのかもわからず、危うくワーホリのビザをもらわずに外に出るところだったくらいのレベル。

「英語圏の国に住んでいるのに英語が話せない」とはどういうことなのか、そこで初めて痛感した私は、どうにかして英語が話せるようになりたいと思い、現地の語学学校(ESL)に通うことに決めた。

本気で英語が話せるようになりたい。

日本では努力しなかった分、ここでは頑張ろう(そのために大金も払ったのだし・・)!

と思い、それからの3ヶ月間は毎日、遅刻も無断欠席もせず、授業中寝ることもなく(!)、毎日予習・復習もして(!)テストでも良い点を取り続けた。

補足
とはいえ現地の高校や大学などへの留学とは違い、語学学校(ESL)はお金を払いさえすれば誰でも入学できるため、採点はかなり甘い。

そして学校の
「中」であれば、
留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。
カナダ ・バンクーバーから車で1時間のSquamish

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019年4月21日
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。
カナダ・バンクーバーの桟橋

日本人が英語苦手・嫌いな理由がカナダでわかった

2018年8月8日

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

カナダの冬景色

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018年8月7日
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。
カフェ写真

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで店員が冷たかった理由

2018年6月17日

普通の英語の勉強を止めたら、英語が話せるようになった

語学学校を卒業したら英語を使う仕事を現地でしたいと思っていたのだが、無償で働くボランティアでさえ英語力の不足のためにすぐに首になり、当時は英語を使って働くなど「夢のまた夢・・」という気がしていた。

夕どきのカナダプレイス

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった

2018年10月4日
補足
私も現地に着いて驚いたのだが、バンクーバーには日本食レストランや土産物屋など「日本語をメインに使う職場」がたくさんあった。そして、語学学校を卒業したクラスメートたちがそういった場所でたくさん働いていた。
バンクーバーの高層ビル群

カナダ・ワーホリで仕事できる英語力ってどれくらい?

2018年8月1日
カナダ・オーロラで有名なイエローナイフ

ワーホリ留学で英語力伸びない・上達しない5つの理由と解決策

2018年7月28日
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいる①グループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を②リスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「①+②+③=日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

バンクーバーのLooout(展望台)

何カ国ワーホリしても英語ができない人の特徴

2018年8月3日
カナダ・バンクーバーのランニングコースから見える風景

ワーホリ・留学で語学学校に行かない方がいい理由

2018年9月25日

3ヶ月こんなに勉強しても話せないとなると、いったい何をどうしたらいいのか?

と悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

驚いたことにそのレッスンでは教科書もないし、ノートを取ることもなければ、宿題もなかった。

なぜなら英語が話せるようになるのに一番必要なのは「暗記」ではなく、「経験」だから。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そのマンツーマンレッスンでは、語学学校の勉強とは違い、英語の「単語」や「文法」だけでなく
英語の「文化」をはじめ、
文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強法!は事前準備がキモ

2018年6月15日
発音」に、
カナダ留学で英語の発音矯正すべきか悩む→流暢と言われた方法

カナダ留学で英語の発音矯正すべきか悩む→流暢と言われた方法

2018年7月28日
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば
話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。
留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

留学中に英語のスピーキングが最短時間で上達した勉強方法!

2018年6月13日
[/asid
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

バンクーバーの夕暮れ

カナダワーホリ体験談!ネイティブに英語を褒められた理由

2018年8月3日
イエローナイフはオーロラの名所

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われた!勉強法

2018年8月4日
バンクーバーのSiwash Rock

語学留学で日本人が英語ペラペラになるには?海外で受けた反応

2018年7月20日
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ言語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため

  • 英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

  • ワーキングホリデーや留学の「サポート」

が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での「現地レッスン」、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018年7月14日
フィリピン・セブ島の夕日

フィリピン・セブ留学1ヶ月の効果は?3ヶ月は長すぎる理由

2019年10月13日

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日

楽しいからこそ英語は上達する

「経験」には教科書もノートも、鉛筆さえもいらない。

カナダ・バンクーバーのStanley park

留学でスピーキングが伸びないのはナゼ?理由がわかった

2018年8月30日

そうやって英語を学ぶようになってから、私はそれまで1人もいなかったカナダ人の友達ができるようになり、毎日学校とホームスティ先の往復だった私の行動範囲や生活が、大きく変わっていった。

4girls-green

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日
ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

ワーホリや留学が辛い・つまらないと言う人の共通点

2018年6月20日
カナダでは最初の3ヶ月間、教室にこもって英語を勉強していたが、自分が「英語を話せている」とは思えなかった。

でもその後、マンツーマンレッスンで暗記も教材も筆記用具も宿題もなしで英語を学び、そのレッスンはたしかに「ラク」ではなかったが、「つまらない」とか「退屈」と思ったことは一度もなく、毎回新しいことを学べるのが楽しみだった。

補足
レッスンは、毎回今までに習ったことがないことを学び、その場ですぐに使ってみるという内容だったので、今までに使ったことがない脳の部分を使う感じというか、レッスンが終わると「糖分がほしい・・」とよく思ったものだった。

そしてレッスンの中で習ったことをレッスンの「外」でも、カナダ人の友達やその紹介で知り合う人などと会話する中で使いまくった。

そうすることで

英語をガリガリ勉強
するのではなく、
海外で生活しながら自然に習得する
ことができた。

私にとって、

教室の中で英語を勉強すること
しなければならないこと(=義務)
でしかなかったが、
カナダ人の友達と一緒に時間を過ごすこと
は義務でもなんでもなく
自分が楽しいからこそしていたこと

義務で英語を勉強するのは苦痛でしかなかったけれど、自分の意思で英語を学び、ネイティブと会話しながら英語を伸ばしていくのは全く苦痛ではなかった。

カナダのバンクーバー

英語を話すのが怖い・苦手!が克服できた方法

2018年10月25日

しかも、「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

東京の風景

日本語と英語の文化の違いを東京で感じた話

2018年7月11日
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018年11月23日
カナダ・バンクーバーの朝

ワーホリは帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?

2018年12月30日

まとめ

英語で話すためには地道にコツコツ努力するしか道はない。

もし本当にそうするしか方法はないとしたら、それはたしかに辛くて、苦しくて、退屈なことだろうと思う。

カナダに来てまで、

日本式の英語学習(=教室の中で英単語を覚えたり文法書を読んだり)
をするのではなく、外に出てカナダ人の友達と時間を過ごして、自分とは違うバックグランドをもつ人たちの考え方や価値観や行動の仕方(=文化」を身近で見て学ぶこと。

私にとってそれは、つらいことでも苦しいことでも退屈なことでもなく、ただただ「楽しいこと」であり、カナダ留学によって「英語を習得できた」ことは自信にもつながった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly