英語の文法わからない..が一瞬でクリアになった!学び方


英語の文法は複雑でわからない、いくら勉強しても理解できないと思っていたが、カナダでワーホリ中に日本でしてきたような勉強とは異なる方法で文法を習うようになると「文法って実は簡単じゃん!」とびっくりした。

英語の文法を覚えられないのは、わざわざ長い説明を読んで暗記しようとしているからなのであって、本当は難しくなかった。

「文法=暗記するもの」という思い込みが消え、なんでこういう方法で学校でも教えてくれないんだろう・・そうすれば、あれだけの長い時間(中学と高校で少なくとも6年間)をかけて苦労しなくて済んだのに・・と、悲しくすらなった。

覚えても覚えても忘れる英語の文法

日本では基本的に、中学から高校までの最低6年間は英語を学ぶ。(今は小学校からだからもっと長い。)

ではどうやって文法を学ぶのかというと、品詞とか文型(SVOC)とか前置詞とか、色々あるけれど、「勉強の仕方」はとにかく、暗記

でも問題は、暗記した知識は使わないと覚えた先から忘れていくということ。

そもそも私がカナダのバンクーバーでワーホリをはじめ、学校に通って英語を勉強しているとき思ったのは、

はるばるカナダまで来ても、勉強の仕方は日本とおんなじ・・

ということだった。

だって、授業では必ず教科書が用意されていて、教師が読み上げたりCDを使う聞き取りをして、出てきた単語をおぼえたり、文法の問題を解いたりする。 

1つだけ日本と違っていたのは、 カナダの語学学校では教師が英語のネイティブスピーカー(学校によってはネイティブではないことすらある)で、授業がすべて英語で進む、ということくらい。

でもとくに文法なんて日本の学校で、日本語で説明されてもよくわからなかったのに、英語で説明されてもさらにわからなくなった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

英語の文法が初めて「わかりやすい!」と思った

カナダのバンクーバーで最初の3ヶ月英語を勉強したものの、英語を話せているという気がせず、その後マンツーマンレッスンで英語を習い始めて知ったのは、実は英語の文法って、数学の公式のようなものだった。

文法のレッスンの日。

先生
さて今日はお待ちかねの文法のレッスンをします!
Cana
はあ・・文法・・。
これまで文法は結構勉強してきたつもりなんですけどねぇ
先生
このレッスンでは文法も暗記しないですよ。
教材も使わないし、授業中ノートをとるのも禁止しています。
きっと文法に対する今までの考え方が180度変わると思います!
Cana
あ〜、体験レッスンでもそう言ってましたね!

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27
けどそうは言われても、暗記せずに勉強するなんてどうやって??という感じです
先生
Ok!それはそうですよね。
では始めましょう!
まず、この5つの文章の意味の違いを教えてくれますか?
と、先生が手書きした、一枚の紙を指さしながら聞かれた。↓

問題
1)I study English.
2)I am studying English.
3)I am always studying English.

4)I am going to study English tomorrow.
5)I will study English tomorrow.

Cana
えーと・・?
この5つの意味はほぼ同じなのでは?
すべて「勉強する」ということはないのでしょうか??

と答えたところ、笑顔で
https://mywh-blog.com/english-grammar/?preview=true

先生
5つの意味はそれぞれ全然別ですよ!
と言われてしまう。

しばらく考えたのだが、

・・「英語を勉強する」っていう意味ではない? 
あ、tomorrowが入っている3つは「未来」のことを言っている?
ということは3つの文章の意味は「予定」??
でもそれぞれの文章の意味は全部違うって言われたしなあ・・

結局、私はこの5つの文章の意味の違いを答えられなかった。

日本で6年以上も文法を勉強し、そしてカナダでも3ヶ月間文法のクラスを取ってせっせと勉強したにも関わらず・・。

ところが先生の説明を聞くと、英語の文法は『動詞の形(「原型」・「be + 〜ing型」など)』や 『時制(時を表す言葉)』や『副詞』が入るかどうかなどによってパズルのように意味が決まるということがすんなり理解できた。

それはちょうど、「1+1」の答えは「2」であって、絶対に「3」にも「4」にもならないと決まっている、数学の公式と同じようなものだった。

文法は「1ワード」で表せる

先生
では正解を言いますね!
たとえばこの3つ目の「I am always studying English.」の意味は「Complaint(不満)」です。

この文章の意味は、この1ワード(1単語)のみで、ほかに意味はありません。

理由は、「be + 〜ing(している)」に加え、always(いつも)という副詞が入っているから、です。

つまり「I am always studying English. 」は、「私はいつも英語を勉強している」という「不満(文句)」を言っているのです

Cana
えええ〜!?
そんなこと初めて知ったのですが!
先生
ははは。
英語の文法に対する考え方が変わりましたか?

私はそれまで「always」は単に強調のために入っているのであって、あってもなくてもどちらでも良いのでは、ぐらいに思っていた。

それに不満なんてものは、表情や言い方(声のテンション)などから推測するものだと思っていた。

でも確かに考えてみれば、日本語でも「いつも〜をしている」は、不満や文句を言う時の言い方である・・。

「be + 〜ing + always」=不満。

「be + 〜ing + always=不満」、これを習ってからは

He is always playing that video game. (彼はいつもそのゲームをプレイしている)
も、
My girlfriend is always working till late. (僕のガールフレンドはいつも遅くまで働いている)
も、

どちらも文の途中(always + ~ing)まで読んだり聞けば意味がわかるようになったし、文章を書くときも迷わなくなった。

先生
「I am always studying English」という文章の単語数は「5つ」ですが、この文章自体の意味は「Complaint」の「1つ」のみ。

つまり、1単語で説明終了!です。

もちろん残りの4つの文章も「 Complaint(不満)」と同じように、「1単語」または「2単語」ですべて説明できますよ。 

このレッスンでは、こうやってその文章に含まれる単語数よりも少ない単語数で、意味を説明します。

だからわかりやすいのです

Cana
・・・!(驚きが言葉にならない)
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

文法がわからないのは複雑で長い説明を暗記するから

3ヶ月受けたマンツーマンレッスンの中で、私が文法を習った期間は合計しても全部で2〜3週間くらいだったと思うのだが、以降は文法のことなど考えずに英語が話せるようになった。

それまでは英語の文法なんて、複雑で覚えなくてはいけないことばかりで、難しい・・!と思っていた。

それまで私がしていた英語の勉強では、1つの文章があったら、その文章に使われている単語数の何倍・何十倍もの単語を使って、なが〜い説明を受けていた。

日本語で説明されてもよくわからないのに、カナダの語学学校(ESL)では今度は英語で説明されて、ますます混乱した。

でもレッスンで学ぶ文法は、基本的に、その文章に使われている単語数よりも短い単語数で意味が100%理解できる。

だからそれまでいくら勉強してもよくわからなかった「Can」と「Be able to」の違いや、「Must」と「Have to」の違い「Had+過去分詞形」 はどういう時に使ったらよいのかなども、一瞬でわかるようになった。

レッスンで英語の文法を学び、説明の短さにも驚いた(繰り返しになるが、学校でもこんな風に文法を教えてくれたらいいのに・・)が、もっと驚いたのは、短いから暗記するまでもなく、時間がたっても忘れないということだった。

英語で会話するための文法をマスターする方法

2018.09.04

時間がたっても忘れずTOEIC970点

だからこそワーホリから帰国後、しばらく時間がたってから受けたTOEICも、とくに勉強しなかった(というか仕事が忙しくて勉強する時間などなかった)のにほぼ満点の970点が取れたのだと思う。

TOEICスコア

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng