英語初心者でもワーホリで英語を習得できた!まず学ぶべき基本

英語を話すために学ぶべきこと1.文化
英語初心者がワーホリして話せるようになるのか?

自分がカナダに行く前「ワーホリで英語話せるようになった」という人を見つけることができず不安だった。

でも実際行って英語の文化から学んだら1年のワーホリでも上級者のレベルになれたし帰国後TOEICも970点だった。

ワーホリする英語初心者がまず学ぶべきこと

普通は英語の「基礎」というと「単語や文法」を連想すると思う。

私も以前はそう思っていたが、いくら単語や文法を勉強しても英語は話せなかった。

というか日本では中学高校の最低6年間は英語を勉強(単語や文法を暗記)するが、それで英語が話せるようになる人など一人もいない。

留学に必要な英語の単語力とは何か?

2018.08.06

日本ではいくら英語を勉強しても話せているという感覚がなく、「海外で生活すれば英語は話せるようになるはず・・」という淡い期待を持って、カナダでワーホリを始め、語学学校(ESL)に3ヶ月通うことになった。

そして毎日朝から夕方まで「単語や文法」を勉強したけど、やっぱり「自分が英語を話せている」とは、思えなかった。

補足
どれくらい話せなかったかというと、ワーホリでカナダのバンクーバー空港(YVR)に着いた時、職員が何を言っているのかわからず、ワーホリのビザをもらわずに空港の外に出るところだったレベルで、カナダで3ヶ月経っても相変わらずネイティブとは会話が続かなかった。

カナダのカフェでコーヒーを買う度冷たくあしらわれていた理由

2018.06.17

悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通っても、勉強の内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
10~15人いるクラスメートと一緒に、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

英語の文化とは何か

先生
さて、今日のレッスンでは文化について教えます。
Cana
はい!
でも文化って、何なんでしょう・・?
日本の学校で習ったこともなければ、カナダの語学学校でも、文化なんて一度も習ったことないですし、いまいちピンとこないです
先生
文化(culture/カルチャー)というのは、ある特定の集団における人々の考え方や価値観、行動の仕方、習慣やライフスタイル、そして人と人との関係性のことです。

これを知らずに英語の単語や文法だけ勉強しても、「母国語の文化」と「英語の単語や文法」が混ざった、チグハグな英語を話すことになってしまいます。

Cana
なるほど・・
でも文化って、こうやってレッスンで教わることができるものなんですか?
先生
Of course! (もちろん!)
自分の母国語ではない言語の文化をどうやって理解するか。
それを私のレッスンでは教えています
Cana
ふむふむ・・
あんまりイメージがつかないですが、とにかく楽しみです!
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたカナダのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

ワーホリで英語の「文化」を学んだ

先生
まず日本(日本語)の文化とカナダ(英語)の文化の大きな違いのひとつは、日本語では「礼儀正しいこと」が重要ですが、カナダでは「フレンドリー」であることの方が重要ということです

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04
Cana
ふむ・・?
先生
たとえば挨拶のときにおじぎをしたり、「ありがとう」の代わりに「すみません」と言ったり、相手の年齢や立場に合わせて言葉づかいを細かく変える(敬語)のは、とても日本的な文化です
Cana
言われてみれば・・。
カナダでは挨拶しながらおじぎではなくて握手やハグをしますし、「Thank you」と言うべき場面で「Sorry」と言ってるネイティブも見たことないですね・・
先生
それに英語では日本語のように、相手の年齢や立場によって、語尾を「です」「ます」に変えて話したりもしないですよ。

そもそも英語では、相手が学校の先生だって、職場の上司だって、ファーストネームで呼びすてできるんですから!

そんなこと日本語ではできないと思いませんか?

Cana
たしかに・・!
先生
大事なのは、文化には違いがあるということなんです。

どちらの文化が良いとか悪いとか、優れているとか劣っているとかいう話ではなくて、その文化の違いを理解することが重要なんです
Cana
う〜ん・・。今までそんな風に考えたことなかったですね・・

「英語の文化」は学校で習えない

こんな風にあいさつひとつとっても、日本語と英語には「文化」の違いがあるが、それを学校の授業で教わることは( まれにあったとしても小ネタ程度に触れられる程度で、体系的に教わることは )ない

「言語」と「文化」は切っても切り離せない関係にあり、ある「言語」を学ぶ時にはその「文化」も合わせて学ぶ必要があるのだが、フツウの英語学習では見落とされているのが現状である。

というのも、誰もがこどもから大人に成長する過程で、周囲の人々の行動や考え方に影響を受けながら、ほとんど意識をすることもなく受け入れてきたものが、今の自分の「母国語の文化」となっている。

そして「母国語の文化」の習得はまだ赤ちゃんだった頃から無意識に、自然にしてきたからこそ、「自分が母国語の文化をどうやって習得したか」ということは大人になる頃には忘れてしまっている

子ども

子どもは遊びながら文化も学んでいる

子どもの頃に日本語を習得した方法

たとえば日本で日本人の両親の元に生まれ育った私は、気づいた時には周囲の人たち(日本人)と同じ言語を話し、自分では気がつかぬままに、周りにいる人たちと同じような価値観や考え方や、行動の仕方(=文化)をするようになっていた。

自分では意識することもなく、いつの間にか「日本語の文化」を習得していた。

逆にいえば、そうやって子どもだったころから時間をかけて自然に、無意識に「日本語の文化」を習得することができたからこそ、「日本語が自分の母国語になっている」とも言える。

何の言語であれ、その言語を母国語とする(ネイティブスーカーになる)ためには、その言語が使われている環境で育つ必要がある。

だから日本で生まれ育った私たちが英語のネイティブスピーカーになることは不可能だが、同様に、英語圏の国で生まれ育った人が日本語のネイティブになることも絶対にできないということだった。

ワーホリでネイティブに近い英語力がついた!英語レベルの解説も

2018.08.09

大人はもっと短期間で英語(外国語)を習得できる

日本で生まれ育った私たちが、今から英語のネイティブスピーカーになることはどうやってもできないが、ネイティブに近い英語を話すようになることは、難しくない。

もう子どもではなく、大人になった私たちが英語(母国語ではない言語)を学ぶときには、今度は無意識にではなく、意識的に「英語の文化」を学べば良い。

そうすることが「ネイティブみたいな英語」に近づく一番の近道ということを、私はカナダで学んだ。

英語初心者がワーホリをスムーズにスタートするには

カナダのバンクーバーでワーホリを始めたばかりの頃、語学学校(ESL)に通って日本でしてきたのと同じ勉強の仕方(単語や文法をひたすら暗記)をしていた私は、自分では「英語をしゃべろうという努力」はしていたものの、行動や考え方(文化)は完璧に「日本人」のままだった。

たとえば 「Hello!」と口では英語を言いながらおじぎをしたり、「Thank you」(ありがとう)と言うべき場面で 「Sorry」(すみません)と言ったり。

英語できないままワーホリ留学しても何とかなる、は甘い!

2018.07.03

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07
注意
「(私のような者のために)すみません=ありがとうございます」という日本の文化に特徴的な「謙遜」を英語に直訳してしゃべっても、文化が違うために卑屈に聞こえたり、場合によっては誤解を招くこともある。
(Sorryと謝ったということは何か悪いことをしたのではないか?と思われるなど)

まとめ

TOEICスコア
英語圏の国であるカナダで、日本語を英語に直訳しただけの英語で話し、 かつ日本的な振る舞い(=日本語の文化)を押し通していたころの私は、現地の人たちから笑われることもあったし、「英語を理解してもらえない・・」と嘆いていた。

英語が全くできないのにワーホリ行って大丈夫?事前準備は必須

2018.07.28

ワーホリでよくある悩みトップは「英語が話せない!」

2018.10.31

が、今考えると、「英語圏の国」であるカナダで「日本語の文化」を押し通す、チグハグな英語の私を現地の人が理解できないのは当たり前だった。

カナダのバンクーバーでワーホリを始め、「日本式の英語の勉強(単語や文法やイディオムだけをひたすら暗記して、文化はスルー)」を続けていた私は、3ヶ月たっても自分が英語を話せているという気がせず、知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで「英語の文化」を学ぶようになった。

それからは英語に自信がついていくのはもちろん、以前よりも現地の人たちと話がはずんだり、「英語が自然」と言われるようになっていった。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた勉強法

2018.08.04

カナダで「日本人です」と言うと驚かれた理由

2018.07.20

そして、自分が英語を話す時にいつも『何か』が足りない気がする・・と感じていた理由が、やっとわかった。

気づけばいつの間にか、人から「英語上級者だね!」と言われるレベルになっており、帰国後受けたTOEICもほぼ満点の970点が取れていた。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng