英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと
英語での会話に慣れていない英語初心者だった頃、私はまずとにかく単語や文法を覚えようとしていた。

でもそれは遠回りだったと、カナダで英語を3ヶ月学んで話せるようになってから思った。

単語や文法をずっと勉強しているのに「日本人は中学〜大学の10年英語を勉強しても英語が話せない」とよく言われる。

それは裏を返せば、日本人はずっと単語や文法ばかりを暗記しているからこそ話せないと言える。

英語初心者が会話するために学ぶべきは「英語の文化」

「文化」とは、ある特定の集団における人々の考え方や価値観、習慣、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

日本の学校の英語の授業では全くといっていいほど触れられないが、「日本語の文化」と「英語の文化」には、違いがある。

だからこれから英語を習得したいと思っている人は、まず英語の文化を学ぶことがとても重要になる。

私はカナダにワーホリ留学するまで、まるで英語が話せなかった。

補足
どれくらいの英語力だったかというと、大学の友達とヨーロッパに旅行した時「イズ ディス これ?!(=コレはこれですか?!)」と言って友達を爆笑させたレベル。

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

現地では初め語学学校(ESL)に3ヶ月通って英語を勉強したものの、そこでの授業内容は、日本とほぼ変わらない。

10~15人いるクラスメイトと一緒に先生の講義に耳を傾け、あとは単語や文法やイディオムを暗記していた。

そのため3ヶ月経っても「英語が話せている」と思えず、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

そこで英語の文化から体系的に学ぶようになり、それから3ヶ月たつ頃には英語で現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03
注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02

日本語では「礼儀正しさ」、英語では「フレンドリーさ」が重要

まず大きな違いの一つが、日本の文化では Polite(礼儀正しくあること)が重要だが、英語(カナダ)の文化では Friendly(フレンドリーであること)の方が重要ということ。

日本では、相手の年齢や立場によって、言葉づかいを細かく変える(敬語)。そして特に自分より立場が上の人や、年上の人の名前を呼び捨てにしたりすることは、日本の文化では難しい。

一方、カナダの英語の文化では、年上や立場が上の人を問答無用に敬うという文化はない。

上司をファーストネームで呼ぶこともできるくらいだ。

言語の構造も違うため、例えば日本語だと、丁寧な言葉づかいをしようとすればするほど、語尾が長くなる。

おはよう(4文字)

おはようございます(9文字)
します(3文字)

いたします(5文字)

させていただきます(9文字)
 

でも英語では、文字数が多ければそのぶん丁寧になるというわけではないし、丁寧な言葉づかいをするために語尾が変わるということもない。

接客の仕方から見る「文化の違い」

カナダで店員からよく聞く挨拶

例えばカナダで客が店に入ってきたとき、店員がよく言っているのは「Hi!」や「Hello!」、そして

Hi there!

だった。

私はこの言葉をカナダでワーホリするまでは一度も聞いたことがなかった。

だから最初の頃は「これはいらっしゃいませっていう意味なのかな?」と思っていた。

が、ネイティブの友達ができるようになってわかったのだが、これ、友達同士での挨拶でも普通に使われている。

どうやら「Hi」や「Hello」よりも、よりくだけた感覚で使えるようだと気づいた。

そう。カナダではお客さんにも友達に対するのと同じ言葉づかいで挨拶をするのだ。

日本だったら「いらっしゃいませ」は必須だし、少し高級な店に行くとおじぎがつくときも。

一方、カナダではどんなに高級な店でもおじぎは見たことがない。

他、接客で使われる挨拶

またバンクーバーのダウンタウンにあるデニムショップに行った時には、私が店に入った瞬間、デニムのポケットに両手を突っ込んだまま(もちろん腕にはタトゥー)の店員から

Heeeeey, what’s up?

と挨拶された。

「What’s up?」は短いから失礼というわけでは、ない。さらにこれはスラングだと思っている人もよくいるけれど、男女問わず年配の人でも使っているのを聞く言葉だし、フレンドリーな文化の中では、お客さんに対してすら使える言葉なのだった。

またダウンタウンのショッピングセンター内にあるカジュアル系ファッションショップの店員は来店客に

Hey, how’s it going?

と挨拶しているのをよく聞いた。

補足
日本では教科書で習う「Hello, how are you?」という挨拶しか知らなかった私には、はじめ彼らがなんと言っているのかもわからず、これが英語圏の国で実際に使われる、リアルな英語なのだと気づくまでに数ヶ月かかった・・。

英語全くできない初心者でワーホリは大丈夫?準備は必須!

2018.07.28

服装もカジュアルでフレンドリー!

他に「ああ、日本とは違う文化だなぁ」と思ったのは、ハロウィンのシーズン中にナイトバス(夜間走るバス)に乗ったら、バスの運転手の女性が電池式のピカピカ光るガイコツのイヤリングをつけて勤務していたこと。

思わず

Cana
Wow, so cool!(わぁ、めっちゃかっこいい!)
と声をかけたら

Thanks!(ありがとう)

と笑顔で返してくれた。

席に座ってから、一緒にいた日本人の友達と

あんなイヤリングつけてバスの運転は、日本じゃ絶対アリエナイよねぇ!?

と話した。

日本だと、とくに制服があるような仕事では、派手なアクセサリーはなかなかできないが、カナダではOKなのだった。

補足
ちなみにカナダではこんな風に知らない人同士であっても「その〇〇いいね!」と話かけたり、話かけられたりすることが普通によくある。

バンクーバーで留学する人に知ってもらいたい文化の違い

2018.07.19

カナダにいる日本人は「ガイジン」であることに気づいた時

2018.07.18

バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018.08.25

またカナダでワーホリ中、アメリカに旅行したときには、航空のチェックインカウンターで頭頂部に造花をつけた男性のスタッフが対応をしており(その時はハロウィンのシーズンでも何でもなかった)、思わず写真を撮ろうかと思ったが、それもなんか失礼かな、と思い撮らなかった。

補足
今思えば、失礼どころか、むしろ喜ばれたような気がする!シンプルに、撮っても良いか聞いてみればよかった。

その時も

日本の空港で頭頂部に造花をつけてお客さんの対応なんて、日本ではまずアリエナイな~

と思った。

日本でもし、公共交通機関の企業の社員が同じことをしていたら、ものすごい非難を受ける気がする。

「不真面目だ」、「安心感を損ねる」、「何を考えているのか」、などと言われることだろう。

同様のことは、カナダワーホリから帰国後に行ったニュージーランドでも感じた。

ニュージーランド人の国民性・性格を旅行中に感じた話

2018.08.21

初心者が「英語の文化」を学ぶメリット

たとえば、

Hi there!

Heeeeey, what’s up?

Hey, how’s it going?

も、日本人が言ったって何も問題はないのだが、

日本語ではこんな風に言わないから・・ 

と思ってしまって言えない人が、現実には多い。

そういう私もカナダで生活していて、「YOU GUYS」や「GUYS」 (カタカナで書くと「ガイズ」)という2人以上の人に呼びかける時に使う言葉をネイティブが頻繁に使っている、ということは知っていた。

知ってはいたが、現地のマンツーマン英語レッスンで習うまで、「自分でも使ってみよう!」とは思ったことがなかった。

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICだけじゃない!

2018.08.01

でも知ったなら、どんどん使ってみると良い。

私の場合、ネイティブが言うような「自然な英語」を学び、自分も使うようにすると、ネイティブとも仲良くなるのが早くなったのを感じた。

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

まとめ
英語の「文化」を学ぶと、ネイティブがなぜこんな話し方をするのか、なぜこんな行動をするかが理解できるようになる。

そして理解ができると、自分でも同じようにすることができるようになる。

ネイティブが話すような自然な英語を話すことができ、ネイティブがするような自然な振る舞いを自分もすることができるようになる。

こういったことは、教科書や問題集を使って単語や文法をただ暗記していても、絶対に学べない。

もちろん「ネイティブが言っているから」、「ネイティブがしているから」と言って、すべてその通りにしないといけないわけではない。

しかしカナダのバンクーバーでワーホリ中にマンツーマンの英語レッスンを受け、そこでネイティブが話す言葉づかいやネイティブふるまい方を学び、私はそれらを自分の中にもできるだけ取り入れるようにした。

「オープンマインド」の意味とは?実は英語習得のポイントだった

2018.09.24

すると3ヶ月たつ頃には英語で現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようにもなっていた。

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng