ワーホリが楽しいと言う人とそうじゃない人の違い

デニムパンツのカナダ人
カナダでワーホリ中、日本人の友達と話していたら「毎日楽しい」という人と「楽しくない」という人がいた。

「きっと海外に行ったら英語ベラペラになって、外国人の友達たくさんできて、毎日楽しい!」というキラキラな生活をイメージしている人にまず知ってもらいたい、ワーホリメーカーのリアルな声。

最初は誰でも「楽しい」ワーホリ

ある日知り合ったばかりの日本人の友達と話していたら「カナダに来て2ヶ月くらい」だと言うので、

Cana
ここでの生活はどう?
と聞いたところ、

最初は楽しかったけど、今はあんまり。英語を勉強するために学校に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・

と言う。

私は

ん? 学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにならないのではなくて、逆に、学校に行ってるからこそカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにないのでは?

と思った。

学校の英語の勉強は…「飽きる」

友達は

学校はもう飽きた。あそこにあと4ヶ月も通わなきゃいけないなんて。日本で申し込んでくるんじゃなかった・・

としきりにため息をついていた。

カナダで語学学校(ESL)に6ヶ月通う契約をまだ日本にいる間に結んできたとのことで、「最初は毎日が新鮮ですごく楽しかった」らしいのだが、通い始めて1ヶ月も経たないうちに「飽きた」のだと言う。

彼女がそう言う気持ちもわかる。

なぜなら私も同じようにカナダで語学学校に通っていたことがあるから。

カナダで経験した語学学校の授業
  • 先生1人に対し10人以上の生徒がいる集団授業で、
  • 大半の時間は教科書を使って単語や文法やイディオムを暗記し、
  • あとは先生の話を聞く。

日本と違うのは、先生がネイティブで、授業が全て英語で進むことくらい。

日本で中学高校の6年間ずっとやってきた英語の勉強を、今度は場所だけ変えてくり返しても、英語が話せるようにはならないのだった。

ワーホリがつまらないと言う人の共通点

2018.06.20
語学学校の教室イメージ

語学学校の教室イメージ

ネイティブの友達はできない

(自分もそうだったけれど)ワーホリや留学をする前の人の多くは、「海外の語学学校で英語を勉強すれば、英語が話せるようになるし、現地の友達もたくさんできるようになるはず」と考えがち。

でも冷静に考えてみれば当然のことながら、現地の人は現地の高校や大学に通っているのだから、語学学校で英語を勉強するネイティブはいない。

だから海外で語学学校に通っても、そこで知り合うのは自分と同じ留学生に限られる。

補足
私が通っていた語学学校は、生徒の90%が日本人か韓国人だったから、仲良くなる人も必然的に日本人か韓国人だった。
そして他の学校に通う友達からも同様の話はよく聞いた。

ワーホリを始めても、学校に通っていた頃は毎日が学校と家との往復。休日も留学生の友達と一緒に過ごすか図書館などに行って英語の勉強という生活だったから、カナダ人と出会い、話をする機会などそうそうなかった。

注意
例えカナダ人と出会う機会があったとしても会話が続かないし、まれに「友達になれそうかな?」と思うことがあっても、しばらくすると相手の本当の目的がわかってしまうのだった。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

語学学校に通う人は留学生だけなので、学校に通って留学生の友達しかできないのは、当然だった。

バンクーバーはアジア人が多い、は事実

「カナダ人の友達ができない」と嘆いていたこの友達の他にも、私が語学学校で知り合った友達の中には、

バンクーバーはアジア人が多いのでトロントに行こうと考えている

と言って、本当に引っ越して行ってしまった人がいた。

彼は

バンクーバーはどうしてもアジア人(留学生)だけで群れることになってしまって本物の英語に触れられない。
英語を使う機会がない。

と言っていた。

たしかにバンクーバーは、トロントに比べてアジアから距離的に近いこともあり、アジア人が多く住んでいる。

カナダは白人の国だというイメージがあった私は、ワーホリでバンクーバーに初めて来て驚いたものだった。

バンクーバーのダウンタウンには語学学校もたくさんあるから(聞くところでは100校以上?)、ちょっと歩くだけで日本語や韓国語があちこちから聞こえてきた。

しかし、である

バンクーバーにアジア人が多くいるからといって、「アジア人はアジア人の留学生同士でいつも一緒にいなければならない」なんて決まりはない。

つまりアジア人留学生といつも一緒にいるという行動を選択しているのは、自分自身。

また「バンクーバーにアジア人が多く住んでいること」と「英語の上達」とに、関係はあまりないと私は思う。

彼は語学学校でアジア人と友達になり、そこでできた友達とばかりずっと一緒にいたから「バンクーバーにいても本物の英語に触れる機会も英語を使う機会もなかった」のであって、同じ事をし続ける限り、トロントに行こうがアメリカに行こうがイギリスに行こうがオーストラリアに行こうが、同じ結果になったと思う。

バンクーバーは日本人が多すぎて英語伸びない…わけじゃない

2018.06.09

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03
注意
「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

カナダにいても「日本か韓国にいるみたい」

前述した通り、私が通っていた語学学校は日本人と韓国人が大半だったから、とくに休み時間はしょっちゅう日本語や韓国語が飛び交っていたものだった。

その学校ではいちおう表向きはEnglish Only Policy(英語以外で話すのは禁止)のルールがあったけれど、先生もスタッフも結構見て見ぬふりをしていたし、

日本人/韓国人同士なのに、英語で話すとか気持ち悪い

と言う人なんかもいた。

補足
私はそんなの全然平気だったし、だいたいそういうことを言う人に限ってあまり英語が上手ではなかった・・。

なのでそんな教室の中にいると、

私はカナダにいるはずなのに、まるで日本か韓国にいるみたい・・・

と思うことがよくあった。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

ワーホリに学校は必要?実際に行ってみて思ったこと

2018.06.22

学校の外で出会う人は多様なバックグランドを持つ

カナダで語学学校に通っていた間、私にはカナダ人の友達が1人もいなかった。

というか、カナダ人に限らず、当時は日本人と韓国人の友達しかいなかった。

そして学校には3ヶ月通ったが、卒業する頃になっても「自分が英語を話せている」とは思えず悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

そのレッスンで、学校で習うような「単語や文法の暗記」や「教科書通りの英語の話し方」ではなく、
英語の文化や、

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
を学び実践するようにしたら、語学学校では絶対出会わないようなバックグラウンドをもつ人たちと知り合う機会が急速に増えていった。

それにつれて行動範囲も広がり、

学校はなんて狭い世界だったんだろう・・

と思った。

カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!

2018.11.27

カナダ人の性格は優柔不断!?日本との共通点も

2018.08.16

楽しいワーホリをするために

語学学校は、(日本で中学高校の6年間ずっとしてきたような)単語や文法の暗記を学べる場所ではあるけれど、英語の文化や、ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学べる場所ではなかった。

もし日本で中学高校の6年間英語を勉強してきて、それで英語が話せるようになっておらず、その勉強が「楽しかった」ともとくに思えないのだとしたら、海外でまた同じ勉強の仕方をくり返すと・・・

ほぼほぼこうなる↓

海外でも日本でしてきたような英語の勉強をくり返す

英語が伸びない

現地の友達ができないし、日本語をメインに使う仕事をするしかない

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICじゃない

2018.08.01

海外でも日本の生活と変わらないから「つまらない」。

せっかく海外に行くなら、日本でしてきた英語の勉強とは違う方法で勉強をしたほうが「ワーホリが楽しい」ものになる可能性はずっと高まると、私は思う。

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng