ニュージーランド人の国民性・性格を旅行中に感じた話

ニュージーランドのテカポ湖

ニュージーランドのテカポ湖

ニュージランド人の国民性、性格(人柄)が垣間見える出来事に南島を旅行中遭遇した。

それは日本語と英語の「文化(考え方や価値観)」の違いを感じるものだった。

ニュージーランドの性格・国民性は?基本情報

まずニュージーランドと日本の面積と人口を比べてみたい。

全体の国土面積は日本の半分ぐらいであるのに対し、人口は約500万人。

ちなみに日本の人口は約1億2700万人で、500万人というとだいたい福岡県一県の人口と同じくらいと言える。

私はニュージーランドを1週間ひとり旅したのだが、途中ニュージーランド出身の女性と話していたら、

ここは人よりも羊の方が多い国なのよ!

と言って笑っていた通り、本当にいたるところ羊がいた。

そしてそんなニュージーランドののどかさや自然の雄大さが、私はけっこう気に入った。

バスの静寂を破った運転手さんのリコン話

さてその日私はニュージーランドの南島にある、星が美しいことで有名なテカポからクライストチャーチへ、長距離バスで移動をしていた。

補足
ニュージーランドには北島と南島の2つの大きな島があるのだが、人口の多い日本とはちがって電車はごく一部の都市にしかない。そのため主な交通手段はバスやレンタカー、飛行機になっている。(私が旅行したのは2017年。)

雨がしとしと降る肌寒い日で、暖房がきいたバスの中、私は本を読みながらうつらうつらしていた。

他の乗客も同じような感じで、しゃべっている人もほとんどいない。

と、静寂を破って突然、バスの運転手さんが

Anybody’s up!?
(だれか起きてる!?)

This town is called ~~.
(ここは~~という町だよ)

私の ex-wife(離婚した妻)が住んでる町だよ!

としゃべり始めた。

一瞬でみんな笑い出し、私も笑いながら、

あー、日本とは違う「文化」だなぁ~

と思った。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のこと。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた!事前にすべき準備とは?

2018年6月15日

日本では「タブー」な話も海外では「ジョーク」

たとえば日本で長距離バスに乗っていたとする。

そのとき運転手さんが運転しながら話をしてくれることは、そこまで珍しくないと思う。

でもそれは「観光情報」や、「歴史の話」や、「天気の話」であって「運転手さん自身のプライベートな話」ではない。

日本の公共交通機関の運転手さんが仕事中、乗客に向かって

みなさん、今このバスが走っている町には自分の離婚した妻が住んでるんですよ!

なんて個人的なこと、まず絶対に言わないと思う。

私はこれが、日本とニュージーランド、日本語と英語の「文化の違い」だと感じた。

日本では他人に対して礼儀正しく接することが重要なので、(とくに仕事中や初対面では)あまり自分のことをオープンに話さないのが「普通」。

一方、ニュージーランドの英語の「文化」では、他人に対してフレンドリーに接することが重要なので、初対面や仕事中でもこんな風にオープンに自分のことを話してOK。(もちろん時と場合にもよるが。)

そういうことを私はカナダでワーホリ中にマンツーマンの英語レッスンで習ったのだが、「礼儀正しさ」よりも「フレンドリーさ」が重視されるのは、カナダでも同じだった。

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018年11月27日
カナダ・バンフのMoraine Lake

カナダの文化と英語上達の関係!は意外と知られてない

2018年7月4日
さらに言えば・・
日本で同じことを運転手さんが言ったとして、みんな笑うだろうか?
逆に「しーん・・」となりそうである。

これは日本では「離婚=悪いこと」というイメージが強く、かつ離婚したということは本人に何か問題があったと考える傾向が強いからなのだと思う。

でもニュージーランドでは、離婚がこんな風に笑いになってしまうのだった。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

レッスンの一環で行った、アメリカ英語冒険旅行

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018年7月30日
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため

  • 英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

  • ワーキングホリデーや留学の「サポート」

が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での「現地レッスン」、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

Kさんカナダワーホリ終了、帰国直前に先生と

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018年7月14日
フィリピン・セブ島の夕日

フィリピン・セブ留学1ヶ月の効果は?3ヶ月は長すぎる理由

2019年10月13日

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018年8月11日
カナダのスカイトレイン

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018年11月5日

まとめ

文化(人々の考え方や価値観)が違うと、同じできごとに対して「正反対の解釈」がなされるということは、よくある。

私はそれをカナダのバンクーバーでワーホリ中に何度も経験したし、

ホームパーティ

カナダでパーティーに呼ばれて感じた文化の違い

2018年8月5日
ワーホリを終えて日本に帰国してからも経験し続けている。
東京の風景

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018年7月11日
学校で英語の「単語」や「文法」を教わることはできても、英語の「文化」を学ぶことはできない。

日本の学校の英語の授業や、英会話スクールや、塾、それに海外の語学学校でも見過ごされているけれど、外国語を学ぶ時には、その言語の背景にある「文化」を理解することが実はとても重要なのだった。

カナダのJoffre湖

英語全くできない&話せない初心者でワーホリして大丈夫?

2018年7月28日
そして一度これを学ぶと、日本に帰国してからもいろんな場面で日本と海外の「文化」の違いが感じられて、
オーストラリアのセブンシスターズ

オーストラリアで受けたカルチャーショック!言語・文化の違い

2019年1月1日
東京の風景

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018年7月11日
とても楽しい。
飛行機と空の写真

ワーホリ留学の目標英語レベル!まずは今の英語レベルを知ろう

2018年8月9日
ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018年7月27日

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。