カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い

ホームパーティ
カナダでワーホリをしていた時、現地の友だちの誕生日パーティで、日本(日本語)とカナダ(英語)の文化の違いを感じるできごとがあった。

日本ではプレゼントを渡す時に、謙遜で「つまらないことものですが・・」とよく言う。

しかしこれを文化の違う国で言うと、要らぬ誤解を招く可能性があるのだ。

文化(culture/カルチャー)とは
ある特定の集団における人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと

カナダ人の友達の誕生日パーティでの出来事

そこにはカナダ人・日本人・中国人・メキシコ人・スペイン人・ロシア人などなど、多国籍都市のバンクーバーらしく色々な国籍の人が30人ぐらい来ていた。

1人ずつおめでとうと言いながらBirthday Boy(その日の主役。女性の場合はGirlになる)に誕生日プレゼントを渡していると、日本人の男性が

日本人男性
Happy birthday! I made this today. Sorry.
誕生日おめでとう! これ今日作ったんだよ。(つまらないもので)ごめんね。
と言いながら彼の手作りらしいパウンドケーキを渡した。

するとケーキを渡されたパーティの主役(カナダ人)が

カナダ人の友達
えっ、何で謝るの? 毒でも入ってるの? 食べても大丈夫ですか!? ねえ!
とおどけた調子で言ったので、一同爆笑した。

私には日本人男性が「Sorry」と言った理由がよくわかったし、そこにいる人たちも大体、日本人の友達がいたり職場に日本人がいたりして日本人は丁寧で腰が低いということを知っている人たちだったから、みんな笑っていた。

けれど、もしプレゼントを渡された方が日本の文化を全く知らない人だったら、
「何で謝らないといけないようなものを自分にくれるのか?」と思われ、その後気まずくなってしまった可能性もある。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

日本語の文化的に、日本人はSorryと言うことが多い

それでなくても、他の国の人たちに比べて日本人はSorryと言うことが多い。

私がカナダでワーホリ留学を始めた頃に一番使っていた英単語も、間違いなく「Sorry」だったと思う。

英語全然できないまま語学留学するとどうなる?現地での経験

2018.07.03

日本語では「ありがとう」の代わりに「(私のために)すみません」と言うことができる文化であるため、
それを無意識に英語に直訳して「Thank you」の代わりに「Sorry」と言っている人もいるし、
例えば人に道を聞く時など、「Excuse me」でよいところを「Sorry」と言っている人もよく見かけた。

しかし英語の文化の中では、むやみやたらに謝ると卑屈に聞こえたり、何か悪いことをしたのではないか?と思われてしまうこともあるので注意した方が良い。

カナダでは謙遜よりも自信がある態度が好まれる

一般的に英語の文化では、「謙遜」よりも「Confident(自信があること)」が好意的に受け取られる。

だからプレゼントを渡すような時は、

Cana
I have something special for you!
あなたに素敵なプレゼントがあるよ!

とか言った方が喜んでもらえると思う。

この時は皆が「謙遜」という日本の文化を知っていたことと、Birthday Boy(主役)のジョークで場が一瞬で和み、その後も和やかでとても楽しい会となった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng