ワーホリで英語が上達、そして起きた変化

カナダ・バンクーバーのDeep Coveでカヤック

カナダ・バンクーバーのDeep Cove。カヤックは人気のスポーツ。

ワーホリで英語を上達させることは十分できる。

私は現地での学習3ヶ月で英語を習得し、帰国後TOEICでも970点取れた。

はじめは英語が話せず苦労したが、現地の友達ができるようになってからは考え方や価値観の面でも色々な変化が起き、それらは帰国後の生活にも役立っている。

ワーホリで英語は上達するのか?悩んだ

私はカナダのバンクーバーでワーホリを始めて最初の3ヶ月は語学学校(ESL)に通っていた。

けれど毎日学校で英語を勉強し、放課後や週末まで図書館に行って勉強したりもしていたが、英語が上達したという気がしなかった。

学校の中で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれる。

けど学校を一歩「外」に出るとネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17

なんでもっと日本で英語を勉強してこなかったんだろう

とカナダで何度も後悔した。

英語全く話せないのに語学留学するとどうなる?現地での経験

2018.07.03
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

3ヶ月毎日英語を勉強しているのに、「自分が英語を話せている」という感覚がない。

こんなに勉強しても話せないなんてどうしたら良いのか・・

悩んでいたところ、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

すると今度は、学校に通った期間と同じ3ヶ月後には、現地の人とも英語で会話を楽しむことができるようになったり、英語を使う仕事をしたり、現地の友達ができるようになったりと、カナダでの生活がどんどん楽しくなって行った。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学して英語が「ネイティブみたい」と言われた理由

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

さらに帰国してからも英語を使う仕事に転職できた。

TOEICスコア

ワーホリと英語力!カナダで仕事する時聞かれるのはTOEICじゃない

2018.08.01

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970点に!

2018.11.23
ワーホリしたことで英語が話せるようになった、使えるようになったということはもちろんだが、他にもメンタル面でいろんな変化があった。

ワーホリして「英語の上達」以外の変化

カナダから日本に帰国する直前のこと。

複数のカナダ人の友達から

Canaはたくましいよね。初めて会ったときのことおぼえてるよ。最初は何も言えてなかったのに今じゃ友達同士の集まりでリーダーシップを取るまでになったんだね

今まで自分が会って来た日本人は大体みんな優しすぎると思ったけど、Canaは、強い。

初めて会ったときのCanaはVery Japanese(めちゃくちゃ日本人)って感じがしたけど、今は違う。
なんていうかカナダ人のattitude(ふるまい・態度)を身につけたよね〜

と言われた。

これらは私にとってはすごーく嬉しいほめ言葉であり、友達から上のように言ってもらったのは、大きな自信になった。

なぜなら私は、カナダでのワーホリを通して、日本人の殻に閉じこもらずに「ネイティブのように話したり書いたり読んだり、そして日本とは違う「文化」を持つ土地でも通じるふるまいの仕方、態度を身につけたい」と思っていたから。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04

スピーキングやライティングはマンツーマンの英語のレッスンで、どうやったら短期間で効率的に伸ばすことができるのかを教わった甲斐があり、初めて会った人からよく驚かれるくらいになった。

留学中に英語のスピーキングが上達!した勉強方法

2018.06.13

留学しても英語の文法わからない、が一瞬でわかった!学び方

2018.06.12

帰国してから受けたTOEICも、特に勉強することもなく受けたのだが(勉強しようにも当時仕事が忙しくて時間がなかった)、970点が取れた。

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970点に!

2018.11.23

自分がカナダでのワーホリを経て、メンタル的に変わったこと。
たぶんカナダ寄りになったんじゃないかな?と思うこと4つ。

①以前よりもアサーティブになった

アサーティブ(アサーティブネス)とは?
自他を尊重した適切な自己主張のこと。

  引用元:Wikipedia

カナダで日本人女性はモテる?理由

2018.07.13

日本語では「空気を読む」・「以心伝心」という言葉がある通り、「日本の文化」では、ことばで自分の考えや気持ちを伝えなくても他人がわかってくれることを期待する傾向が強い。

それは地理的に日本は島国であることもあるし、歴史的にも他民族に侵略・支配されるということが少なかったため、

日本に住む人のほとんどは日本語(標準語)を知っていて、同じ文化(考え方や価値観)を共有している
ということが、ごく当たり前に「普通」になっているからなのだと思う。

けれど私はカナダに住んでみて実感したのだが、移民が多く、カナダの公用語である英語を理解できない「外国人」が隣にいることが「普通」のカナダでは、そんなこと期待できない。

自分の考えや気持ちは、相手にことばを使って伝えることが必要なのだと感じる機会が多かったし、またそれを奨励されているとも感じた。

カナダワーホリ・ホームステイを経験した感想とトラブルの話

2018.07.25

カナダと日本の文化の違いを知ることが身を守る

2018.07.15

特に自分が嫌なこと、相手にしてほしいことがあれば、きちんと言葉にしようと思うようになった。

カナダに行く前は

言わなくてもわかるはず・・

または

言ってもわかんないだろうし・・

と思って、伝える前に諦めていたようなことであっても、カナダでのワーホリ生活を経た後は、自分の要望を一方的に伝えるのではなく、自分ができることも交えつつ、相手が動いてくれて自分も相手もHappyになれるようにするにはどう伝えればよいか?ということをまずは一旦考えるようになった。

②アウトドアスポーツが好きになった

カナダのバンクーバーは、ダウンタウンから車で約1時間以内の範囲に海も山も森も湖も全部あり、アウトドアスポーツが盛んである。

雨が多いバンクーバーだからか、晴れている日は嬉しくて、とにかく外に行きたい!という気分になった。

カナダでワーホリする前は、外でスポーツしたいなんて思ったことがなかったのに、カナダに来てからは、アウトドアスポーツが好きになった。

とくにハイキング。疲れるけど、頂上に上がった時の爽快感は何とも言えない。

ハイキング以外にも、カヤック、ボート、スノーシュー(日本のカンジキのような役割をするプラスチックの装具を足に着けて雪の上を歩くスポーツ)、スノボにスキー・・・。

日本に帰国してからもハイキングやスキーは続けている。

バンクーバーのスキー場「グラウスマウンテン」でのミラクル

2018.06.17

③写真を撮るときにピースしなくなった

日本で写真を撮るときは必ずしていたと言っても過言ではないピースサイン。

それも、顔のすぐ近くでピースをしていた。

でもこれ、カナダ人の友達の前でしたら、

You’re so Japanese!(めっちゃ日本人!)

と笑われた。

言われてたしかに観察していると、他の国の人たちは写真を撮るときに日本人ほどピースをしないし、顔の近くでピースしているのはほとんど日本人女性だけであることに気づいた。

顔の近くでピースをするのは、相対的に顔が小さく見るように・・ということで女性がよくしていると思うのだが、
実のところ

顔が小さい=良いこと

というのも日本の文化の一つなのだった。

これもきっと「カワイイ」を重視する日本の文化が関係しているのだと思う。

留学する女子に知ってほしい海外から見た日本人女子の印象

2018.08.09
なんとなく、友達に指摘されてからは顔の横でのピースするのが恥ずかしくなり、以降はしなくなった。

④流行があまり気にならなくなった

カナダで生活して、カナダの人たちってほんとに「好きなものを好きなように着てる」と思った。

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27
天気が変わりやすいということも多分に影響しているかもしれないが、例えばバスに乗ったら
タンクトップ&ショートパンツの人
の隣に
ダウンコート&ファーブーツの人
が座っているなんてことが、普通にあった。

そしてこんな光景が季節に関係なく、1年中見られた。

日本だったら大体「これくらいの時期にはこういう服を着て・・」という暗黙の了解があって、もし季節感ない服を着ている人がいたら

ね~、見てあの人の服。おかしくない?くすくす・・

とか言われるんだろうなぁ、と思った。

私は日本にいた時は、シーズン毎に服を買うというのが普通だったけど、バンクーバーでは

あんまりみんなファッションとか気にしてないんでは・・

と思うことがしばしばだった。(もちろん個人差はあるが。)

一緒に遊びに行くたびにほぼ同じ服を着てくるカナダ人の友達とか、「古着でしか服を買わない」と言う友達もいた。

別にお金に困っているわけでもなく、それが彼らにとっての「普通」なのであり、むしろシーズン毎に服を買うとかいう自分の日本での消費スタイルが異常だったのでは・・と思わされた。

補足
まあこの辺りは個人差も大きいとは思うし、バンクーバーはカナダの中では都会ではあるが、東京などに比べればやはり小さいし田舎とも言える。(そして私はそこが好きでもある。)
あと正直なところ、カナダで買い物をしようと思ってもほしいと思う服はあんまりなかった・・。
基本的にサイズが大きいし、デザインや色もやっぱり日本で売られているものとは違った。

ちなみにカナダでは普段はファッションに頓着しない人でも、フォーマルなパーティではきちんとめかしこむし、とくにハロウィンなんて化粧や小道具まで凝った仮装をしたりする。要するに、日本に比べてオンとオフがはっきりしている、と感じた。

カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い

2018.08.05

バンクーバーのダウンタウン(中心部)を歩いていても、

Tシャツ + デニムまたは黒いピタッとしたパンツ(レギンスやヨガパンツ)+ ぺったんこ靴
のカジュアル&リラックススタイルの女性を頻繁に見かけた。

補足
ちなみに太った人でも体の線がくっきり出るこの黒いパンツを堂々と履いていた。

カナダでワーホリする前は、流行を気にするのが普通だったけれど、帰国後は流行よりも、自分に似合うかどうか?快適な気分でいられるか?の方を重視するようになった。

まとめ

ここに書いたことはあくまで私個人の経験であるが、1年のワーホリで考え方や価値観の面でも色々な変化があった。

英語が話せるようになったということはもちろん、その他の変化についても私はこれらはきっと海外で生活してみなければわからなかったこと、考えもしなかったことだと思っているし、帰国してからの生活にも役立っている。

ワーホリは帰国後の就職・就活に有利?不利?体験談

2018.12.30

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
もし今、ワーホリしようか悩んでいる人がいたなら、人生は一度きり。ぜひ挑戦してみてほしいと思う。

留学の目標英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng