フィリピン・セブ留学1ヶ月の効果は?3ヶ月は長すぎる!理由

フィリピン・セブ島の夕日

フィリピン・セブ島の夕日

フィリピン・セブ留学は1ヶ月で十分効果がある。

よく最低でも3ヶ月は、と聞くけれど3ヶ月はむしろ長すぎる。

ワーホリ準備のセブ留学ではマンツーマンで英語を習うだけでなく、週末のアクティビティも英語で経験する。

セブでスピーキングを伸ばし、その後のワーホリ留学もスムーズにスタートできる。

フィリピン・セブ留学は1ヶ月で効果十分!なワケ

おそらく多くの人は、フィリピン・セブ留学をするなら最低3ヶ月くらいは必要なのでは?と思うのではないだろうか。

だけど実際は、1ヶ月で十分に効果は出せる。

おそらく一般的には「セブ留学」というと

一般的なセブ留学のイメージ
  • マンツーマンレッスンで英語を学ぶ
  • グループレッスンじゃないからスピーキングの時間がたくさん持てる
  • マリンスポーツなどアクティビティもたくさん!
といったイメージではないだろうか。

だけど実は

フツウのセブ留学
  • マンツーマンで英語を学ぶ=生徒は自分1人で、先生も1人
  • グループレッスンよりは自分が話す時間があるが、日本の学校の授業と同じように先生が多くの時間を使って話す
  • アクティビティもたくさんあるが多くの場合「日本語」で経験する

そのため、一般的には

最低3ヶ月くらいは行った方が良い
と言われている。

だけどこれが

1ヶ月で効果十分なセブ留学
  • マンツーマンで英語を学ぶ=生徒は自分1人で、先生は3人が担当してくれる
  • スピーキングの時間は200時間/1ヶ月あり、「先生の話をリスニングしてるだけ」はできない。
  • アクティビティも「英語」で経験する!
方法なら、1ヶ月で十分

セブ留学でスピーキングを伸ばす方法

具体的に、どうやって英語を伸ばすのかというと、

日本式の英語学習=単語や文法を暗記し、大半の時間は先生の話をリスニング
しない、ということがポイントになる。

というのも、私はカナダのバンクーバーでワーホリ留学をしたことがあり、その時現地の語学学校(ESL)に通ったのだが、授業自体は完全に

日本式の英語学習
だった。

そのため3ヶ月がたっても「自分の英語が伸びている」とは、思えなかった。

たしかに語学学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないから友達できない!は留学あるある

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人が英語嫌い・苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17

学校に3ヶ月通った後は英語を使う仕事がしたい

と思っていたのだが、勇気を出して挑戦した無給のボランティアでさえ、英語力が足りずにすぐクビになった。

カナダ・バンクーバーワーホリでボランティア→即クビになった話

2018.10.04
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるグループレッスンだから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義をリスニングし、教材を使って③単語や文法を暗記する「日本式の英語学習」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
3ヶ月毎日英語を勉強しても上達を感じられず、悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンで英語を教えている先生がいる」と聞き、そのレッスンを受けるようになった。

そのマンツーマンレッスンでは、日本の学校の授業とも、海外の語学学校の授業とも違って、英語の「単語」や「文法」だけでなく
英語の「文化」をはじめ、

文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15
発音」に、

留学で英語の発音矯正が必要か悩んだ→流暢と言われた方法

2018.07.28
ネイティブみたいに自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば
話しことば(Speech Skills)とは?
世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも辞書にも書いてなく、学校や親から教えられることもない。こどもから大人へと成長する過程で、周囲の人々の会話を見聞きする中で自然に学び、いつのまにか意識することもなくしている「話し方のパターン」のこと。
例えば次に何を言うべきか考えながら日本語で「ええと・・」と言ったりするが、英語でも同様に「 Well..」と言ったりする。

海外留学で英語のスピーキングが上達した勉強方法!

2018.06.13
なども「暗記なし・教材なし・宿題なし」で学ぶようになった。

すると同じ3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、

あなたの英語は日本人ぽくない

と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

カナダ留学で英語を勉強→日本人の英語じゃないねと言われた話

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
・英語の「暗記」ではなく「話すこと」を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

当時は先生が1人で教えていたが、今は複数の先生方がいて、カナダ(バンクーバー)だけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)での現地レッスン、さらにSkypeを使って世界中どこからでもレッスンが受けられるようになっている。

また先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

大学時代に「文部科学省奨学金留学生」として筑波大学で交換留学していたこともあるため、日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05
この先生の、フィリピンのセブ島で受けられるレッスンが、
1ヶ月で効果十分なセブ留学
  • マンツーマンで英語を学ぶ=生徒は自分1人で、先生は3人が担当してくれるのでレッスンの「中」だけで色々な話し方に慣れることができる。(1回のクラスにつくのは先生1人)
  • スピーキングの時間は200時間/1ヶ月(平日は毎日7時間のレッスン+週末もアクティビティがあり先生が同行してくれる)あり、「先生の話をリスニングしてるだけ」はできない。
  • アクティビティも「英語」で経験することができるのでリアルな英語を楽しみながら学べる。
という内容になっている。

セブでトレーニングをしている先生と、トレーニングを受けている他の先生達

セブでトレーニングをしている先生と、トレーニングを受けている他の先生達

セブでのマンツーマンレッスンの様子

セブでのマンツーマンレッスンの様子

セブ留学アクティビティの種類

ではきっと多くの人が楽しみにしているアクティビティにはどんなものがあるかと言うと、

セブ留学でできるアクティビティ
  1. アイランド・ホッピング(セブ近くの島々を観光)
  2. ジップライン(木々の間に張られたワイヤーロープを滑車を使って滑り降りる)
  3. 海でジンベエザメと一緒に泳ぐ!(Whale Shark Swim)
  4. シュノーケリング
  5. スキューバダイビング
  6. 買い物
  7. シティー・ツアー
  8. スパ・マッサージ
パッと思いつくだけでもこれだけある。
土日はこれらの中から興味のあるものを選んで、1人以上の先生が同行してくれるようになっている。

セブから近いボホール島のメガネザル(ターシャ)

セブから近いボホール島のメガネザル(ターシャ)

セブの海でダイビング

セブの海でダイビング

セブ留学でワーホリの準備ができる!

これからワーホリを考えている人がセブ留学をするメリットは、短期間で「英語初心者」から「英語中級レベル」にまで英語を伸ばし、

英語圏の国でもやっていける
という自信を持てるようになる、ということ。

ちなみにそれぞれのレベルの定義は、

初心者〜上級レベルの定義
  • 初級(初心者レベル):全部で13種類ある「英語の話しことばを使って話すことができる状態
  • 中級レベル:全部で13種類ある「英語の話しことばを、1つの会話の中で複数使って大人のネイティブのように話すことができる状態
  • 上級レベル:全部で13種類ある「英語の話しことばを意識することもなく英語を話すときはいつでも使っている状態
になる。

フィリピンレッスンでのKさんと他の生徒さん達

フィリピン・セブ島でのレッスンを受講中の生徒さん達の後ろ姿

たった1ヶ月でそんなことできるの・・?

と思うかもしれないけれど、

日本式の英語学習(英語の暗記&リスニング
とは違う方法で学べば、難しいことではない。

ワーホリ前の不安を解消する方法!はこの5つのステップ

2019.08.25
実際に、セブ留学で1ヶ月集中的に英語を学び、その後カナダでワーホリを始めてすぐに現地カフェでの仕事をゲットした生徒さんもいる。

ワーホリ・カフェで即バイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14
補足
フィリピン・セブ島でのレッスンの後、カナダワーホリを2019年春から始められた生徒さんのYoutubeがこちら。

バンクーバーでのレッスンの様子

まとめ

通常のセブ留学では「3ヶ月」、もしくはそれ以上の期間が必要かもしれない。

だけど「短期間でスピーキングを伸ばす方法」で英語を学ぶことができれば、1ヶ月で効果が出せるので「3ヶ月は長すぎる・・」と感じることと思う。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02
補足
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリ留学していた5年ほど前には先生が1人だけで教えておられましたが、現在は「英語学習」と「ワーホリや留学のサポート」が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立され、留学やワーホリで海外生活をするのに英語に自信がない、またはすでに留学やワーホリをしているけれど英語に自信がもてない方を助けるためのレッスン(「Rescue English」プログラムをしておられます。

そのため今は先生の他にも日本人カウンセラーさんや複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)フィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

現在、私がカナダで英語を教えて頂いていた先生は日本にも度々出張で来ておられ、海外に行く「前」・日本にいる間に先生のレッスンをお住いの地域の最寄りのカフェで受けることができるようになっています。

(先生が北海道から九州まで、お住まいの地域のJR駅近くのカフェまで来て下さいます。)

これから海外でワーホリや留学を予定されている生徒さんは、海外に行く「前」に「最大3回」、日本でこの対面のレッスンを受けることで、日本にいる間に英語の上達具合を先生とチェックし、「海外で生活するための準備」ができるようになっています。

2019年5月に来日中の先生の写真         2019年5月に来日中の先生の写真

日本にいる間に、日本とカナダの「文化」の違いや、ネイティブのように自然で大人っぽい英語を話すための英語の話しことばを学び、スムーズに海外生活をスタートするための準備をすることができます。

ワーホリで接客のアルバイト!知っておきたい日本との違い

2019.02.17

カナダ人の生活・ライフスタイル!日本との違い

2019.03.09
そうして「ワーホリ留学を経て確実にバイリンガルになる」ことが先生のレッスンの目標になっています。

これを先生のレッスンでは、日本語のことわざにちなみ、

TWS=Tataite Wataru Study=石橋を3回たたいて渡る勉強

と呼んでいます。詳しくは下の記事をご覧ください。
lesson-in-japan画像

なおご希望される方は、ご両親も体験レッスンや日本でのレッスンに参加できるそうです。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です