カナダ人の性格は優柔不断!?日本との共通点も

バンクーバーでハイキング

バンクーバーでハイキング

カナダ人の性格は一般的に「おおらかで親切でフレンドリー」と言われる。ワーホリをしていた時、たしかに私もそう思った。でも現地の人と「カナダ文化」の話で盛り上がった時、カナダ人自身がカナダ人の性格を「Wishy-Washy(優柔不断)」と表現していたので、私も笑ってしまった。

初対面のカナダ人女性2人+私1人の車内

その日は現地の友達が働いている会社の「部外者も参加OK」なハイキングイベントに誘われていた。

補足
バンクーバーではハイキングなどのアウトドアスポーツが人気である。ダウンタウンから車で1時間以内で行ける山も色々ある。

その日のハイキングの場所はサイプレスマウンテン(Cypress Mountain)で、まずはダウンタウンに集合。

20人ぐらいが参加しており、4~5台の車に分かれて山へ向かった。

ゆるやかなハイキングコースを歩き、友達やその同僚達と話をしたり、写真を撮って楽しみ、あっという間にハイキング終了。

帰り道は友達とは別の車に乗ることになり、なんと「初めて会う2人のカナダ人女性+私1人」という組み合わせに。

私を乗せてくれた車のドライバーは40~50代くらいのカナダ人女性で、もう一人の同乗者も同年代のカナダ人女性。

しかもハイキング中、私たちは別のグループにいたので、車に乗るときに初めて言葉を交わした。

彼女達は長年の同僚らしく、はじめは2人にしか分からない内輪の話をしていたので私は話に入れなかったのだが、不意にドライバーの女性から

あなた、えっとCanaだっけ?

と話を振られたので軽く自己紹介をした。

カナダで英語を「文化」から学んだと話した

すると

あら、あなたもともと英語を勉強しにバンクーバーに来たの?  
ほんとに? それにしてはあなたの英語自然だけど。
・・・どうやって勉強したの?

と、カナダ人の別の友達のお母さんや、カナダでボランティアしていた時に知り合った人から言われたことと同じようなことを言われた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20

そこで

Cana
ありがとうございます。
私はカナダで、英語をただ言葉として学ぶのではなくて「文化(Culture)」から学ぶことを教わったんです。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

と答えると、2人は感心した様子で

それは重要なことよね!

と言い、それから一気に「文化」の話になった。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

Wishy-Washy(優柔不断)な性格のカナダ人

私が

Cana
ここに来たばっかりの頃は、カナダの人ってみんな、なんてフレンドリーオープン親切なんだろうって思ってました。

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27
でも今は、日本とけっこう似てるところもあると思うようになりました。
と言うと、

あら、例えば? どんなところが似てると思うの?

と聞かれたので、

Cana
例えば、アメリカ人の友達と比べると「Sorry」って言う人が多いな〜と思います。

日本もわりとよく謝る文化なので、似ているなと。

英語全然できないまま語学留学するとどうなる?現地での経験

2018.07.03

あと何て言うか、いい人の「フリ」をしようとするというか、なかなか本音を言ってくれないんですよね。

たとえば『部屋の掃除するよ!するする』って言いながら結局しなかったりして。

だったら最初から『しない』って言えばいいのに・・!!って思います。

まあ何だかんだ言って、私はここの人たちが好きだし、バンクーバーも好きなんですけどね

と言うと二人は笑い出し、

たしかにね〜!
カナダ人てWishy Washy(優柔不断)でしょ。
・・って私たちもだけどね!(大爆笑)

いや~あなた、面白いわ。そんなこと言う人、あなたが初めて。

Cana
はっはっは

そんな話をしながら、車が私の家に着いた。

Cana!次も必ず文化の話、しましょうね!

Cana
Sure!
と言って家まで送ってもらったお礼を言い、家に入りながら「ハイキングで綺麗な写真も撮れたし、文化の話で(思いもよらず)笑わせることもできたし、今日も良い日だったなぁ〜」と思った。

カナダ人の性格・国民性・特徴は?〜ドタキャンの多さに驚いた

2018.10.19

カナダ人の気質・・優しい、けど自己主張もする!

2018.10.21

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng