カナダ人は優しい!けど自己主張もする。

バンクーバー・ダウンタウンの夜景

バンクーバー・ダウンタウンの夜景

カナダ人は優しいしフレンドリーな人が多い。

それがカナダで生活しての印象。

でももちろん個人差があって「日本ではこんな言い方されたことない!」と英語の「自己主張する文化」にショックを受けたこともある。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語習得できた!まず学んだ基礎とは?

2018.06.15

カナダ人は優しい!はずだけど・・

これはバンクーバーでワーホリ留学中、夜の12時近くにナイトバス(Night Bus:深夜から明け方にかけて走るバス)に1人で乗っていたときの出来事。

遅い時間ながら、車内は立っている人がちらほらいるぐらいの混み具合で、私も始めは立っていたのだが、たまたま目の前の優先席があいた。

3~4時間外を歩きまわった後で疲れていた私は、とくに深く考えることもなくその席に座った。

それから10分くらいして、ファンキーな雰囲気の40~50代と思われる白人女性2人が乗ってきた。

何がどう「ファンキー」かというと、黒い革のジャケットにデニムを着て、派手なメイクをしていた。

2人とも似たような格好で、大きな声でおしゃべりをしている。

補足
日本だと公共交通機関の中では静かにする、という暗黙のルール?(文化)があるが、カナダでは隣に座った人同士(知らない人士)がまるで旧知の知り合いかのようにおしゃべりしていたり、歌ったり、携帯で大きな声で話していたりする。

「ていうか何で日本の電車はあんなに静かなの?」と日本に行ったことのある友達から聞かれたこともある。

バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018.08.25

カナダ留学の準備!渡航前に知っておきたい文化の違い

2018.07.18
と、次のバス停で、私の隣の席があき、2人組のうちの1人がそこに座った。

するともう1人の女性がわたしに

Are you disabled?(あなた障がいがあるの?)

と聞いてきた。

Cana
Oh, no.  You…
(いえ、ないです。あなたは・・)
と、私が言い終わらないうちに、

THEN, GET OUT OF HERE!
I HAVE A PASS!!

(じゃあどきなさいよ! 
わたしはパス持ってるんだから!!)

と言って、私が席を立つやいなや、速攻そこに座り、隣の連れの女性とまたおしゃべりを続けていた。

補足
disabledの人用の、公共交通機関の利用が無料になる特別なパスのこと
その身のこなしからして、身体にハンディキャップがあるようには見えなかった。

わざとじゃないのに・・ショック

たしかにバンクーバーでは、disabledの人(車椅子に乗っている人や、ベビーカーを押している人、高齢者や妊婦、足を引きずっているなど、座った方がよいと外見から容易に判断できる人)がバスに乗ってきたら、優先座席に座っている人は席を譲るのが当たり前で、もし譲らない人がいたら運転手が注意をするくらいだった。

補足
そもそもバスにはスロープも標準装備されていて、助けが必要そうな人がバスを乗り降りするときには運転手が必ずサポートしてくれる。

この人の場合、見た目ではdisabledだとはまったくわからなかったわけで、別にわざと席を譲らなかったわけではないのに・・。

でもこんな風に自分の権利を主張するあたり、さすがカナダだなあ。

と、深夜のぼーっとした頭で感心しつつ、その剣幕に面食らい、かつ、少しばつが悪い思いをしながらつり革につかまる私。

ちなみに
私はこの「自分の権利に対する意識の違い」が、海外で日本人女性に対するセクハラを招く一因にもなっていると考えている。

カナダ留学で日本人女性が一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

留学する女子に注意してほしいこと!

2018.09.29
数分後、バスは次の停留所に止まり、何人かが降りていった。

が、やっぱりカナダ人は優しかった

そのとき誰かにお腹のあたりをつんつんとつつかれている感覚があり、見ると、白髪のおじさんが隣の席を指差して

ここあいてるよ

と教えてくれているではないか。

Cana
Thank you. I’m ok.
(ありがとう。大丈夫です)

と言いながら、私はたちまち笑顔になった。

カナダ人の国民性・性格・特徴は?親切だがドタキャンに驚いた

2018.10.19

カナダ人のイメージ!優しい、親切・・実は優柔不断!?

2018.08.16

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

まとめ

こんな風に「文化の違い」を感じさせれたこともあったけれど、基本的には私も、現地で出会った外国人の友達や、ワーホリや留学で来ている日本人の友達も、ほとんどの人が

カナダ人は優しいと思う


と言っていた。

ではなぜそう感じるかというと、例えば道で迷っていたら話しかけてきてくれて、親切に教えてくれたり、特にバンクーバーは移民や留学生が多いため、

外国人の英語
にも比較的寛容な人が多いからだと思う。
補足
もちろん冷たい対応をされたこともあるけれど・・。

ワーホリ・留学で心が折れる!カフェで冷たくあしらわれた理由

2018.06.17

だからカナダでそれに慣れて帰国したら、

あ、そうか、日本では知らない人と気軽に話せないんだった

逆カルチャーショックを受ける、かもしれない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強方法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。