カナダと日本の文化の違いを知ることが身を守る

日本のものより酸味を感じたカナダのイチゴ

日本のものより酸味を感じたカナダのイチゴ

カナダと日本の文化(考え方や価値観)の違いを知ることは英語の上達に役立つだけでなく、現地で自分の身を守ることにも繋がる。

文法や単語を覚えるだけの「日本式の英語学習」では英語の文化は一生かかっても理解できない。

私はカナダでのワーホリ生活中、数々のトラブルに遭遇したが、現地の文化を学んでいたおかげで助けられたことが何度もある。

カナダで失礼なことを言われ英語で対応した留学生

私はカナダのバンクーバーでワーホリ留学をした時、はじめ語学学校(ESL)に通っていたのだが、3ヶ月経っても英語が話せていると思えず悩んでいた。
そんな時知り合いから聞いて、マンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。つまり「日本式の英語学習」をくり返すことになる。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

そのレッスンで私は、日本の中学・高校・大学、それにカナダの語学学校(ESL)でも学べない、日本とカナダの文化の違い、日本語と英語の文化の違いを学んでいた。

留学で文化を学ぶ!実は英語習得に近づく第一歩だった

2018.06.15
レッスンはカフェで受けていたため、その日もダウンタウンにあるカフェに向かったところ、いつも時間には正確な先生が少し遅れてやってきた。

走ってきたらしく汗をかいている先生は、

先生
遅れてごめんなさいね!
と言いながら、なぜか嬉しそうな顔をしている。

Cana
どうしたんですか?
なんか嬉しそうですね
先生
今の今まで、別のカフェで別の生徒とレッスンをしてて、それで遅くなったんだけど、すごくいい話を聞いてね!
それで嬉しいんです!
と先生は言う。

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。
またレッスンは閉ざされた空間の教室で行われるということもなく、いつもダウンタウンにある、隣にフツ〜にネイティブが座っているようなカフェで受けていた。

英語マンツーマンレッスンの様子

レッスンを受けていたカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
Cana
すごくいい話って何ですか?
と興味津々で聞くと、

先生
今までレッスンをしていた生徒は韓国人の女の子なのですが(先生の生徒は、日本人だけでなく中国人、台湾人、メキシコ人など様々。)、その子が昨日スーパーマーケットに行ったんだって。

そこで果物を見ていたら、中年の太った白人の男性が隣に来て、

「Do you wanna make a boyfriend?」
(彼氏がほしいか?)   

っていきなり言ってきたんだって!

補足
wanna=want toの口語
Cana
え”ぇぇ…
先生
初対面で、しかも公衆の面前で唐突に『彼氏がほしいか?』ですよ?

ありえないですよね!?

しかも「Make a boyfriend」なんて言い方、ネイティブは普通しないです。

「Make friends」とは言いますが、「Make a boyfriend」とは言いません。ネイティブはこういう時「Have」か「Get」を使います。

それをあえて「Make」を使うこと自体、相手が留学生だとわかって話しかけてきた証拠です!

This is so scary(恐ろしい)!

Cana
うわぁ・・・
So disgusting(めっちゃ気持ち悪い).
先生
それでその生徒はどうしたと思いますか?

その子はとっさに、

「What are you talking about? You are rude!!! You are old!!!」
(あなた何言ってるの? 失礼よ!!! 年寄りのくせに!!!)

って言って、そこを立ち去ったんだって!

僕の生徒、やるでしょ?

いや~、嬉しい!さすが僕の生徒だ!

と言って先生は、小さく拍手までしている。

「カナダの文化」を「使う」とは?

私はあっけにとられてしまって、

Cana
She is cool…!
(かっこいい・・!)
と言うだけで精一杯であった。

続いて先生に

先生
こういう時、Canaさんだったらどうしますか?
と聞かれたので、

Cana
私だったら・・・何も言えないかもです・・・

ただ無視するだけかも・・・

と言うと、

先生
No!言い返さなくちゃ!
と言われてしまう。

・・言い返すって、そんなことできるんだろうか、私に・・?

黙っている私に先生は、

先生
大丈夫、Canaさんもきっとできるようになります!
と言うが、私は

Cana
そうですかねぇ・・。
だといいんですけど・・

と自信がなかった。

その時には、まさか自分が数週間後には「図書館で声をかけてきた男性に考えることなく言い返し、退散させている」なんて、思いもしなかった。

カナダで「日本の文化」で対応するのは危険

カナダで生活をするうち、カナダ人の女性には絶対にしないようなことを、アジア人の外見をした女性には平気でしてくる人が、中にはいるということに薄々気がつくようになってはいた。

カナダで見た現実

アジア人(とくに日本人)の場合、自己主張するという文化(考え方や価値観)の中で育っていないため、

  • シャイ
  • 断れない(Noと言わない)
  • 文句を言わない

人が多い。
その上、英語が苦手であるために、何をしても問題にならないと思われてしまいがちである。

留学する日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由

2018.07.26

私も以前はカナダで、「ん?なんか変だな」と思うことがあっても、どうしたら良いのかわからなかった。

黙っているか愛想笑いするしかなく、相手には何も言い返せなかった。

そしてまるで「何事もなかったかのように」振る舞っていた。

英語わからないまま留学しても何とかなる...で現地で大後悔

2018.08.07

けれどそれは結局、英語の/カナダの文化の中では、とくに失礼なことをしてくる男性にとっては、何とも都合の良い対応の仕方なのであった。

英語圏の国で生活するなら英語の文化が必要

図書館の一件で「小さな自信」をつけた私であったが、その後もれっきとした「セクハラ」を経験して対応、

海外でセクハラを受け撃退!日本とカナダは対応が全然違った

2018.06.27

またさらにその数週間後には、カナダで「日本の文化を利用して」失礼なことを言ってきたカナダ人男性に、「カナダの文化を使って」応戦したことで、

ワーホリ女子は注意!私が海外で遭遇したチカン男

2018.06.29

私の自信はゆるぎないものとなった。

自分の経験からも、英語圏の国で生活する上で英語の文化を知っているということは、とても強力な「武器」になると感じた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng