カナダ人の性格・国民性・特徴は?〜ドタキャンの多さに驚いた

カナダ・バンクーバーのダウンタウン

カナダ・バンクーバーのダウンタウン

カナダ人の国民性(性格)はのんびり穏やかで、親切な人が多い。

確かにそうなのだが、ワーホリ留学中にカナダ人の友達と一緒に行動するとき、ドタキャンの多さに何度も驚かされた。

カナダ人の国民性・性格の特徴とは

日本の、とくに都市部からバンクーバーにワーホリや留学で行く人は、「カナダ人のライフスタイル」にカルチャーショックを受けることと思う。

というのも、日本のような

Overtime work culture(残業文化)
というものがなく、自分の時間や家族と過ごす時間を大切にする人が多いため。

カナダで感じたライフスタイルの違い。仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09
そんなライフスタイルも関係してか、基本的にカナダ人は、のんびり・おおらかしている人が多い。

ワーホリの目的=リラックス!も全然アリな理由

2019.03.24

カナダ人から見た日本人の国民性

反対に、カナダ人の友達からは日本人の国民性・性格はどう見えるのかというと、

日本人は意思決定が苦手だと感じる

と言われたことがある。

「日本人」と「日本人以外の人」とで出かけると、リーダーシップを取っているのは大体「日本人以外の人」。

日本人に、何をして遊びたいか、何が食べたいか、聞いてもはっきりした返事がすぐには返ってこない。

これは日本の文化なの?

とも聞かれた。

補足
文化とは、人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のこと。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

私は

Cana
う〜ん、たしかに日本人は意見の対立を避ける傾向があるし、自分の意思をはっきり言うのが得意な人より、苦手な人の方が多いと思うよ。

私もどちらかというと苦手で、『どちらでもいいよ』ってよく言ってしまうし・・

ははは。たしかによく言うね!

「意思決定は早いが気が変わるカナダ人」VS「決定は遅いが一度決めたら変えない日本人」

カナダ人の友達は「日本人は意思決定が遅い(優柔不断)」と笑っていたが、しかし私はそこで思った。

Cana
・・でもさ、私はカナダ人は決めるのは早いけど、気が変わるのもものすごく早いって思うよ!

ドタキャンも多いし。

これはカナダの「文化」なの?

と聞いてみた。

すると

たしかにカナダ人は、えっと、カナダは広いから一概にカナダ人というよりも「バンクーバー人」と言った方がいいかもしれないけれど、
とにかく僕たちは、どちらの約束を先にしたかなどではなくて、その瞬間に自分は何が一番したいかが重要で、自分にとってその時その時でベストなチャンスを常に選ぶ

ということだった。

カナダ人のドタキャンの多さにびっくり!

日本では、「石の上にも3年」ということわざがある通り

一度決めたことや始めたことは変えないのが美徳
とされていると思う。

仕事を辞めてワーホリして知ったカナダ人の仕事に対する考え方

2019.03.28
例えばもし先約があったとしたら、たとえ後からもっと楽しそうな誘いがあったとしても、礼儀として断るのが「普通」だと少なくとも私は思っていた。

でもカナダ人の友達の中には、当日になって急に

今日は午前中買い物に行って疲れたから家でゆっくりしたい

ファミリーディナーが急に入ったから行けない

ついさっき別の友達に◯◯行こうって誘われて、面白そうだからそっちに行く!

などの理由で、とくに悪びれる様子もなくドタキャンをする人が何人もいた。

そりゃもちろん誰しも、私だって、当日疲れていることもあるし、直前になって気分が乗らないということもある。

一度した約束を、なにがなんでも絶対に守らなければならないとは全然思わない。

しかしそれが何度も続くと、

・・カナダ人の気の変わりやすさ、ハンパない! 

ていうか、自由すぎ〜!

と思った。

カナダ人の性格は優柔不断!?日本との共通点も

2018.08.16

自分にとって受け入れがたい文化の「違い」

私はカナダでワーホリ留学を始めた当初は、バンクーバーにある語学学校(ESL)に通っていた。

3ヶ月間、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

学校の中で「留学生の英語に慣れているネイティブの先生」「自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生」となら話せるし、友達にもなれる。

でも学校を一歩「外」に出ると、ネイティブとは話が続かない。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェでコーヒーを一杯注文するのすらいつも緊張していた。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
悩んでいた時、知り合いからマンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいると聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

そのレッスンでは、英語の「文法」や「単語」だけでなく、「英語の/カナダの文化についても習っていたため、ある日先生に聞いてみた。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」英語のスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるそう。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11
Cana
・・レッスンを受けてきて、言語を学ぶ上で、その国の「文化」を理解するのが重要ということはわかりました。
でもこういう、ドタキャンが多いとかいうのはどうなんでしょう?
そういうのも理解して受け入れないといけないんでしょうか?
すると
先生
自分の母国とは異なる国の「文化」を学ぶ時は、もちろん、自分にとっては受け入れ難い考え方や価値観なども出てきます。

私たちはもう大人ですから、一人ひとり自分の核となる考え方・価値観があって当然なのです。

だからそういう場合は、自分が好きだなと思う部分だけを選んで自分の中に取り入れたら良いのですよ。

例えばCanaさんは、カナダのフレンドリーで親切な人が多いところはとても好きだと言っていましたよね?

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04
Cana
そうですね!
道で迷っていたら嫌な顔せず親切に教えてくれたり、駅の階段で重い荷物を持ってたら必ず誰かが助けてくれるところとかはすごくいいなぁと思います!
補足
そういえば、これと前後してカナダから日本に一時帰国して帰ってきた友達に会ったら、「東京の駅で大きなスーツケース持って階段を上り下りしてても誰も助けてくれなくて大変だった!」と嘆いていた。

あとカナダ人の友達が、「自分はベビーカーがあってエレベーターに乗るしかないのに、日本では『階段を使える人たち』がエレベーターに我先にと乗ってしかも譲ってくれないのが悲しかった・・。カナダなら絶対譲ってくれるのに」と言っていた。

先生
日本はみんな忙しく早足で歩いていますからねぇ。

その点カナダはのんびり、ゆったりしていますからね。

Canaさんが好きだと思えるそういう所は、どんどんカナダ人を見習ったら良いと思いますよ。

前にも言った通り、「文化」には違いがあって、基本的にどの「文化」が良いとか悪いとか、優れているとか劣っているといった話ではないんです。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15

自分の母国とは違う国の「文化」を学び、自分が好きだなと思える部分は自分の中に取り入れて、そうでない部分は反面教師にしたら良いのです。

これまでの「日本の文化だけの自分」に、「カナダの文化」も取り入れるということは、自分が変化することを意味します

そうなると、英語を話すときには日本語を話すときとは少し違う「キャラクター(性格)」を、自分の中に感じることもあるんですよ。

と言われた。

補足
英語を話すときは日本語を話すときとは違う「キャラクター」が自分の中にできるとはどういうことか、その時はよくわからなかったが、今はよくわかる。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11

とはいえいつもドタキャンする人は信用を失う

カナダではドタキャンが日本よりは許されるとは言っても、もちろん時と場合と重要度によるし、いつもいつも約束を破ったりドタキャンしていると、「そういう人」だと思われて信用もされなくなってしまう。

ある時など、カナダのトロント出身の友達がハイキングを計画して、当日天気がいまいちだったので私は行くのを少し悩んだが、とにかく、行った。

しかし他のバンクーバー出身の人たちはほとんどドタキャンをしていて、そのカナダ人主催者はとても怒っていた。

またバンクーバー出身の友達のうちの一人は、私が何か遊びを企画する度に

行くよ!

と言いながら、当日になってキャンセルしてきた。

5回も6回も連続して・・。

それで、それ以上その人を誘うのが面倒になってしまったことも、実際にある。

もう少し心に余裕をもって「自分もカナダ式を楽しんでみよう」と思った

一度決めたことは何がなんでも守る日本人
と、
コロコロ気が変わるカナダ人(バンクーバー人)

先生の説明を聞いてから私は、何度も続けてドタキャンされたり、気分をコロコロ変えられたりするのは、それはやっぱり迷惑だが、もしかしたら自分ももう少し心に余裕をもって、気楽にしていい部分もあるのではないか?と思った。

カナダ人の友達が大した理由もなくドタキャンしてくる

→ということは私も大した理由がなくても、気分が乗らない時はキャンセルしてもいいってことだね!?

→自分もそういう時があったら試してみよう、カナダ式をやってみよう!

とも思った。

日本人とカナダ人の国民性の違い=文化の違い

当然ながら人は1人ひとり違うから、

いつもきっちり約束を守るカナダ人
がいれば、
約束を守らない日本人
だって、中にはいるはず。

誤解のないように付け加えると、バンクーバー出身の人でも、きちんと約束を守る人は、守る。

ただ一般的に言って、バンクーバーでは日本よりもドタキャンに遭遇する機会が多かった、という話である。

まとめ

まとめると、私がカナダに住んで感じた「日本人とカナダ人の国民性の違い(=文化)」はこんな感じになる。

日本人の国民性
几帳面、丁寧、まじめで(優柔不断なので)決定には時間がかかるが一度決めたことは滅多に変えない
カナダ人の国民性
おおらか、マイペース、(優柔不断なので)決定は早いがその後の変更もいとわない

でも「長所と短所は表裏一体」で、こういう風にも言い換えることができる。

日本人の国民格
几帳面、丁寧、一度決めたことは滅多に変えない
→状況が変わってもうまく対応できず、融通がきかない
カナダ人の国民格
おおらか、マイペース、決定は早いがその後の変更もいとわない
→一度決めたことにこだわらないので、柔軟に対応できる

「オープンマインド」の意味とは?実は英語習得のポイントだった

2018.09.24

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng