カナダワーホリ留学で準備する費用は70万円以下!その理由

カナディアンロッキーのルイーズ湖

カナディアンロッキーのルイーズ湖

カナダでワーホリ留学に必要な費用は50〜70万円。

自分がワーホリする前に情報収集していた時、ネットによく「大体100〜120万円準備すべき」と書いてあった。

けれどカナダで生活するためのお金はカナダで稼ぐことができる。

それも、自分がしたい仕事をすることで、である。

「カナダワーホリ費用10万円で来た」友達

カナダでワーホリや留学を一度でもしたことがある人は知っていると思うのだが、現地では「パーティ」がよくある。

補足①
パーティといっても、着飾って騒ぐ「Halloween Party(ハロウィンパーティ)」もあれば、「Birthday Party(誕生日パーティ)」、「Farewell Party(送別会)」、 「Potluck Party(ポトラック。食べ物や飲み物を持ち寄る形式のパーティ)」、「Drinking Party(飲み会!)」などなど、普段着でも何人かで集まって食べたり飲んだりすれば「パーティ」なのだった。

カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い

2018.08.05

カナダで感じたライフスタイルの違い。仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09

私はカナダでワーホリ留学を始めた当初は語学学校に3ヶ月通っていたのだが、その時に知り合った日本人の友達から誘われて、すでに学校を卒業した後に、ダウンタウン(中心部)にあるパブで開かれた「その友達のクラスメートのFarewell Party(送別会)」に参加したことがあった。

補足②
カナダではこのように、パーティに友達の友達を自由に呼ぶことができる。
『人数は多ければ多いほど良い」、という考え。
だから私は現地で「主催者に会うのは当日が初めて」なパーティに何度も参加したことがある。

カナダ人の友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

参加者はやはり、語学学校に通っている/通っていた人が大半だったのだが、そこで色んな人と話していたところ、

カナダに10万円だけ持って1ヶ月前に来た。

と言う日本人に出会った。

私も一緒にいた友達もびっくりして聞き返したところ、

10万だけで、仕事が見つからなかったら日本に帰る覚悟で来た。

と言う。

友達が

え〜すごい! もしかして英語ペラペラなの??

と聞いたところ、

いや、全然話せない。

と笑っている。

私も友達も、ただ

Cana
その勇気すごい・・!
と言うことしかできなかった。

なんでもその人は、

とにかく働かないといけないから、今はレストランの調理補助と皿洗いの仕事を掛け持ちしてる。

ほとんど毎日、一日中働いてるよ〜。

今日は休みだったから(日本人留学生の)ルームメイトが誘ってくれて(パーティに)来たけど、バンクーバーに留学生ってこんなにいるんだね!

いつも仕事ばっかりだから、気がつかなかった。

ということで、久しぶりの休日を楽しんでいるということだった。

カナダ・バンクーバーは日本人多いは事実!けど英語は伸びた

2018.06.09

カナダにはワーホリで来たから、もっといい仕事があれば他の街に引っ越すかもしれないけど、できればバンクーバーに1年はいるつもり

ということで、色々話すうちに「なんだか面白い人だなぁ」と思い、「今度友達も一緒に遊びに行こう!」と連絡先を交換したものの、お互い都合が合わずなかなか実現せず、そんなこんなでいつの間にか1ヶ月くらいが経った日のこと。

「ワーホリ資金」と「現地生活の充実度」の関係

私のスマホにその人から

来週日本に帰ることにした

というtext message(テキストメッセージ)が届いた。

text message(テキストメッセージ)とは
カナダでは携帯専用のアドレスというものはなく、携帯の番号のみでメッセージをやり取りするのが一般的。
日本の「ショートメッセージ」のようなもの。それをtext messageと呼ぶ。

「1年はいるつもり」と言っていたはずなのに、1年どころかまだ3ヶ月も経ってない。

私はすぐに電話をかけ、

Cana
text読んだんだけど、帰るって何で?!
と速攻で聞いた。

すると

ん~、だってさ、お金はなんとか生活できるぐらいは稼げるけど、でもカナダまで来て俺何やってんのかなあ~?と思ってさ。
英語も全然話せるようになってないし、友達も日本人ばっかだし。
これだったら日本帰った方がよくない?と思ってさ。

だと言う。

Cana
え〜!寂しい・・

けれどその友達の決意は固く、本当に次の週には帰国してしまった。

その後、この友達が言っていたことと、別の友達が言っていたことがそっくりなことに、後で気がついた。

だって英語はまぁお客さんに使うことはあるにはあるけど、
日本食レストランだから思ったほど使わないし、
レストランで日本語で働くのなら日本でもできるじゃん。

私はカナダに出稼ぎをしにきたのかと思ってなんか落ち込む

そのワーホリプランで大丈夫?日本人の定番がこれ

2018.08.02

そしてさらにこうも思った。

2人がそういう風に言う理由は、レストランでの仕事自体がどうこう・・というよりも、

そこで働きたいから

という理由でその仕事を選んだのではなく、

英語が話せないから

という理由で仕事を選んだことにあるのではないか、と。

ワーホリビザを有効活用するための知識

カナダでワーホリ中も帰国後も、「ワーホリという制度がない国」出身の人と話すと、

カナダで1年間生活ができて、勉強も仕事も旅行もできるの? 日本はそんな制度があっていいね〜

と言われることが結構ある。

そんな風に羨ましがられるくらい、自由度が高い「ワーホリ」なのだが、自由だからこそ現地の過ごし方は自分次第だし、現地での1年というのは本当に「あっ」という間に過ぎてしまう。

ワーホリメーカーの「英語力」

私もカナダではじめは語学学校に通っていたのでわかるのだが、

3ヶ月、毎日英語を勉強すれば話せるようになっているはず・・!

と思っていたのに、卒業する頃になっても思っていたほど英語が伸びていない状況に直面して、とにかく焦った。

当時は毎日、朝から夕方まで学校で英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強していた。

だけど学校の(留学生の英語に慣れている)ネイティブの先生となら話ができても、学校の外に一歩出るとネイティブとは話が続かない。

続かないどころか、見下すような態度を取られたり、

英語わからないまま留学で何とかなる、は本当?実際に経験して

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれている感覚があったり・・。

留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

2018.06.17
英語を使って仕事をしたいという目標はワーホリ前から持っていたのだが、仕事どころか無給のボランティアでさえ英語力が足りずにすぐクビになり、当時の自分には「英語を使う仕事」なんて夢のまた夢という気がした。

カナダでワーホリ中にボランティアをしたら即クビになった話

2018.10.04

だから語学学校で出会った日本人の友達の多くが、カナダで数ヶ月英語を勉強した後に、英語よりも日本語をメインに使う職場でバイトを始めていたのも、私にはとてもよく理解ができた。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の話を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブだから授業が全て英語で進むということくらいだった。

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行く期間はどのくらい?体験した感想

2018.06.22

ワーホリメーカーの「ビザの期限」

そしてこれも自分がカナダで実際に経験したことなのだが、ビザの残りが少なるにつれて、仕事を見つけるのも徐々に難しくなっていく。

というのも、トレーニングにかかる時間や仕事に慣れるまでの時間を考えると、例えば「1年」のビザの有効期間がある人と、「3ヶ月」しか残っていない人であれば、雇う方もどうしたって「1年」ある人の方を選ぶ。

だからもし少しでも

カナダで英語を使う仕事をしてみたい

と考えている人は、カナダでの始めの数ヶ月を、英語「だけ」勉強して仕事探しは一切しないというのは、実はとてももったいない過ごし方になる。

ワーホリの費用を現地で働いて稼ぐ方法

言わずもがなだけれど、カナダは「英語圏の国」。

日本とは「言語」も「文化(考え方や価値観など)」も異なる「英語圏の国」で、「英語が話せる」ということ、「英語の文化を理解している」ということは、「現地で希望の仕事をするための必須条件」とも言える。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者が英語を習得するには?まず学ぶべき基礎

2018.06.15
 
 
自分も現地で生活して実感したことなのだが、カナダで英語が話せて、かつ日本語も話せることは「プラスα」になるので、強みとして見てもらうことができる。

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICだけじゃない!

2018.08.01

その「必須条件」を満たすことができていれば、カナダで生活するためのお金も、遊んだり旅行をするためのお金も、カナダで稼いで、かつ貯金をすることだって、できる。

ワーホリでアルバイトするとわかる文化の違い

2019.02.17

私は語学学校を卒業する頃になっても英語を話せているという気がせず、悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

そこで、英語の「単語」「文法」だけでなく、「文化」から学ぶようになり、そこで初めて現地で自分がしたい仕事をするための英語力になったという自信が持てるようになっていった。

留学でなれる英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09

カナダ・バンクーバーワーホリでできる仕事!アパレルや事務も

2018.08.18
補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

余裕のないワーホリ費用&英語力0→帰国を早めていた友達

反対に、「英語圏の国」で働くのに、英語が話せないということは弱みになる。

そのため足元を見られて、給料も最低賃金すれすれだったりすることがある。

ワーホリ留学で英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

だから余裕のないワーホリ費用で、かつ英語力もなくワーホリ生活をスタートした場合、カナダで生活するために毎日長時間働き、

日本での生活と変わらない

と言っている人もいたし、この友達と同じように

日本と変わらないから帰国する

と、当初の予定を早めて帰ってしまう人にその後も何人も出会い、その度に悲しい気持ちになった。

カナダで感じたライフスタイルの違い。仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25

まとめ

日本人であれば、カナダのワーホリビザを取得して、航空券を買って、カナダに行くこと自体は、誰でもできる。

けどだからと言って、みんながみんな、現地で英語を使う仕事ができるかと言うと、そうではないのが現実なのだった。

英語全然できないまま語学留学するとどうなる?現地での経験

2018.07.03

何カ国ワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

誤解のないように言っておくと、

カナダに行ってから英語を勉強すれば何とかなる。

これ自体は事実だとは思う。

なぜなら、バンクーバーは日本人が多く生活していることもあって、日本人の留学生やワーホリメーカーを積極的に雇ってくれる店がたくさんあるので、日本人が「仕事を見つけること」自体はそれほど難しくないから。(シーズンにもよるかもしれないが。)

でも日本人がカナダにワーホリで滞在できるのは「1年間」で、しかも人生で1度きり。

その貴重な時間を、

なぜ自分はカナダでこんなことしているんだろう・・

と思いながら過ごしたくはないと思うのは、私だけでもないはず。

自分がカナダで最初のはじめの3ヶ月を「英語の勉強だけ」で過ごしてしまい後で後悔したことからも、これからワーホリを考えている人は、日本にいる間から英語の準備を始めて、現地に着いたらすぐに英語を使う仕事に応募し始めることができるくらいの英語力になっておくことを私は絶対にお勧めする。

ワーホリで現地カフェですぐバイトできる英語力で渡航!体験談

2018.07.14
補足①
私がカナダで受けていたレッスンは、私がワーホリしていた5年ほど前には先生が一人だけで教えておられましたが、今は先生の他にも複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所もカナダだけでなく、オーストラリア(シドニー)やフィリピン(セブ島)、またSkypeを使って世界中どこからでも受けられるようになっています。

レッスンの内容については、こちらの記事をご参照ください。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27
補足②
桜の季節限定!の特別コースの受付がスタートされたそうです。
→好評のため受付を延長されたそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
【SAKURA SEASON WARIBIKI】

ワーキングホリデーや留学を予定されている方向け、
①日本にいるうちに英語や海外生活の準備ができるレッスン

②カナダ渡航後の現地でのレッスン
が受けられる
『桜の季節限定の特別コース』。

先生やカウンセラーさんが無料カウンセリングや「ワーホリ留学の相談会」でお一人おひとりと時間をかけてお話をされた結果、とくに海外で英語を使う仕事をしたいけれど、現在英語に自信がなく、海外生活にも不安がある方に最適な内容とされたそうです。

◆レッスンの内容概要◆

①まず日本での準備レッスンでは
120時間のSkypeレッスンを2人の先生から受け、英語を「暗記」するのではなく、海外生活で必要な「スピーキング」を伸ばすための勉強をします。

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

またSkypeレッスンが12時間終了する度に、カナダにおられる先生(日本語もペラペラです)とのSkypeレッスンを受け、そこで英語の上達度合いを確認することができます。
→つまり日本にいる間に「英語の面接」を合計で10回受けることができます。
②カナダでのレッスンでは
1ヶ月間のマンツーマンレッスンを無料で受け、現地で英語を使う仕事をするための準備をします!

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICだけじゃない!

2018.08.01

◆レッスンの目的と費用◆

①日本での準備レッスン

  • 英語の暗記(インプット)ではなく、英語で話す(アウトプット)ためのトレーニングをマンツーマンで受けられる。
  • 英語が話せるようになっている自分をイメージできるようになる。
  • 海外で生活するとはどういうことなのか、実際に住んでいる人やワーホリや留学経験者から話を聞きイメージを固められる。
  • ワーホリや留学で英語を習得できる、現地で英語を使う仕事ができるという「自信」を海外に行く「前」から持てる。

—————————
費用…56万円

②カナダでのレッスン

  • 英語の暗記(インプット)ではなく、英語で話す(アウトプット)ためのトレーニングをマンツーマンで受けられる。
  • 現地で集中的に英語を学び、英語の「文化」なども実践的に学ぶ。
  • 現地で英語を使う仕事に応募し、面接にパスするための準備をする。

—————————
費用…無料

→合計で56万円となっているそうです。

詳しくは

ワーホリ前の英語準備

もご覧ください。

ご興味のある方は、下の「コメント欄」か、「コンタクト」ページ、または「LINE」からご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_eng
で検索頂き、

・ローマ字でお名前
・メールアドレス
・ワーホリや留学の予定時期と渡航先
をご明記ください。
(先生のレッスンは、ワーホリや語学留学の予定がある方が対象となっています)

(*私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンのスケジュールや費用などに関するご質問は先生またはカウンセラーさんへ直接お願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng