カナダ・バンクーバーは住みやすい?住んだ感想

カナダのInuksuk(イヌクシュク)

カナダのInuksuk(イヌクシュク)

カナダのバンクーバーは住みやすいと聞いたことはないだろうか?

毎年発表されるエコノミスト誌のリサーチでは世界の住みやすい都市トップ10の常連になっているバンクーバーだが、実際のところはどうだろうか。

カナダ・バンクーバーは住みやすい都市トップ10常連

イギリスの経済誌「エコノミスト」は下のような指標に沿って世界140都市のliveability(住みやすさ)を調査していて、それによると2019年のランキングでバンクーバーは6位になっている。

  • Stability(安定性:軽犯罪および凶悪犯罪の発生率、テロや軍事紛争の脅威など)
  • Healthcare(ヘルスケア:公私で利用できる医療、医療の質など)
  • Culture and environment(文化・環境:気候、汚職や検閲の度合い、できるスポーツなど)
  • Education(教育:利用できる私立教育とその質など)
  • Infrastructure(インフラ:道路網や公共交通機関の質、良質な住宅が手に入ること、通信の質、水やエネルギーの質など)
2019年ランキング
1. Vienna, Austria
2. Melbourne, Australia
3. Sydney,Australia
4. Osaka, Japan
5. Calgary,Canada
6. Vancouver, Canada
8. Toronto, Canada
8. Tokyo, Japan
9. Copenhagen, Denmark
10. Adelaide, Australia
出典:The Global Liveability IndexーThe Economist.
カナダの道路

ワーホリで遭遇しがちなトラブル!体験談

2018年6月30日
カナダと日本のライフスタイルの違い

カナダ人の生活・ライフスタイルをバンクーバーで見た

2019年3月9日
「自然が美しく、治安が良く、住みやすい都市バンクーバー」

カナダ・バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018年8月25日
バンクーバーは2014〜2017年は3位、2018年6位、2019年も6位と、トップ10の常連ではあるが、ランクは下降傾向になっている。
トロントとバンクーバーの違い!ワーホリ・留学ならどっち?

トロントとバンクーバーの違い!ワーホリ・留学ならどっち?

2019年9月29日
当時から外国富裕層の投資による不動産価格の高騰や物価上昇が話題になっていたので、そういったことが関係しているかもしれない。
補足
過去5年分のランキングを見ても、トップ10に入っているのはヨーロッパ、またはカナダ・オーストラリア・ニュージーランドといったイギリス連邦加盟国ばかり。ただし2018年からは日本、それも2都市も(!)入っている。

コンパクトな観光都市バンクーバー

私はバンクーバーでワーホリ留学した事がある(2012年)のだが、確かに「住みやすい」と思った。

日本の大都市に比べれば「Villege(村)」だと言う人もいるくらい、バンクーバーのダウンタウン(中心部)はコンパクトだけれど、海も山も川も湖も近くにある風光明媚な「自然融合都市」であり、街並みも計算して作られているため美しい。

バンクーバー都市圏の人口は約240万人とカナダの中では3番目に大きな街でもあることから、大きなイベントなどもそれなりに楽しめるし、とくに夏は世界中から観光客がやって来てにぎわう。

バンクーバーの夏・アウトドアムービのイメージ

バンクーバーの夏はイベント・アクティビティがたくさん!

2019年5月6日
かつ、北米大陸西海岸のリラックスした雰囲気もあるので、

日本の忙しい生活から距離をおきたい・・

人にはおすすめ。

バンクーバーは公園もよく整備されている

ワーホリの目的がない!で大丈夫?カナダ経験談

2019年3月24日
カナダ人の国民性・性格・特徴は?親切だがドタキャンに驚いた

カナダ人の国民性・性格・特徴は?親切だがドタキャンに驚いた

2018年10月19日

全体的にリラックスした雰囲気

具体的にどんなところが

リラックスしてるな〜

と感じたかと言うと、
街を歩く人のペースがゆっくりだし、
バンクーバーのダウンタウンの中でも目抜き通りである「Robson street.(ロブソン通り)」を、ピチピチのヨガパンツ+Tシャツ+ビーサンで現地女性達が闊歩していたり、

歩きながらバナナを食べている人がいたりしたこと。

補足
ちなみにカナダでは食べながら歩くのはとくに行儀が悪いこととは思われてないようだった。
服屋でソフトクリームを食べながら商品を見ている人を見たときはさすがに驚いたが・・。

おやつがフルーツや生野菜

バナナといえば、バンクーバーで語学学校(ESL)に通っていた頃、クラスメイト全員が休憩時間にバナナを食べていてみんなで笑ったことがある。

おそらくバンクーバーはチョコレートやポテチのような加工品の値段が高い一方、生鮮食品の方が安い(買う量や店にもよるが)からだと思うのだが、フルーツや野菜を「おやつ」として食べるのがわりと一般的だった。

当時はホームステイをしていたので、ステイ先からはお弁当と一緒にバナナや、オレンジやリンゴ(もちろん皮付きの丸ごと!)を1日1個もらっていた。

で、そこのホストブラザーはよく「ベビーキャロット(baby carrot)」という、親指大くらいの小さい生のにんじんをおやつにしていた。

カナダ・バンクーバーのEnglish Bay

カナダワーホリでホームステイを経験!感想とトラブルの話

2018年7月25日
あとはブロッコリーも生で食べたり、ハイキングの時、生パセリにピーナッツバターをつけたものをタッパーに入れて持ってきている現地の人などもいた。
カナダで人気のスポーツ、カヤック

海外留学で外国人の友達を作ると見えてくることとは?

2019年12月22日
私はフルーツはとても好きなのだけど、生の野菜はちょっときついな・・と思っていた。

まとめ

日本とは言語も「文化」も大きく違うカナダ。

文化(culture)とは?
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。
culture/文化

語学留学で初心者でも英語習得できた勉強法!は事前準備がキモ

2018年6月15日
その違いを現地でぜひ実際に見て、体験してみてほしいと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。