カナダで有名な食べ物といえば?人気ランキング15

カナダ名物・ロブスター

カナダ名物・ロブスター

カナダで有名な食べ物といえばメープルシロップにサーモン、他に名物(名産)ってあるの?とワーホリ留学を始めた時思っていた。

カナダは移民が多いこともあり「カナダ料理」というのがなかなかないのだけど、現地に行くならこれは試してみてほしいと思うものをシェアしたい。

カナダで有名な食べ物とは?人気ランキング

カナダで有名な食べ物は、ガイドブックに載っているような名物はもちろん、現地の友達に教えてもらうこともよくあった。

日本でも売っている物もあるけど、ここでは独断と偏見でランキングを作ってみた。

(1)プーティン(Poutine)

Poutineフライドポテトの上にチーズやグレイビーソースがかかった、カナダの名物、プーティン。
ファストフードとか、フードトラック(移動販売車)でも売っていたりする。

(2)ティムホートンズ(Tim Hortons)

Tim Hortons略して「Timmie」「Timmies」とも言う。現地で知らない人はいないカナダ発祥のお手頃価格なドーナツチェーン店。

カナダ国内に3000店以上あるらしく、バンクーバーの空港やダウンタウン(中心部)にも複数店がある。

特にこのボール状のドーナツ (timbits)は小さくて食べやすく好きだった。

コーヒーは「ダブルダブル」を試してみてもよいかも。

Orca(シャチ)のオブジェ。Vancouver Canucksのロゴにもなっている

カナダ人の英語スラング&特徴的な言葉トップ10!

2019年1月20日

(3)メープルシロップ(Maple syrup)

メープルシロップ
言わずと知れたメープルシロップ。
日本でも買えるけど、やはりカナダ人の家にはデフォルトであった。

びっくりしたのは、カナダではパンケーキとかワッフルだけでなく、ベーコンやフライドチキンなんかにもつけたりすること。

この塩辛さに合わせるのがいいんだよ〜!

ということだった。

カナダと日本のライフスタイルの違い

カナダ人の生活・ライフスタイルをバンクーバーで見た

2019年3月9日
補足
あとこれは初めて聞いたときに思わず聞き返したのだが、サーモンにメープルシロップをかけた「サーモンキャンディ(Salmon candy)」というのもある。
私はグランビルアイランドで何度か買ったことがある。

(4)サーモン(Salmon)

サーモンカナダで「魚」といえば、これ。

バンクーバーの北部、ノースバンクーバーには、サーモンの孵化場があった。

スーパーにもレストランにも必ずあるし、スモークサーモンなどは保存がきくのでお土産としてもおすすめ。

(5)ナナイモバー(Nanaimo bar)

バンクーバーと同じブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー島にあるNanaimoという町発祥のスイーツ。
最初見たときは「ブラウニー?」と思った。

3層になっていて、ココナッツクッキーを砕いたものの上に、カスタードクリーム、トップにチョコレートがのっていて、とにかく甘い。

カフェやスーパーなどで売っているので気になる人はぜひお試しを。

(6)フィッシュアンドチップス(Fish and chips)

fish-and-chipsもともとはイギリス発祥の食べ物で、ほかの英語圏の国でもかなり一般的。(カナダだけでなくオーストラリアやアメリカとかでも。)
白身魚のフライにフライドポテトを添えたもの。
バンクーバーにはこれが有名なレストランがあったり、フードトラックでも売っているし、パブでもよく食べた。

(7)ケチャップチップス(Ketchup chips)

カナダ人の友達から

これ知ってる?

と教えてもらったスーパーやドラッグストアで買える、ケチャップ味のポテトチップス。
Lay’sというブランドが有名で、カナダでしか売ってないらしい。お土産にもおすすめ。

(8)ベリー(Berries)

カナダはベリーが人気だった

カナダはベリーが人気だった

カナダでは気候の関係でベリー類(クランベリー、ブルーベリーなど)がよく採れるらしく、スーパーでよく見かけたし、「ベリーが好き」と言うカナダ人は多い。

パンケーキやワッフルのソースやジュースでも「ベリー」が大体あったし、友達の家でサンクスギビングのパーティに参加させてもらったときは、七面鳥のクランベリーソースがけが出てきた。

(9)バッファローミート(Buffalo meat)

カナダのスーパーの肉売り場で初めて「Buffalo」を見たとき、思わず買ってしまった。

バッファローはウシ科で大きな角のある牛のような動物。

赤身肉で脂肪が少なく、ヘルシー。値段も手頃。

カナダの名物かというと微妙だけど、日本ではなかなか食べる機会ないと思うので。

(10)チキンウィングス(Chicken wings)

chicken-wings日本で言うところの鳥の唐揚げというか手羽先。

ブラックペッパーとかBBQソース、ハニーガーリック、テリヤキなど、味付がとにかく色々あり、1本単位で選べる。

初めて食べたのは、バンクーバーのスポーツパブでカナダ人達とアイスホッケーの観戦をした時だったのだが、ビールとチキンウィングスをオーダーして、他に野菜も炭水化物もなかったのが私にはカルチャーショックだった。

(11)スモーキー(Smokie)

カナダで初めて

Have you tried smokie??

と聞かれたとき「え、煙??」と思った。

何かと言うと、大きめのソーセージで、ホットドックによく使われている。

スモークサーモンならぬスモークソーセージのことらしい。スーパーで買える。

(12)ロブスター(Lobster)

カナダ名物・ロブスター

カナダ名物・ロブスター

レストランや、大きめスーパーの海鮮コーナーにも売っていたりするロブスター。

初めて見たときは「おお、これか・・!」と謎の感動があった。

搾ったレモンやバターをつけて食べるのが一般的。レストランで食べたとき、割と良い値段だった覚えがある。

(13)スモア(S’more)

カナダ人の友達とキャンプに行ったときに、

マシュマロを焼こう!

と言っていて、初めてこういう食べ物があることを知った。

カナダと日本のライフスタイルの違い

カナダ人の生活・ライフスタイルをバンクーバーで見た

2019年3月9日
焚き火でマシュマロを熱々にしたら、チョコレートとクラッカーで挟んで出来上がり。

普段の生活ではあまり食べる機会はないかも。

(14)ブロッディシーザー(Bloody Caesar)

これは紹介すべきか迷ったのだが、勇気がある人は試してみてほしい。

カナダのカルガリー発祥の、ウォッカとトマトジュースベースの「ブラッディ・メアリー」に着想を得た、ウォッカにクラマトジュース(ハマグリエキスとトマとジュースに香辛料が入ってる)ベースのカクテル。初めて見たときは衝撃的だった。

ライムのスライス、セロリスティックとかソーセージが入っていて、コップのフチに塩胡椒がついているのでそれもつけながら食べる。

味は「・・ピザ?」という感想を持った。

(15)アイスワイン(Ice wine)

アイスワイン

カナダやドイツなど限られた国でしか作られていないワイン。

凍ったブドウを使って作るのであまりたくさんは作れないらしい。で、ブドウは凍らせると甘味が増すらしく、かなり甘口のワイン。「Dessert wine」とも言われる。

私はケロウナ(ワインどころ)に行った時、リカーショップで何本か買ってお土産にした。

日本でもネットとか大きな店では売っていたりして、たまに飲みたくなることがある。

まとめ

カナダで有名な食べ物のランキングを独断と偏見で作ってみた。

せっかく行くなら「現地ならでは」のものはぜひ試してみてお気に入りを見つけてみてほしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
follow us in feedly