カナダ人の生活・ライフスタイルとは?仕事・家庭・自分の時間

カナダと日本のライフスタイルの違い

カナダ人と日本人の生活・ライフスタイルの違いは1日を「仕事」「家庭」「自分の時間」に分けるとクリアに見えてくる。

とにかく「仕事第一」の日本に対してカナダではその優先順位が低いのだった。

「ライフスタイル(生活)」の違い。それはつまり「文化(考え方や価値観など)」の違いでもある。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

全体に漂うリラックスした雰囲気

バンクーバーは人口約63万人、周辺地域も含めると約246万人(2016年のデータ:Wikipedia;Vancouverで、カナダの中でも「大都市」と言われる街だが、それでもダウンタウンは徒歩1時間くらいで一周できてしまう。

だからこれからバンクーバーに行く人は、東京や大阪など日本の「大都市」を想像していると拍子抜けする、かもしれない。

けれどダウンタウンから車で1時間以内の範囲に、山も海も湖も森もあるバンクーバーは、自然と都市が融合した美しい街でもある。
カナダのバンクーバー

キーワードはおおらか・のどか・リラックス!

まず私がカナダに着いたばかりの頃、「日本と違う」と感じたのは、街行く人たちの歩くペース。

東京やニューヨークなどのBusy City(忙しい街)は、人々の歩くペースが早いことで有名だが、バンクーバーのダウンタウン(街の中心部)を歩いた時、私は

Cana
みんなゆっくりだな〜
と感じた。(もちろん個人差はあるが。)

公共交通機関も時間にルーズ

バンクーバーの公共交通機関には「Skytrain(スカイトレイン)」という電車兼地下鉄、それとバスがあるのだが、バスが遅れてくるのは当たり前。

遅れるも何も、来ない、ということも度々あった。

やっと来たかと思いきや、バス停で止まらずに通り過ぎて行ったり(ドライバーが止まるのを忘れるらしい)、後続のバスと2台一緒にきたり・・。

本当にあてにならないので、バスを使う日は早めに家を出る必要があった。

現地の人はどうしているのか聞いてみたところ、

車を持っているからあまりバスは使わない

とか

10分待って来なければ近くのSkytrainの駅まで歩く!そっちのが早い!

とのことだった。

補足

Skytrainは自動運転(つまりモノレールみたいな感じ)だから、時間に正確だった。




カナダのスカイトレイン

カナダのスカイトレイン

パーティには遅刻、がマナー

カナダでは「party」がよくあるのだが、参加者は遅れて到着するのがマナー。

時間ピッタリについたところで「まだ準備中なんだけど・・」と迷惑な顔をされたりする。

補足
日本語の「パーティ」だと着飾った人々が食べたり飲んだりして騒ぐ、というイメージがあると思うのだが、カナダではまた少し異なる。たしかに「Holloween Party」などは着飾るが、普段着でみんなで集まって食べたり飲んだりするのも立派な「Party」。

Farewell Party(送別会)、 Potluck Party(食べ物や飲み物を各自が持ち寄っておしゃべりする会で、ホームパーティではこの形式が多かった)などなども、全て「Party」である。

カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い

2018.08.05

友達との普段の待ち合わせも、時間ピッタリにくる人は少なく、たいてい遅れてやって来る。

だから時間きっかりにきてほしい時にはあえて

We will meet at 5pm SHARP.(5時きっかりに待ち合わせね)

と書いたりする。

こんなところも、小学校から「5分前行動」を習慣づけられる日本とは「違うなぁ〜」と思った。

補足
ただし、もちろん個人差はあり、私はカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンを受けていたのだが、その先生はいつも時間より早く来ていた。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

ファッションも基本カジュアル

またバンクーバーのダウンタウンでも、

Tシャツ + ピタッとしたヨガパンツ + フラットシューズ
を履いた女性達がダウンタウン(中心部)を闊歩していて、
Cana
わ〜!カジュアル〜!!
と思った。

普段あまりメイクしないカナダ人女性たち

日常生活でも

バッチリメイク + 流行りのファッション
を気にする人が多い日本とは違い、私がカナダで一緒に遊んでいたカナダ人女性たちは、普段はだいたい「シャツやパーカー・デニム・フラットシューズやスニーカー」で、特別なイベントがある日だけ「バッチリメイク」をする人が多かった。
補足
ちなみに「パーカー」は和製英語で、カナダで言っても通じないので注意。英語では「Hoodie」(カタカナで書くと「フーディ」)。

日本人女性の美意識の高さ

対して、日本人や韓国人のワーホリメーカーや留学生はやはり

バッチリメイク + 流行りのファッション
でダウンタウンを歩いている人が多いため

日本人って毎日オシャレ(Dress up)しててすごいと思う

と感心したように言う現地の人もいた。

バンクーバー留学の準備!行く前に知りたい文化の違い

2018.07.19

日本人とカナダ人の「人生の優先順位」の違い

カナダで知り合った友達が「数ヶ月日本で交換留学をしたことがある」と言うので、感想を聞いたところ

I like Japan. But I thought like, Life is Work in Japan.
(日本は好きだよ。けど日本では「仕事が人生」なんだなと思った)

と言っていて、

Cana
す、鋭い・・!
と思った。

一般的に

日本は仕事を始める時間(始業時間)には厳しいが、終わる時間(終業時間)には無頓着

と言われるが、カナダの人たちは終わる時間に厳しい。

早寝早起き+残業しないカナダ人

カナダでワーホリ留学を始めた当初、私はフィリピン系カナダ人の家庭にホームスティしていた。

ホストペアレンツは共働きだったのだが、彼らの

毎日早朝から仕事に行き、午後の4時や5時には仕事を終えて帰ってくる
という生活スタイルにまず衝撃を受けた。

帰宅が早いから夕食も「6時スタート」と言われたし、9時や10時には寝てしまう。

カナダワーホリ・ホームステイを経験した感想とトラブルの話

2018.07.25

バンクーバーは「白夜」とまでは言えないが、春から秋にかけて夜の9〜10時頃までかなり明るい。

4時や5時だと「・・真昼ですか?」と思うくらいの明るさだった。

そういうこともあって、

Cana
こんな明るい時間に家に帰ってこられるっていいなぁ!!
と思ったのと同時に、
Cana
寝るの早っ! めちゃ健康的・・!
と思った。

補足
24時間営業のコンビニや、深夜営業の店なども日本に比べ格段に少ないのがカナダ。
ただしやはり若者は夜遅くまで遊びたいので、ダウンタウンには深夜まで開いているクラブなどもある。

バンクーバーで現地の友達を作るために知っておきたいこと

2019.01.02

何しろそれまで自分が日本で働いていたときは、仕事の後にたとえば「今日はもし仕事早く終わったら映画見に行きたい」と思っていたとしても、その日何時に仕事が終わるのか予測がつかない(残業がいつ終わるのかわからない)為、アフターワークの予定を立てることさえ難しい生活だった。

でもカナダのように定時で帰るのが「普通」であれば、アフターワークでも予定を入れられる。

だから現地でカナダ人の友達ができるようになると、カナダ人でフルタイムで働いている人、しかも日本では忙しいことで知られているような職業についている人でも、夜に映画館で一緒に映画を観たり、レストランに行ってディナーをしたりが普通にできた。

何しろ、バンクーバーでは定時どころか、定時に閉まってしまう店(店主が家に早く帰りたいらしい)などもあり、最初は驚いたが、すぐに慣れた。

補足
そういえばカナダから帰国後オーストラリアを一人旅した時、アデレードの中心部にあるスーパーが4時に閉店しており、夕食の買い出しができず、普通に困ったことも今となっては良い思い出・・。

オーストラリアで受けたカルチャーショック!言語・文化の違い

2019.01.01
ちなみにカナダでも長時間労働をする人も、もちろんいる。

例えばカナダの企業のマネージャーのポジションについている友達などは、残業もバリバリしていて、いつも忙しそうにしていた。

つまり、日本ではヒラ社員でも残業を求められるのに対して、カナダでは残業しているのは主に管理職などの役職が高い人。

だからほとんどの人にとっては残業をしないのが「普通」なのだった。

いつも「仕事優先の友達」に立腹!

現地の友達ができるようになってからは、他にもこんなことがあった。

カナダでは「友達に友達を紹介する」という「文化」があり、

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27
私の友達が常々

Canaに高校の友達を紹介したいんだよね〜

と言って、何度かその人も入れて一緒に出かける予定を立ててくれようとしていた。

しかし数週間後にその友達に会ったら、

ちょっとCana聞いてよ! 毎回遊びに誘っても「仕事があるから無理」っていう返事がくるんだけど、いつも「仕事仕事」って、あの人はそんなに仕事が大事なんだろうか!

と言って怒っていた。

たぶん日本で社会人だったら、

仕事があるから

というのは誘いを断るのに一番よく使われるフレーズで、そう言われた方は

そっかぁ、それなら仕方ないよね。

としか思わない。

しかしカナダではあまりに「仕事仕事」の人はこんな風に思われるんだ!というのは衝撃だった。

家族が大事!「Family comes first.」

さてカナダ人はそんなに早く家に帰って何をしているのかというと、家族がいる人は家族と時間を過ごすことを大事にする人が多い。

例えばカナダ人の友達と話していると

来週はMom(母親)とレストランでランチ/ディナーの約束をしている

今日は実家でファミリーディナー(Family Dinner)がある

という話が本当によく出てきた。

カナダ人の性格・国民性・特徴は?親切だがドタキャンの多さに驚いた

2018.10.19

正月やお盆などの特別な日ならともかく、私は日本では家族との食事より友達との遊びを優先していたので、

Cana
そうか、カナダでは家族との食事も1つのイベントなんだ!
と思った。

日本「仕事>家族」、カナダ「家族>仕事」

バンクーバーでワーホリを始めた当初、語学学校(ESL)に通っていたときには

明日はカルガリーに住んでいる両親がバンクーバーに遊びにくることになっていて、街を案内しないといけないから休むよ

と言って翌日本当に休んでいる先生がいた。

日本では家族が病気になったり、妻に子供が生まれるときにさえ仕事優先で働いている人が多いと思うのだが、カナダではそういった理由でも堂々と仕事が休めるし、それが「普通」なのだというのは衝撃だった。

「男性も家事や育児をするのが当たり前」という考え方

また日本では「男性=外で働く」「女性=育児や家事」というような考え方(性別役割分業)がまだ根強いのに対して、カナダでは男性も家事や育児に関わるのが当たり前、という意識がある。

カナダで感じたカルチャーショック!日本は・・の国だった

2018.10.11
実際、私がホームスティしていた家でも、もしホストマザーが夕飯を作るなら必ずホストファザーが皿洗いをしていたり、掃除や洗濯も完全に分担していた。

家の中のイメージ

家の中のイメージ

「残業時間が長い」ということは、「家庭よりも会社で過ごす時間が長くなる」ということ。

だから日本の場合、「家庭」よりも「会社」が居場所になっている人(特にある一定の年齢以上の男性)がとにかく多いように思う。

一方、カナダでは「職場」よりは「家庭」に居場所を求める人が多いため、カナダ人の友達は

ここでは家庭に居場所がない人はLoser(負け犬)と見なされるんだよ〜

と言っていて、大きな違いを感じた。

カナダ人はアウトドア大好き

さてそんなカナダ人たちが、週末にはどんなことをして過ごしているかというと、

  • サイクリング
  • ランニング
  • ハイキング
  • カヤック
  • ヨガ
  • キャンプ
  • カヌー
  • バーベキュー
  • 日光浴
などなど、アウトドアスポーツ/アクティビティが大好き!である。

バンクーバーのダウンタウンには、Stanley Park(スタンレーパーク)という大きな公園があるのだが、ランニングやサイクリング用に整備された道路があったり。

余談だが、この公園ではよくアライグマを見かけた。

スタンレーパークののアライグマ

スタンレーパークののアライグマ

他にも、シェアハウスの近所を歩いていてリスを見かけたり、スカンクもいたし、クマもいるので公園のゴミ箱が「クマが簡単に開けられない」ような仕組みになっていたりもする。

天気が良いと嬉しくて外に出たくなる

春〜夏の天気の良い日には、公園や海岸でシートを敷いて、または家のベランダのベンチに寝そべって、水着で日光浴していたり、家族や友達同士でバーベキューというのもよく見かける光景だった。

というのも、バンクーバーの冬は雨がよく降る。(雪は滅多に降らない。)

またその期間も長いため、

天気が良いとみんな嬉しくなって外に出てくるんだよ

と現地の人は言っていた。

補足
日焼け止めも売ってはいるが、日本人ほど日焼けを気にしていないし、むしろ肌を焼くのがCoolなのだ、ということだった。
だから日本の夏には必ず見る「日傘」や「黒い手袋」も、バンクーバーでは見たことがない。
私もカナダに行くまでは完全なる「インドア派」だったが、バンクーバーに住んで「アウトドアもいいな!」と思うようになった。

雨や曇りの日は・・

アウトドアは外だから、晴れじゃない日はどうするかというと、これは日本に比べてずっと選択肢は少なくなる。

だいたい「カフェでまったり」とか「映画」となることが多かった。

そもそも日本の「繁華街」と、バンクーバーの「ダウンタウン」もかなり違う。

日本では乱立しているカラオケ、パチンコ、ゲーセン、ショッピングビルなどが、バンクーバーには、ない、または、ほとんどない。

補足
カラオケはいくつかあるようだったが、私の周りのカナダ人はあまり興味がなく、韓国人や日本人の友達には人気だった。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03
パチンコが今あるのはおそらく世界でも日本だけ(韓国では禁止になったらしい)だし、ゲーセンも見たことがない。ただし、ビリヤード(pool)やダーツ(darts)ができる店ならちらほらあった。

またバンクーバーは景観保護の関係で建物の高さなども制限されているためショッピング「ビル」はないが、デパートやショッピングモールはある。

食事は基本高カロリー

早寝早起きでアウトドアスポーツが大好きなら、カナダ人はみんなスリムなのでは??と思うかもしれないが、カナダでは日本の比でなく太っている人をよく見かけた。

食事イメージ

食事イメージ

一応人口当たりの肥満率を比べてみたら、カナダは29.40%で24位、一方日本は4.30%で186位。
(2016年のデータ。COUNTRY COMPARISON :: OBESITY – ADULT PREVALENCE RATE;CIA’s World Factbook

まずカナダで外食すると、出てくる食事の量が多いし、ピザ、ハンバーガーなどカロリーが高い食事を好む人も多い。(ベジタリアンやビーガンの人もいるけれどやはり多いのはこういった食事。)

そのためワーホリや留学で来ている日本人の、特に女性からよく聞いたのがこれだった。

カナダに来てから太った!!

何しろファストフードにも日本のように「ウーロン茶」や「紅茶」などノンカロリーのドリンクがなく、「カナダ人の肥満の原因はこれなのでは??」とよく思ったりした。

夕飯が「ワッフル」。

ある日カナダ人の友達と

うちに来てよ! 一緒にディナーを食べよう!

という話になり、何を作るのか聞いたら

ワッフルとベーコン!

という返事が返ってきて、冗談かと思っていたら本当に「ベーコンを挟んだワッフル」が主食として出てきたりする。

そしてさらにデザートがドーナツだったりもする。

カナダ人がよく言う!特徴的な英語スラング&言葉トップ10

2019.01.20

日本食はやっぱりヘルシーと再認識

ホームスティしていた時には、ファミリーが全員出かける日など、夕食が某ファストフードのハンバーガーとポテトだけだったりして、「栄養バランスとは・・?」と考えてしまった。

カナダでもスーパーで米や味噌、醤油など買えるため、私はシェアハウスに移ってからはなるべく自炊をするようにしていた。

だからそこまで太らなかったけど、やはり外食が多い人は注意したほうが良いかもしれない。

とはいえ、日本人女性は「太った」と言えどもまだまだ痩せている人が多いのだが。

まとめ

カナダという国で生活して感じた「ライフスタイル」の違い。

もちろん個人差はあるから、カナダでも「仕事第一!」な人もいるし、皆が皆アウトドア好きなわけでもない。

ワーホリで働くなら?事前に知りたい文化の違い

2019.02.17
私は日本以外の国に住むのはカナダでのワーホリ留学が初めてだったから、日本では「当たり前のこと」が海外では「当たり前じゃない」ということ自体、驚きの連続だった。

バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018.08.25

ワーホリで遭遇しがちなトラブルとその対処法

2018.06.30
私の場合、日本では「ほぼ仕事一色」の生活だったのだが、カナダで「日本と違うライフスタイル」を経験できたことで、「自分はどういうことが好きなのか?」、「興味があるのか?」、「どういう風に1日の時間を使いたいのか?」ということがよりはっきりしていくのを感じた。

ワーホリは帰国後の就職・就活に有利?不利?体験談

2018.12.30
これからカナダでワーホリや留学をする人もきっと現地でそういう発見があることだと思う。
補足
今回の記事は、私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を教えていただいた先生が、2/28~3/4に来日され、日本で行われた「レッスン&ワーホリ留学の説明会」でお話されたことがベースになっています。

私が受けていたレッスンについてはこちらの記事を参照ください。

ワーホリ留学で英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

先生は度々日本へ出張で来られていて、日本各地を縦断し、レッスンをされています。

これによって、日本にいる間にカナダでの生活をイメージし、現地でスムーズなワーホリ生活をスタートする準備ができるようになっています。

なお次回の来日は4月を予定されているそうです。

さらに、日本にいる間から時間をかけて英語を準備できる「特別コース」が開始されたそうです。

詳細は

lesson-in-japan画像

をご参照ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng