カナダの「クリスマスと正月」の過ごし方は日本と真逆。

クリスマスイメージ

カナダのクリスマスと正月の過ごし方は日本とかなり違う。

端的に言えばクリスマスと正月の過ごし方は「真逆」であり、改めて日本とカナダの文化・宗教の違いを感じた。

カナダのクリスマスの過ごし方

日本のクリスマスは「恋人のためのイベント感が強い」だが、カナダのクリスマスは「家族で過ごすイベント」であった。

(あくまで「一般的に」で、移民が多いカナダでは宗教上の理由でクリスマスを祝わない家庭もある。)

とはいえ日本に比べてキリスト教の影響が強い国ではあるので、やはりクリスマスはビックイベントだった。

恋人より家族のカナダ

カナダのバンクーバーでワーホリしていた時、もうすぐクリスマスという頃に知り合いのカナダ人と話していたら

僕は日本に住んでいたことがある(数ヶ月留学していたらしい)けど、日本のクリスマスはひどい!

だって恋人がいないとまるでLoser(負け犬)なんだ。

その点カナダはクリスマスは家族と過ごすのが当たり前だからいい。

と言っていた。

日本のクリスマスはなぜか「恋人のためのイベント」感が強いのは事実。この時期になるとカップルのための「デートプラン」や「おすすめスポット」が一斉にメディアに出てくる。

もちろんバンクーバーもクリスマスマーケットやイルミネーションイベントなどあり、恋人同士でも楽しめる。

が、クリスマス当日はまず家族と過ごすのが第一で、恋人もいれば恋人も呼んで一緒に過ごすのが一般的ということだった。

補足
フレンドリーな文化のカナダでは、親への異性の友達や恋人の紹介も日本より気軽に行われているように思った。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04
私も恋人ではないカナダ人の男友達のお母さんに紹介してもらったことがある。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

家族が近くにいない人たちはどうするかというと、友達同士で集まって過ごす。

もちろん恋人だけで過ごす人もいるけれど、どちらかというと「できるだけ大勢で一緒に過ごす」傾向が強いように思った。

というのも、カナダでは、楽しい時間を他人と共有(Share/シェア)するという文化があるため。

補足
The more the merrier!(人数は多ければ多いほど楽しい!)

カナダ留学で友達を作るなら「フレンドリー」がキーワード!

2018.11.27

だからクリスマスが近くなると

皆でレストランで食事をして、クラブに乗りだそう!

とか

誰かの家でのんびり過ごそう!

という誘いが飛び交っていた。

プレゼントは必須

また別の、日本でクリスマスを過ごしたことがあるカナダ人の友達は

日本のクリスマスは、Commercialized(商業化された)だよね

とも言っていた。

カナダのクリスマスでは料理はだいたい自家製のローストターキー(七面鳥の丸焼き)がメインだが、日本のクリスマスは某ファーストフードのフライドチキンがメジャーだったりするのを考えると「たしかに・・」と思った。

ただし私は子供の頃は親からクリスマスプレゼントをもらっていた覚えがあるが、高校生くらいからはもらった記憶がない。

でもカナダの友達は、成人になっても家族でクリスマスプレゼントを交換すると言っていて、「プレゼントは必須」だということがよくわかった。

ちなみに私は友達同士のクリスマスパーティに参加したのだが、そこでも自由参加(交換をしたい人だけプレゼントを持っていく)のプレゼント交換があった。

クリスマス当日(25日)は静か!

驚いたのは、日本ではクリスマスの24・25日は一年の中でも繁盛する日だと思う。レストランやカフェや店はまず開いているが、カナダでは25日にダウンタウンに行ったら、ほとんどの店が閉まっていて、人もあまり歩いていなかった。

反対に、正月は日本では店が閉まっている事が多いが、カナダでは割と店が開いていたりして、

日本と真逆!

と思った。

ちなみに
クリスマスの翌日、12月26日はBoxing Dayと呼ばれる、大バーゲンの日である。
日本で言う「初売りセール」の感覚に近く、服だけでなく家電でも家具でも、とにかく店という店がセールをするため、人々が競って買い物に繰り出す日。

カナダの正月の過ごし方

日本では「正月は家族と過ごす」のが一般的だが、カナダの正月は「友達か、いれば恋人と過ごすイベント」であり、ここでは家族の優先度はそこまで高くないようだった。

カウントダウンは盛り上がる

カウントダウン

カウントダウンのイメージ

大晦日から元旦にかけては、ディナーやホームパーティ、それにクラブやバーやパブに行ったりが一般的。

私は友達数人と一緒にクラブで年越しを迎えたのだが、やはり盛大なカウントダウンがあった。

他に特別なことはない

私がカナダの正月で文化の違いを実感したことの一つは、まず「大掃除」というのがカナダには無いこと。
というのも

Cana
New Year’s Eve(大晦日)には部屋を掃除しなくちゃ!
と何気なくカナダ人の友達に言ったら、

えっ、なんで?

と驚かれた。

何でわざわざ大晦日に掃除をするの? 常日頃からこまめにしておけばいいじゃない?

と言われ、私には返す言葉がなかった。

またおせちや蕎麦や餅、海鮮など「正月といえばな食事」があるのが日本だが、カナダでは特に何も変わらなかった。

補足
カナダでもそういう食材を食べようと思えば、日本食レストランやスーパーで手に入れることができる。

初詣に行かない正月というのも私には初めてで、改めて日本とカナダの「宗教の違い」を感じた。

まとめ

カナダではクリスマスに合わせて長期休暇を取る人も多いが、1/2からは通常通り働いていたりする。
一方、日本ではクリスマスは平日である限り仕事で、正月に合わせて休みを取るという人が多いと思う。
そんなところも「真逆だ・・!」と思った。

初心者が語学留学で英語を習得できた!まずは基礎から

2018.06.15

バンクーバー留学の準備!行く前に知りたい文化の違い

2018.07.19

ワーホリで海外に行って英語を習得するために必要なこと

2018.09.25

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng