留学で心が折れると思ったこと。英語を使って冷たくされた時

カフェ写真

留学中、心が折れるかもと思ったこと。

カナダで留学生活を始めた頃、カフェでコーヒーを1杯注文するのさえ緊張の連続なのに加え、毎回なぜか店員から「冷たくあしらわれている感」があった。

自分の前の客には愛想よく接しているのに、自分の番になると急に冷たくなるような。

これはアジア人に対する差別なのか?とすら当時は思っていた。

実は自分が「日本的な注文の仕方」を英語に直訳して話していたことが、意図せず「失礼な英語」になってしまっていたのが原因だったということがわかったのは、すでに数ヶ月が過ぎた後だった。

留学中英語がうまく話せず心が折れる

たとえばカナダのカフェでコーヒーを注文するとき、フレーズを言ってもカタカナ英語すぎて伝わらない。

留学して英語の発音が流暢に!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28


だからそんな時、メニューを指さしながら私が言っていたのは、

Cana
Latte…Small…No ice.

・・これだけ。

これだけでコーヒーを受け取っていた。

そして店員は、私から不愛想にお金を受け取り、コーヒーを渡すだけだった。

だから毎回私はカフェに行くと、

今日こそはうまく英語でオーダーできますように!


と思う一方、
注文後にはいつも若干ヘコんでは

カナダのカフェの店員は何でこんなに愛想が悪いのだろう。日本とは大違いだ・・!

とストレスを感じていた。

カナダのカフェの店員から冷たくあしらわれていた理由

後からわかったことは、私はこのときカナダにいながら、日本でコーヒーを注文する時に使う単語を「直訳」しただけの英語を話していた。

つまり、カナダでも日本的な、「お客様は神様です」文化を使って英語を話していた。

文化(culture/カルチャー)とは
人々の考え方や価値観、行動の仕方、習慣、ライフスタイル、そして人と人との関係性のこと。

初心者でも語学留学で英語を習得できた!まず学ぶべき基礎

2018.06.15

英語としては

Latte

Small

No ice

も、単語の一つ一つはどれも完璧に正しい。

でもそこには英語の「文化」がない。

「お客様は神様」感覚の英語は失礼

日本の文化であれば、つまり日本のカフェであれば、客がそっけなく

ラテ。スモール。アイスなしで。

とだけ言ってコーヒを受け取っても、店員は笑顔で対応してくれる。

なぜなら日本では、お客様は神様だから。

しかしそれをただ英語に直訳し、カナダでコーヒーを注文しようとすると、カナダの、客と店員はもっと対等(というかむしろ客の方が下なんじゃないかと思わされることもしばしば・・)な文化の中では

この客は何て失礼(rude)なんだ!

と思われ、冷たい対応をされる。

英語初心者がネイティブと会話するためにまず知るべきこと

2018.07.04
当時の私は「Latte…Small…No ice.」だけで、最初にあいさつ(「Hi!」程度の短いあいさつ)も言わないし、「Please」もなければ、受け取るときに「Thank you」も言っていなかった。

それは今考えると、カフェの店員から冷たい対応をされても当然だった。

店員がイラッとしていた理由

日本で暮らしているとそれが「当たり前すぎて」あまり意識することもないかもしれないが、日本語の文化では、他人に対して礼儀正しくあること(polite)がとても重視されている。

相手が年上か年下か、目上か目下かによって、言葉づかいや態度を細かく使い分ける必要があり、自分よりも「上」の人には敬語を使い、おじぎをし、常に謙遜を忘れてはならない。

反対に、自分よりも「下」の人にはかなり横柄な物言いをしても許される。

それが「日本の文化」である。

でも英語の(カナダの)文化では、礼儀正しくあることよりもフレンドリー(friendly)であることが重視される。

海外に住んだことがないとあまりピンとこないかもしれないが、カナダでは道端で、スーパーで、カフェで、知らない人から話しかけられたり、話しかけたり、初対面同士でも親しげにおしゃべりしたりできる。

カナダにいる日本人は「ガイジン」であることに気づいた時

2018.07.18

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
余談だが・・
日本ではホームレスの人に話しかけられることなどそうそう滅多にないと思うが、カナダでは普通に「小銭ちょうだい」と話しかけられることにも始め驚いた。

バンクーバーでホームレスの人に話しかけられたら

2018.08.25

日本語と違う「英語の文化」

こんな風に「文化」はカフェでコーヒーを1杯注文する時のような「ちょっとしたこと」にも関わってくる。

それを私は、バンクーバーで語学学校(ESL)に3ヶ月通って英語を勉強したものの「英語が話せている」という気がせず、悩んでいたところ知り合いから聞いて受けるようになったマンツーマンの英語レッスンの中で学んだ。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業とほぼ同じ。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、大半の時間は先生の話をリスニングし、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

どこでワーホリしても「仕事見つからない」人がいる理由

2018.12.06

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

日本語と英語の敬語は違う

先生
英語にも敬語はあるのですが、日本語のように「だよね」を「ですよね」にするなど、「語尾だけ変える敬語」というものは存在しません。

そのため客と店員・上司と部下など、日本だったら言葉づかいを変えて話さなければならないところも、カナダではまるで親しい友達同士のような話し方になるんです。

補足
ワーホリから帰国後、旅行で訪れたニュージーランドでもそれを感じた。

ニュージーランド人の国民性・性格を旅行中に感じた

2018.08.21
Cana
そういえば、スーパーで客と店員が親しげに話してたので「友達なのかな?」と思ったら普通に客の方が

ありがとう! Nice meeting you!

と言って去っていったので、「え!初対面だったんだ!」と驚いたことがあります。

補足
「Nice meeting you」は「Nice meet you」と同様に、初対面のときに使う。
2回目以降は「Meet」ではなく「See」を使う。
先生
はは、カナダではよく見かける光景ですね。

英語では年上年下で言葉づかいを細かく変えるということもないですから、Canaさんが年配のカフェの店員に「YOU GUYS」と言っても、全く失礼にはなりません。

ワーホリと英語力~仕事で重要なのはTOEICじゃない

2018.08.01
Cana
ああ!そうでした。言う前はドキドキだったんですが、実際、笑顔で対応してもらえました。
先生
実際に経験することで、相手が年上でも、フレンドリーな話し方をしてよいということが腑に落ちたと思います。

反対に、日本人が日本語でコーヒーを注文するときの「日本語の単語だけを直訳した英語」を話す方が、カナダでは失礼になってしまうのです。

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

今は海外のカフェで英語のスモールトークが始まる

自分では英語を話している「つもり」。

でも英語の「文化」が欠けていた為、知らずに失礼な英語を話してしまっていた。

だから、カフェの店員から冷たい対応をされていたのだった。

今はカナダに限らず、海外に行った時カフェで注文をすると、どちらからともなく会話が始まり、カウンターを離れづらいことすらある。

まとめ

カナダのようなフレンドリーな文化の中では、まず客がカウンターに立ったら、

Hi, how are you today? (こんにちは、調子はいかが?)

という風にだいたいまず店員の方からフレンドリーに挨拶をしてくれる。

ワーホリで英語を使う接客の仕事をして感じる文化の違い

2019.02.17
だからそれにまず答えて、そこからスモールトーク(ちょっとした世間話)が始まるのがよくあるパターン。
補足
だからなぜか店内はそんなに混んでいないのに、カウンターに行列ができている・・というのもよくある光景だった。日本だったら待っている客が怒り出しそうなものだけれど、文化が違う国では、店員と客がおしゃべりに興じていても文句を言う人はいない。

カナダで感じたライフスタイルの違い。仕事・家庭・自分の時間

2019.03.09

バンクーバーで留学する人に知ってもらいたい文化の違い

2018.07.19
以前はあった、カフェでコーヒーを注文するときの店員から「冷たくあしらわれている感」は完全になくなった。

留学でなれる英語レベルとは?まず今の英語力を知ろう!

2018.08.09

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng