アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

カナダ・バンクーバーの桟橋

カナダ・バンクーバーの桟橋

カナダで留学していた時、アジア人は英語学校で授業中、先生の話を黙って聞き、発言も少ないのに対し、ヨーロッパやメキシコ・南米からの留学生は授業中も気軽に英語で発言することに驚いた。

自分は日本で中学高校の6年以上も英語を勉強してきたのに、全然話せない。

「この違いはどこから来るのか?」と思った。

アジア人に英語が難しいのは「発音」が違うから?

日本人にとって英語が難しいのは、日本語と英語は「文法」も「単語」も「発音」も、全然違うから。

それに比べると、彼らの母国語(スペイン語やフランス語やポルトガル語など)と英語とでは、同じラテン語を語源にしていることもあって共通点が多いからだろう、と当時の私は思っていた。

でもその後、日本とヨーロッパやメキシコ・南米の国々とでは、そもそも英語の勉強の仕方が違うということがわかった。

注意
語学学校に行けばいろんな国の学生と知り合える・・と思うかもしれないが、私が通っていたバンクーバーの語学学校の生徒の90%は日本人と韓国人だった。
そのためカナダにいても、教室にいる全員が日本人だけor日本人と韓国人だけということも多々あり、ヨーロッパやメキシコ・南米からの留学生とクラスが一緒になるのは「たまに」だった。
これは何もバンクーバーだけでなく、日本人がワーホリや留学で行くような大きな都市ではだいたい同じような状況らしい。

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

ワーホリ中に韓国人と日本人の友達しかいなかった理由

2018.11.07
補足
ちなみにメキシコは南米だと言う人もいるが、地理上はカナダやアメリカと同じ「北米」である。

「スピーキングは得意だけど文法は苦手」な非アジア人

語学学校で彼らを見ていると、(自分を含めて)日本人や韓国人(アジア人)の留学生は大抵、授業中も静かに先生の話を聞いているのに対し、ヨーロッパやメキシコ・南米からの留学生は、先生の話をさえぎって自分の話を始めたり、遠慮なく質問をしたりしていた。

(かといってアジア人留学生は質問がないのかというとそうではなく、授業が終わった後に先生の所まで行って質問をするのだった。)

ある日、クラスが一緒になったブラジル人に聞いてみた。

Cana
何でそんなに英語が話せるのに語学学校に来てるの?
と。

すると

う~ん、私はスピーキングは得意なんだけど、文法が苦手だから。
一回ちゃんと勉強しなくちゃと思ってた。

と言う。

その頃の私がいつも一緒にいた日本人や韓国人のクラスメート達からは

スピーキングは苦手で、文法はまぁそれに比べればマシ

とか

スピーキングは苦手で、文法も苦手

という言葉しか聞いたことがなかったので、彼女の言葉は衝撃だった。

「スピーキングは得意だけど」なんて・・一度でいいから言ってみたい!と思った。

「日本・韓国」と「南米・ヨーロッパ」の英語教育の違い

日本や韓国からの留学生も、南米やヨーロッパからの留学生も、カナダでは同じ語学学校の、同じ教室で、同じように英語を「勉強」するけれど、「それぞれの国で受けてきた英語教育」は同じではない。

①「読み書き(暗記)重視」VS「コミュニケーション重視」

語学学校では、まず入学時にレベル分けのテストがある。

「日本人や韓国人(アジア人)の留学生」は、母国で「英語の読み書きが中心の勉強」をするので文法や単語の知識が(比較的)あり、文法や語彙力を問うペーパーテストでも高得点を取りやすい。

反対に、「ヨーロッパやメキシコ・南米からの留学生」は、母国でより「英語を使ってコミュニケーションすることを重視する勉強」をしているので、スピーキングのテストでは高得点を取りやすいが、文法や単語の知識を問われるペーパーテストでは低い点数を取りがち。

そのため「アジア人留学生」と、「ヨーロッパやメキシコ・南米からの留学生」とでは、英語の得意・不得意が異なるために、同じクラスになりにくいのだった。

英語で話すための勉強とテストで点を取るための勉強は別物

2018.08.20
補足
カナダではフィリピンやマレーシア、シンガポール出身の人とも度々出会った。
そういう「英語が公用語の一つとなっている国」から来た人達は、同じアジア人でも日本人や韓国人よりもずっと流暢に英語を話していた。
それは母国で受けてきた教育が違うからであり、彼らはカナダでは語学学校ではなく、現地の高校や大学に通っていた。

②「減点主義」VS「加点主義」

ただし始めのうちはただ「ペラペラですごい!」としか思えなかった彼らの英語だったが、時間が経つにつれて実はけっこう発音が違っていたり、文法や単語もミスが多いということが私にもわかってきた。

でもたとえ文法や単語がめちゃくちゃだろうが、発音がなまっていようが、彼らはそんなこと気にせず、堂々と話しているように見えた。

それはなぜなら、日本や韓国の学校では、少しでもミスをすると点がもらえない「減点方式」の勉強だが、彼らは「加点方式」の勉強だから。

どういうことかというと、例えば日本や韓国では

1+5=□

という問題形式が好まれる。

この場合、答えは「6」のただ一つだけで、それ以外の答えは全て×になる。

そういう勉強を何年もしていると、いつの間にか

英語には必ず「1つの決まった答え」があり、それ以外の答えを言ったり書いてはいけない

ミスをしてはいけない

完璧な英語を話さなければならない

と思うようになっていき、どんどん英語を話すハードルが上がるし、話すのが怖いと思うようにもなっていく。

「英語を話すのが怖い」が克服できた方法

2018.10.25

一方、世界には

□+□=6

という問題が好まれる国もある。

ここで□に入るのは、「1」と「5」でも良いし、「2」と「4」でも、「3」と「3」でも良い。

どれを書いても点がもらえ、最初から「1つの答えだけが正解」なんていう考え方はしていない。

だから日本人や韓国人ほどミスを恐れないし、「完璧な英語を話さなければならない」なんて、思ってもいない。

これが彼らがカナダに着いた時点で、既にけっこう英語を話せていることが多い理由だった。

日韓の英語教育は「マジメに勉強(暗記)」

山積みの本
ここでちょっと考えてみてほしいのだが、自分がまだ小学校にも入ってない子どもだった頃、発音や文法が合っているかなんて気にしながら日本語をしゃべっていただろうか?

「日本語の単語を一つでも多くおぼえなくては!」なんて、思っていただろうか?

私はカナダで語学学校(ESL)に通って英語を勉強していた頃、「英語を話せている」という感覚がないことに悩み、学校のカウンセラーさんなど何人かに相談もしたが、

とにかく努力して、勉強すればするほど英語は話せるようになりますから、頑張ってください!

と言われた。

でも私は、カナダで語学学校に3ヶ月通い、毎日朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末さえ使って英語を勉強したのに、話せるようにならなかった。

これ以上「努力!」と言われても・・・もうどうしたら良いのかわからなかった。

毎日毎日、時間をかけて「おぼえた」はずの単語も文法も、実際の会話の中では自分の口から出てこないし、こんなに勉強しても話せるようになっていかないのは頭が悪いからなのか、才能がないからなのか?と、英語が話せない自分にイライラしたり、落ち込んだり。

当時は

自分が英語が話せるようになる日など本当に来るんだろうか?

とよく思っていた。

悩んでいたところ、知り合いから聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業とほぼ同じ。
クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、大半の時間は先生の話をリスニングし、教材を使って単語や文法を暗記する「日本式の英語の勉強」で、違うのは先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

どこでワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

アジア人だって勉強を変えれば英語は話せる

その後、マンツーマンのレッスンを受けるようになってわかったことは、どんなに「勉強(=単語と文法の暗記)」を頑張っても、英語が話せるようにはなっていかないということ。

その証拠に、日本では中学・高校と6年もかけて「英語の単語と文法の暗記」をするが、それで話せるようになる人など1人もいない。

それでも周囲の人が言うままにカナダでもまた勉強の仕方をくり返してしまったのは、他にどうしたらよいのかがわからなかったから。

どうやったら英語が話せるようになるのか、ネットや本や雑誌、もちろん人にも聞いたりして、たくさんの情報に接して方法を探したつもりではあったけど、それでも当時の私には「単語と文法を暗記する以外の方法」を見つけることができなかった。

でも今の私にわかるのは、英語が話せるように必要なのは、頭のよしあしでもなければ、才能の有無なんかでも、まったくないということ。

もし英語が話せるようになりたかったから、減点方式で暗記するだけの英語の勉強を止めること。

そして、英語の文化や、発音や、ネイティブのような自然で大人っぽい英語を話すための「英語の話しことば」を学び始めること。

英語初心者でもワーホリで英語を習得できた!まず学ぶべき基本

2018.06.15

英語の発音わからない→流暢へ!カタカナ英語が7日で改善した

2018.07.28

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13

私はそれらを学ぶようになってから、3ヶ月で今度は現地の人と楽しくおしゃべりしたり、ネイティブの友達ができたり、「あなたの英語は日本人ぽくない」と言われたりするようになっていた。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

英語を話したらネイティブみたいと言われた勉強法

2018.08.04

カナダ人から「日本人の英語じゃない」と驚かれた理由

2018.07.20
補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

英語で人とコミュニケーションする中で「たった一つの答え」なんてないし、ミスをしたって減点されるわけでもない。(私はカナダで英語を何度も笑われたが、そんな人は無視すれば良い。)

バンクーバーでワーホリ中、英語を話すと笑われていた理由

2018.09.14

まとめ

日本人の両親の元に、日本で生まれて育った生粋の「アジア人」の私でも、カナダで「減点方式」で「暗記」するだけの英語の勉強を止めてから3ヶ月後には「自分が英語を話せている」と思えるようになった。

初めて会う人から英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だと思わなかった」とも言われるようになっていた。

1年間のワーホリ留学で英語力はどのくらい伸びる?

2018.08.02

ワーホリで英語ペラペラになった勉強法【保存版】

2018.07.27

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng