ワーホリ留学で語学学校(ESL)に3ヶ月通い卒業→効果は?

カナダ・バンクーバーの公園

カナダ・バンクーバーの公園

ワーホリ留学中に語学学校に3ヶ月通ったが卒業時その効果はかなり疑問だった。

語学学校とは「ESL」ともいい正式には「English as a Second Language(英語以外を母国語とする人のための英語教育やその教育機関)」。

語学学校に何ヶ月通っても英語に自信がないと言う人も多くいた。

実際、学校「内」で留学生の英語に慣れた先生となら話せても学校の「外」ではネイティブと話が続かなかった。

というのも「学校内で留学生が話す英語」と「学校の外のネイティブが話す英語」には違いがあるから。

例えばその1つが「How can I say?(何て言ったらいいんだろう?)」だった。

ワーホリ留学で語学学校(ESL)に3ヶ月通ったが効果は乏しい

私がワーホリ留学中に通っていたカナダ・バンクーバーの語学学校(ESL)には、授業中や休み時間に

How can I say?

を口ぐせのようによく言うクラスメイトがいた。

私は

そうか、何て言ったらいいか分からないときはそう言えばいいのか!

と思い、いつの間にか自分も

How can I say?

しょっちゅう言うようになっていた。

語学学校(ESL)には3ヶ月間通い、毎日学校で朝から夕方まで英語を勉強し、放課後や週末までも図書館に行ったりして、英語を勉強した。

そして学校の「中」であれば、

留学生の英語に慣れているネイティブの先生
自分と似たような発音や文法のミスをする日本人や韓国人の留学生
と話せるし、友達にもなれた。

けど授業中もペラペラ喋る南米やヨーロッパ、メキシコなどからの留学生とは仲良くなれない。

留学で英語話せないので友達できない!アジア人英語はわかった

2019.04.21
 
学校の「外」で出会うネイティブともまるで話が続かない。

アジア人が英語苦手・嫌いな理由がカナダでわかった

2018.08.08

続かないどころか、見下されたような態度を取られたり、

英語わからない・苦手なまま留学して大丈夫!は本当?経験談

2018.08.07
カフェで注文していても、なぜか冷たくあしらわれたり・・。

ワーホリや留学で心が折れること!カフェで英語使うも冷たい対応

2018.06.17
注意
海外で語学学校に通って英語を勉強しても、内容自体は日本の学校の英語の授業と変わらない。

クラスメートが10~15人もいるから授業内で話すチャンスはなかなかなく、大半の時間は先生の講義を「リスニング」し、教材を使って単語や文法を「暗記」する「日本式の英語の勉強」で、違うのは授業が全て英語で進むということくらいだった。

語学学校(ESL)の授業イメージ

語学学校(ESL)の授業イメージ

だから3ヶ月やそれ以上学校に通っても、英語が「思ったほど話せない」と悩んでいる人にたくさん出会った。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい。

何カ国ワーホリしても「英語できない」人がいる理由

2018.08.03

ワーホリで語学学校に行かない方がいい理由

2018.09.25
結局、卒業する頃になっても「自分が英語を話せている」という感覚がなく悩んでいた時、知り合いから「マンツーマンレッスンで英語を教えている先生がいる」と聞き、その先生のレッスンを受けるようになった。

語学学校に何ヶ月行っても不自然な英語になる理由

そのマンツーマンレッスンで先生から

先生
Canaさんはよく「How can I say?」って言いますが、それを1回の会話の中で何度も言うのは、不自然に聞こえます。

ネイティブはその言葉、そんな頻繁に言わないです。
と指摘をされた。

Cana
えっ。
・・では自分が言いたい言葉が見つからないときどう言えばいいんですか?
先生
それはもう、色々な言い方がありますよ!

これは「単語を効率よく覚えるテクニック」にも共通することなのですが、せっかくなので今日教えますね!

英語の単語を効率よく覚えるには?方法があった!

2018.06.11
と、そこで早速
How can I say?
に代わるいくつかの言い方を教えてもらった。

先生から指摘されて

How can I say?
という言葉を意識するようになると、この言葉たしかに、語学学校(ESL)に通う友達からはよく聞くのに対し、ネイティブからはそんなに頻繁に聞かないということにも気がついた。

だから私はそれ以降、

How can I say?
はあまり言わなくなった。

語学学校の中だけで通用する「ESL英語」

私のクラスメイトはあんなに

How can I say?
を連発していたにも関わらず、語学学校ではどの先生も見事にスルーしていた。

語学学校=ESL(English as a Second Language)。

つまり語学学校は「英語が母国語ではない人のための英語教育機関」であり、そこに通う生徒もほとんどがアジア人だった。

補足
私は生徒の90%が日本人か韓国人の語学学校(ESL)に通っていた。
これは何も私が通っていた学校に限られる話ではなく、日本人がワーホリや留学でよく行くような都市であれば世界中どこでも同じような状況らしい。

アジア人が英語苦手・嫌いな理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

語学学校のネイティブの先生たちにとっては、

英語が母国語ではないアジア人留学生たち
How can I say?
を連発していても、特にそれほど不自然には聞こえなかったのかもしれない、と思う。

しかし私は語学学校(ESL)を卒業してから、このように「ESLの中では通用するが、外ではあまり聞かない、滅多に使われない英語」

ESL英語

と呼ぶようになった。

それは他にも、

Yeah, yeah, yeah, yeah…
(ネイティブはひたすら同じ言葉だけをくり返さない)

Actually, actually, actually, actually…
(同上)

Seeeee Yaaaaa
(「See you」をネイティブは「シーヤ」と短く発音するが、日本人の場合「バイバ〜イ」の音に合わせるのか、異様に長く発音する人が多い。)

といったものがあった。

語学学校に1ヶ月行って効果はある?通った感想

2019.03.14
もちろん

I’m fine, thank you. And you?

「ESL英語」に入る。

英語全く話せない&できない初心者でワーホリはキケン!

2018.07.28

他にも、私は相手の英語が聞き取れないときや、何の話をしているのか分からないときなど、語学学校の教科書に出ていた

I don’t know.

というフレーズをよく使っていたのだが、ある時それを初めて会ったネイティブの人に向かって言った時に、相手がぎょっとしたような顔になり、会話が止まってしまったことがあった。

私はそれが不思議で、レッスンの時先生に聞いてみた。

先生
なるほど、そういうことがあったんですね。

おそらく、そこではその言葉は、Canaさんが思っている以上に強く(キツく)聞こえたんだと思いますよ。

他にソフトでフレンドリーに聞こえる言い方がたくさんあるので、今度からそれを使ってみてくださいね

と、そこでまた色々な言い方を習った。

留学でスピーキング&英会話が上達した英語の勉強方法!

2018.06.13
そしてそのレッスンで習ったことを、レッスンの「外」でネイティブの人と話すときに使ってみたところ、話し相手が気分を害せず、分かるように説明し直してくれることが分かった。

どうやら英語のネガティブからすると、私が言った言葉は、日本語で言うところの「そんなの知らない、わからない!」ぐらいに聞こえたらしい。(もちろん前後の会話や、言い方等にもよるが・・。)

補足
私がカナダでワーホリ留学中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができず、レッスンは「暗記なし・教材なし・宿題なし」で英語を「経験」して「慣れ」ながらスピーキングを伸ばすことにフォーカスした内容になっていた。

カナダワーホリ中にアメリカ旅行して英語が上達した方法

2018.07.30
そして先生は、海外に行く「前」、そして海外に着いてからも日常会話にも自信が持てず悩んでいるワーホリメーカーや留学生を助けるため
英語の暗記(インプット)ではなく「話すこと(アウトプット)を重視した英語学習プログラム」

ワーキングホリデーや留学の「サポート」
が1つになった『留学エージェント』をカナダに設立。

先生自身は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したということだった。

また大学時代に文部科学省奨学金留学生として筑波大学で交換留学していたこともあるため日本の文化にもかなり詳しく、大学卒業後に早稲田大学や東京外国語大学で言語教育の講演をしたこともあるらしい。

英語マンツーマンレッスンの様子

いつもレッスンを受けていたバンクーバーのカフェ

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

カナダ留学中マンツーマンで英語を学んで。語学学校との違い

2018.11.05
また「暗記」した知識は使わなければすぐに忘れてしまうけど、「経験」して学んだことは時間が経っても忘れない。

日本語と英語の違いを東京で感じた話

2018.07.11
だから私は帰国後、英語「で」勉強することはあっても、英語「を」勉強したことはない。

それでも帰国してしばらくして受けたTOEICではほぼ満点の970点が取れた。

TOEICスコア

ワーホリや語学留学でTOEICは伸びない?→970に上がった

2018.11.23

ワーホリ留学は帰国後の就職・就活・転職に有利?不利?経験談

2018.12.30

スピーキングを伸ばす勉強は語学学校ではできない

教科書に出ている例文や、留学生の間で使われている言葉を、その言葉の背後にある「文化」を理解しないまま使うと、言葉自体は

完璧に正しい英語
ではあっても、その場の状況には合わずに、不自然に聞こえてしまったり、思わぬトラブルや嬉しくない状況を招いてしまうことが、ある。

文化(culture)とは
人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性など。

語学留学で初心者でも英語を習得した!まずは基礎から

2018.06.15

留学準備で英語の単語力を上げる勉強方法とは?

2018.08.06
けど自分の母国語である日本語ではいつも無意識にそうすることができているように、英語でも、その場の状況に合った言葉づかいが自然にできるようになると、「自分は英語の文化を理解している」と思えるようになる。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

留学で「ネイティブみたいな英語」と言われるようになる方法

2018.08.04

まとめ

語学学校(ESL)でいくら英単語や文法を暗記しても、「英語を話せている」という感覚がもてなかった。

だけどその後「英語の文化を理解する」ことができるようになると、それに比例するように「自分が英語を話せている」とも思えるようになっていった。

ワーホリで英語ペラペラになった!勉強法【保存版】

2018.07.27

1年間のワーホリ留学で英語力はどれだけ伸びる?

2018.08.02

ワーホリ留学の目標英語レベルとは?まず今のレベルを知ろう!

2018.08.09

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
始めはカナダでも「日本式の英語の勉強=単語や文法の暗記」をしていたのですが、これで本当に英語が話せるようになるのか不安でした。 また周りにも同じように英語で悩んでいるワーホリメーカーや留学生がたくさんいました。 自分はワーホリに行く前「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】はしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng