語学学校に3ヶ月行って得られた効果とは?通ってわかったこと

カナダ・バンクーバーの公園

カナダ・バンクーバーの公園

私はカナダでワーホリ中、語学学校に3ヶ月通っていた。

通っていた間はわからなかったのだが、「語学学校の中ではよく聞くけど、学校の外ではほとんど聞かない英語」というものがあった。

その一つが「How can I say?(何て言ったらいいんだろう?)」である。

語学学校のクラスメイトから受けた影響

私が通っていた学校には、授業中や休み時間に

How can I say?

を口ぐせのようによく言うクラスメイトがいて、私は

そうか、何て言ったらいいか分からないときはそう言えばいいのか!

と思い、いつの間にか自分も

How can I say?

をしょっちゅう言うようになっていた。

結局、語学学校には3ヶ月通ったものの、卒業する頃になっても「自分が英語を話せている」という感覚がなく、その後知り合いから聞いて、マンツーマンの英語レッスンを受けるようになった。

注意
海外で語学学校に通っても、勉強の内容自体は日本の学校の英語の授業と大して変わらない。
クラスメートが10~15人いるから授業内で話すチャンスがなかなかなく、授業時間の大半は先生の講義を聞き、教材を使って単語や文法を暗記する。
違うのは、先生がネイティブで授業が全て英語で進むということくらいだった。

「海外で英語を勉強しても話せるようにならないなんて信じられない」と思う人は、ぜひ「ワーホリ 失敗」や「留学 失敗」でググってみてほしい 。

ワーホリに学校は必要?実際に行ってみて思ったこと

2018.06.22

ワーホリで英語が伸びない5つの原因&上達するには?

2018.07.28

語学学校では不自然な英語でも指摘を受けない

そこで先生から

先生
Canaさんはよく「How can I say?」って言いますが、それを1回の会話の中で何度も言うのは、不自然に聞こえます。
ネイティブはその言葉、そんな頻繁に言わないです。
と指摘をされた。

Cana
えっ、・・では自分が言いたい言葉が見つからないときどう言えばいいんですか?
先生
それはもう、色々な言い方がありますよ!

これは単語を効率よく覚えるテクニックにも共通することなのですが、せっかくなので、今日教えますね!

英単語を効率よく覚えるテクニック!学校で習えない方法

2018.06.11

と、そこで早速「How can I say?」に代わるいくつかの言い方を教えてもらった。

先生から指摘されて「How can I say?」という言葉を意識するようになると、この言葉たしかに、語学学校(ESL)に通う友達からはよく聞くのに対し、ネイティブからは本当に滅多に聞かない・・ということにも気がついた。

だから私はそれ以降、「How can I say?」はあんまり言わなくなった。

語学学校の中だけで通用する「ESL英語」

私のクラスメイトはあんなに「How can I say?」を連発していたにも関わらず、語学学校ではどの先生も見事にスルーしていた。

語学学校=ESL(English as a Second Language)。

つまり語学学校は「英語が母国語ではない人のための英語教育機関」であり、そこに通う生徒もほとんどが、アジア人。

アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった

2018.08.08

バンクーバーの学校で韓国人の友達から「韓国文化」を学んだ

2018.11.16

だから学校のネイティブの先生たちにとっては、「英語が母国語ではないアジア人の生徒たち」が「How can I say?」を連発しているのは、特にそれほど不自然には聞こえなかった、のかもしれない。

しかし私は語学学校(ESL)を卒業してから、このように「ESLの中では通用するが、外ではあまり聞かない、滅多に使われない英語」

ESL英語

と呼ぶようになった。

それは他にも、

Yeah, yeah, yeah, yeah…
(ネイティブはひたすら同じ言葉だけをくり返さない)

Actually, actually, actually, actually…
(同上)

Seeeee Yaaaaa
(「See you」をネイティブは「シーヤ」と短く発音するが、日本人の場合「バイバ〜イ」の音に合わせるのか、異様に長く発音する人が多い。)

といったものがあった。

もちろん

I’m fine, thank you. And you?

「ESL英語」に入る。

英語が全くできないのにワーホリ行って大丈夫?事前準備は必須

2018.07.28

他にも、私は相手の英語が聞き取れないときや、何の話をしているのか分からないときなど、語学学校の教科書に出ていた

I don’t know.

というフレーズをよく使っていたのだが、ある時それを初めて会ったネイティブの人に向かって言った時に、相手がぎょっとしたような顔になり、会話が止まってしまったことがあった。

私はそれが不思議で、レッスンの時先生に聞いてみた。

先生
なるほど、そういうことがあったんですね。
おそらく、そこではその言葉は、Canaさんが思っている以上に強く(キツく)聞こえたんだと思いますよ。

他にソフトでフレンドリーに聞こえる言い方がたくさんあるので、今度からそれを使ってみてくださいね

と、そこでまた色々な言い方を習った。

留学中に英語のスピーキングが上達!話すためのテクニック

2018.06.13
そしてそのレッスンで習ったことを、レッスンの「外」でネイティブの人と話すときに使ってみたところ、話し相手が気分を害せず、分かるように説明し直してくれることが分かった。

どうやら英語のネガティブからすると、私が言った言葉は、日本語で言うところの「そんなの知らない、わからない!」ぐらいに聞こえたらしいのだ。(もちろん前後の会話や、言い方等にもよるが・・。)

補足
私がカナダでワーホリ中にマンツーマンレッスンで英語を習った先生は、オーストラリアのメルボルン大学でLinguistic Science(言語教育科学)という学問を修め、言語学の2つの学位を取得した英語学習の専門家で、

①Applied Linguistic Science with the specialty of Methodology of Teaching Foreigner Languages (応用言語教育科学 外国語教育方法論):母国語と同等か、それに近いレベルに短期間で外国語でも到達するための教育法。

②Psycho-Linguistic(心理言語学):人がとくに新しい言語を習得する際の心理的葛藤(カルチャーショックやホームシックなど)や、言語の認知処理等、言語と心理的な側面を結びつきを研究する学問。

大学で学んだことを基に、通常はカナダやアメリカなどの主に多民族国家で、子どもを対象に行われているイマージョン・プログラム(Wikipedia)を応用して「大人が短期間で外国語を習得するための学習法」を開発し、教えている。

だからこの英語の勉強の仕方は、先生のレッスン以外では学ぶことができない。 

先生は英語・日本語・中国語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語の6カ国語を話すマルチリンガルで、母国語である英語以外はすべて自身が確立した学習法を使って習得したとのことだった。

バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ

2018.08.11

スピーキングを伸ばす勉強は学校ではできない

教科書に出ている例文や、留学生の間で使われている言葉を、その言葉の背後にある文化(人々の考え方や価値観・行動パターン・ライフスタイル・人と人との関係性のことなど)を理解しないまま使うと、言葉自体は「完璧に正しい英語」ではあっても、その場の状況には合わずに、不自然に聞こえてしまったり、思わぬトラブルや嬉しくない状況を招いてしまうことが、ある。

英語初心者がワーホリで英語を習得!まず学ぶべき英語の文化

2018.06.15

カナダで日本人女性はよくナンパされる!こう返事しよう

2018.07.15

けど自分の母国語である日本語ではいつも無意識にそうすることができているように、英語でも、その場の状況に合った言葉づかいが自然にできるようになると、「自分は英語の文化を理解している」と思えるようになる。

ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由

2018.08.03

私は語学学校でいくら英単語や文法を暗記しても「英語を話せている」という感覚がもてなかったが、「英語の文化を理解する」ことができるようになると、それに比例するように「自分が英語を話せている」とも思えるようになっていった。

ワーホリに学校は必要?実際に行ってみて思ったこと

2018.06.22

英語できないままワーホリ留学しても何とかなる、は甘い!

2018.07.03

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

加奈(Cana)

大学を卒業後、就職して働き始めるも学生時代から興味があった海外生活への興味が高まり、カナダのバンクーバーでワーキングホリデーを経験(2012年)。
現在は都内企業で英語を使う仕事をしています。
自分がワーホリに行く前、 「海外で生活したのに英語が話せない」という【ワーホリの定番】をしたくないと思っていたので、滞在中に書いていた日記をもとにこのブログを作りました。
趣味は、読書とハイキングと風景写真を撮ったり見たりすること。バンクーバーはとてもフォトジェニックな街だと思いました。
■LINE→stop_study_speak_eng